• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,,,,,,  08:00 PM

さよならMailbox! 無料の代替メールアプリをご紹介

さよならMailbox! 無料の代替メールアプリをご紹介

160320mailbox_alternativestop.jpg


大人気だったメールアプリ『Mailbox』は、2016年2月26日をもって、サービス提供を終了しました。大半のアプリと違い、Mailboxはサービス終了とともに、まったく利用できなくなります。ありがたいことに、Mailboxが登場してメールアプリ市場はがらりと塗り替えられ、それ以降、様子は大きく変化しました。Mailboxとほぼ同じ機能が使えるアプリはほかにもあり、その使い心地はMailboxを上回っていると言っても過言ではありません。

Mailboxを完璧に再現したクローンアプリは存在しませんが、Mailboxでなければ使えない機能は、自動スワイプと受信トレイの並べ替えだけです。自動スワイプは、ユーザーがスワイプするパターンを学習して自動的にメールを片づけてくれる機能、受信トレイの並べ替えは、受信メールの順番を入れ替える機能で、ToDoリストの並べ替えと同じような感じです。この2つの機能をのぞけば、無料アプリ『Spark』(iOS版のみ)と『Outlook』(iOS版とAndroid版)の2つがMailboxにもっとも近いと言えます。両アプリともに、スワイプのカスタマイズや『Dropbox』との連携、メールのスヌーズモードなどの重要機能が備わっています。ですから慌てなくても大丈夫。2つのうちのどちらかがMailboxの代わりを十分に果たしてくれるでしょう。では、新しいメールアプリをできる限りMailboxに近い形で使えるよう、設定方法を説明します。


『Spark』(iOS版のみ)をMailbox風に使えるよう設定する


160320mailbox_alternatives01.jpg


原文著者はiPhoneでかなりの数のメールアプリを試し、Mailbox愛用者にとっては、Sparkが1番の代替アプリであるという結論に達しました。Sparkは直感的に使えますし、カスタマイズ可能なオプションも十分に備わっており、おまけに無料です。見た目はMailboxほど洗練されていませんが、機能面はしっかりしています。インストールしたら、あとは少し手を加えるだけで、Mailboxと同じように使えるでしょう。もちろん、機能は厳選すべきです。Mailboxは完璧なアプリだったというわけではありませんし、Sparkのデフォルト機能にはMailboxよりも「高性能」なものが多くそろっています。それはともかく、SparkをMailboxにできるだけ近づける方法を説明しましょう。


メールのスヌーズモードルールを設定する


160320mailbox_alternatives02.jpg


Mailboxの革新的な機能の1つが、メールを「スヌーズ」できることでした。スヌーズにしておくと、メールを再受信できるのです。今では、ほぼすべてのメールクライアントがこの機能を備えています。MailboxとSparkは、スヌーズのルールを設定する際に一部で異なる表現を用いていますが、それ以外については、SparkをMailbox風に設定し直すのはいたって簡単です(ここでは、Mailboxをデフォルト設定で使用していることを前提にしています。もし違う場合は、自分の設定に合わせて修正してください)。

  1. 左上にある3本線のサイドバーアイコンをタップします。
  2. 「設定」>「スヌーズ」とタップし、「スヌーズのカスタマイズ」画面を開きます。
  3. 「明日」をタップして、時間を「8:00 am」に変更します。
  4. 「週末」の左横にある丸にチェックを入れ、時間を「10:00 am」に変更します。
  5. 「来週」をタップして、曜日を「月曜日」に変更します。

これで、Mailboxのデフォルト設定にかなり近い状態でSparkを使えるようになります。


Mailboxと同じスワイプパターンを設定する


160320mailbox_alternatives03.jpg


Mailboxが誰からも愛されたのは、受信トレイのメールをスワイプするだけで整理できた点です。うれしいことに今では、新しいメールアプリのほとんどが、このスワイプ機能を何らかの形で取り入れています。けれども、Sparkでデフォルト設定されているスワイプパターンは、Mailboxのものとは少し違います。でもご安心あれ。設定変更はとても簡単です。左上のサイドバーアイコンをタップして「設定」>「パーソナライズ」と進み、上部の「スワイプ」を選んでください。

あとは、それぞれのスワイプをMailboxと同じように変更するだけです。Mailboxでデフォルト設定されていたスワイプパターンは以下の通りですので、Sparkでも同じように設定しましょう。

