• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,,  08:00 PM

ライフハックにパソコンがもっとも重要な理由『ライフハックで行こう!』Lifehack-02

ライフハックにパソコンがもっとも重要な理由『ライフハックで行こう!』Lifehack-02

160323header_02-c.png


こんにちは。ベルリンのイラストレーター、高田ゲンキ(@genki119)です。

ライフハックに役立つアイテムやガジェットは数多くあり、それらは日々進歩していますが、「ライフハックに重要なものは?」と聞かれたら、僕は真っ先に「Mac」と答えます。そんな話をマンガにしてみました。


160316lifehack_a.png160316lifehack_b.png


初回に引き続き、2話目のテーマはMac。ちなみにマンガ中でも触れていますが、ここで「Mac」と言っているのは僕がApple信者だからで、Windowsを含むコンピューター(パソコン)一般を指しています。というわけでWindowsユーザーの人は「Mac」を「PC」に置き換えて読んでくださいね。

「パソコンを使いこなす」とひと口に言っても漠然としているので、いくつか例を挙げたいと思います。


自分に必要なツールを知る


当然ですが、Macを便利に使うにはアプリケーション(ソフト)をインストールする必要があります。しかし、必要なアプリケーションはユーザーの目的によって異なるので、「自分の目的のためにベストなアプリケーション(あるいはウェブサービス)」を正確に知る必要があります。

たとえば僕の場合、大学生のとき(2000年頃)にMacに出会い、もともと絵心があったので「これで何か絵を描きたい」と思いましたが、どんなアプリケーションを使えば良いのかよく分からず、周囲の人に聞きまくって「AdobeのIllustratorとPhotoshopを極めれば良いらしい」という結論に至りました(当時はインターネット上の情報も少なかったのです)。IllustratorやPhotoshopは高価なので、当時はWindowsの無料ソフトでイラストを描いている人も多く、そういうのを勧めてくれる人もいましたが、このときがんばって投資してIllustratorやPhotoshopを導入したおかげで今の僕のイラストレーターとしての仕事があると言えるので、正しい判断だったと思っています。


情報収集を極める


今や日常のほとんどの疑問をウェブ検索で解決できる時代になりましたが、検索の方法や能力には個人差があり、それがそのまま情報格差になっています。少し前にもネット上で「10代の若者は、検索にもはやGoogleを使わない」という話が話題になっていましたが、たしかにGoogle検索だけではもはや充分ではなく、必要な情報はTwitterやInstagram、など複数のSNSからも収集したり、また、検索ワードも日本語だけでなく英語も使った方が必要な情報にダイレクトに到達できる場合も多いのです(たとえば、Googleで「MacBook Pro SSD 交換 方法」と検索すると352,000 resultsですが、英語で「How to replace ssd MacBook Pro」と検索すると479,000 resultsもヒットします)。

また、収集した情報の整理も重要で、僕はPocketやEvernoteを利用して、自分に必要な情報のアーカイブを作っています。


ショートカットを極める


便利なアプリやウェブサービスを生活や仕事に取り入れるのはもちろん大事ですが、それと同じくらい(あるいはそれ以上に)ショートカットのようなパソコンそのものの基本操作を極めるのも大事だと思っています