  • 左方向にスワイプ:スヌーズ
  • 左方向にゆっくりスワイプ:リスト(Sparkでは「移動」と呼ばれています)
  • 右方向にスワイプ:アーカイブ
  • 右方向にゆっくりスワイプ:ゴミ箱(Sparkでは「削除」と呼ばれています)

Sparkのスワイプパターンを以上のように設定すれば、Mailboxと同じように使えます。


SparkのサイドバーメニューをMailboxと同じにする


160320mailbox_alternatives04.jpg


Mailboxのサイドバーはとてもシンプルなレイアウトで、「Mailbox」「後でチェック」「リスト」「アーカイブ」「ゴミ箱」「スパム」「送信済み」「下書き」が並んでいました。Sparkもほぼ同じ内容に変えることができます。

  1. サイドバーアイコンをタップして、「設定」>「パーソナライズ」と進みます。
  2. たとえば、サイドバーから「添付ファイル」を削除したいときは、左方向にスワイプして削除します。サイドバーに新しく追加したいものがあれば、「新規追加」をタップします。
  3. 「アーカイブ」をタップして、サイドバーに追加します。
  4. 再び「新規追加」をタップして、「スパム」も同様に追加してください。

Mailboxのサイドバーで見慣れていた「ゴミ箱」「送信済み」「下書き」「設定」は、Sparkのサイドバーに最初から並んでいます。


受信トレイ画面をMailbox風にする


160320mailbox_alternatives05.jpg


Mailboxの受信トレイ画面には、メールに加えて、「スヌーズ」「受信トレイ」「アーカイブ」を切り替えるタブが上部に表示されていました。Sparkも同じようにしましょう。

  1. この場合も、3本線のサイドバーアイコンをタップして、「設定」>「パーソナライズ」と進みます。
  2. 「ウィジェット」タブをタップします。
  3. 「ウィジェットの位置」をタップして、「一番上」にチェックを入れたら前の画面に戻ります。
  4. 「カレンダー」を削除したいときは、左方向にスワイプして削除します。
  5. 「新規追加」をタップします。
  6. 「スヌーズ」をタップして追加します。
  7. 再び「新規追加」をタップして、「受信トレイ」を追加します。
  8. もう一度「新規追加」をタップして、「アーカイブ」を追加します。

これで、Sparkの受信トレイ画面の上部には、Mailboxで見慣れていたタブが並ぶはずです。


Dropbox(あるいはほかのクラウドストレージサービス)のリンクを組み込む

『Dropbox』に買収されてMailboxが追加した機能の1つが、Dropboxとの統合でした。大きな添付ファイルを送らなくても済むようにDropboxのリンクを使っている人には朗報です。Sparkは、Dropboxのほか、サードパーティーのクラウドストレージサービスにも数多く対応しています。

  1. 左上のサイドバーアイコンをタップします。
  2. 「設定」>「接続済みのサービス」と進みます。
  3. Dropbox(あるいは『Box』『Google Drive』『OneDrive』など)のアイコンをタップし、ログイン情報を入力します。

設定が済んだら、メール内の添付ファイルボタンをタップして、該当アカウントからファイルを入手できます。


Sparkの不可解な機能「クイック返信」をオフにする

Sparkには、Mailboxユーザーをイラッとさせかねない機能が1つあります。それが「クイック返信」システムです。そんな奇妙な機能はオフにしてしまいましょう。

  1. サイドバーアイコンをタップします。
  2. 「設定」>「クイック返信」と進みます。
  3. 「クイック返信を利用」をオフにします。

以上で、SparkをできるだけMailboxの使い心地に近づける設定はすべて終了です。Mailboxがこの世から完全に消えてしまい寂しい思いをしても、これからはSparkがあなたのそばで、生産性の維持に努めてくれるでしょう。ぜひ有効活用してください。


『Outlook』(iOS版/Android版)をMailbox風に使えるよう設定する


160320mailbox_alternatives06.jpg


Outlookには、インターフェースをカスタマイズできるオプションがSparkほどあれこれそろってはいませんが、それでもMailboxの使い心地にかなり近づけることは可能です。一部の人にとっては何よりも重要なことかもしれませんが、Outlookのスクリーンは全体的に白が基調で、余計なものを削ぎ落としたミニマルデザインといった感じです。Mailboxのシンプルさが好きだった人にはOutlookが向いているでしょう。また、iOSAndroidの両方に対応している上に、無料です。


Outlookの「優先受信トレイ」機能をオフにしてすべてのメールが見られるようにする

Outlookには「優先受信トレイ」という機能があり、重要性の高いメールを最初に表示してくれます。ずっとMailboxを使ってきた人は少し戸惑うかもしれません。けれども、この優先機能を無効にして普通の受信トレイに戻すことはとても簡単です。

  1. 右下にある「設定」をタップします。
  2. 下にスクロールして、「優先受信トレイ」をオフにします。

これで受信トレイには、普通に日付と時間順に並んだメールが表示されます。しかし、優先受信トレイは、重要度の高いメールを自動で上部に表示するための機能であり、いわばMailboxの並べ替えが自動化したようなものです。ですから、Mailboxがメールを並べ替えてくれて助かっていたというなら、優先受信トレイはそのままオンにしておいたほうが良いかもしれません。ただし、優先をオンにしていることを忘れないでくださいね。そうすれば、ほかのメールがどこにあるのかと首をひねらずに済みます。


Outlookのスワイプパターンをスヌーズとアーカイブに変更する。


160320mailbox_alternatives07.jpg


Mailbox は4つのスワイプパターンがカスタマイズ可能でしたが、Outlookは2つしかできません。これでは確かに不便ですが、いずれにせよ大半の人は、2種類のスワイプパターンしか使っていません。それに、Outlookの各スワイプパターンは容易にカスタマイズできます。

  1. 「設定」をタップします。
  2. 下にスクロールして、「スワイプオプション」を選択します。
  3. Outlookではスヌーズを「スケジュール」と呼んでいますから、「左にスワイプ」を「スケジュール」に変更します。これで、メールを左にスワイプするとポップアップが出てきて、スヌーズのタイミングを選択できるようになります。
  4. 「右にスワイプ」を「アーカイブ」に変更します。

このように設定すれば、Mailboxの基本操作と同じようになるはずです。ただし、「ゆっくりスワイプ」してメールを削除したり移動したりすることはできません。言うまでもありませんが、削除や移動をスワイプで操作したい場合は、スケジュールやアーカイブの代わりにそのように設定を変更してください。


Dropbox(あるいはほかのクラウドストレージサービス)の添付ファイル機能を組み込む

Outlookでも、Mailboxユーザーにとって忘れられないDropboxやOneDrive、Boxと容易に連携できます。これで、添付ファイルアイコンをタップして、お好きなクラウドストレージサービスからファイルを手軽に取り出すことが可能です。設定は以下の通りです。

  1. 「ファイル」タブをタップします。
  2. 自分の好きなサービスの追加ボタンをタップします。
  3. アカウントにサインインします。

ほら、簡単ですよね。これで、メールにファイルを添付すると、お好きなクラウドストレージからファイルやリンクを入手できます。

SparkもOutlookも、Mailboxに太刀打ちできるほど完璧な機能を備えているわけではありません。それにもしかしたら、ほかのメールアプリのほうが、ニーズに見合っている、もしくは、あなたが必要としていてほかにはない機能を持っている可能性もあります。たとえば、『Inbox by Gmail』はリマインダーとスヌーズが充実していてMailbox並みですが、カスタマイズはあまりできません。また、重要度に応じてメールを並べ替えてくれるMailboxの使い勝手を気に入っていたのであれば、『Gmail』のAndroid版がおススメです。「Priority Inbox」機能があって、メールを重要度別に分類してくれます。少しくらいお金を出しても構わないというなら、『Airmail』(iOS版、600円)がMailbox同様のミニマルなインターフェースを持っている上に、あれこれカスタマイズが可能で、Mailboxとまったく同じように使えるでしょう。とはいえ、Airmailはまだ登場して日が浅く、Sparkと違って信頼性の面で問題があります。それでも、見た目も機能もMailboxとほぼ同じアプリがどうしてもほしいというのなら、Airmailは有料ながら、代替アプリとしては最適です。


Thorin Klosowski(原文/訳:遠藤康子/ガリレオ)

  • ,,, - By 松尾仁LIKE

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    Sponsored

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    毎日のひげ剃りは、多くの社会人男性にとって大切なマナーのひとつです。そして、いつの時代も変わらない悩みとして言われるのが「カミソリ負け」。 T字型カミソリの世界シェアNO.1を誇るジレットは、その大きな要因のひとつが「リストローク(肌の同じ場所を2度以上剃ること)」であると考え、4年間の研究開発の末、肌を守る新機能を搭載した新製品「ジレット フュージョン5+1 プロシールド」を発売することになり  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.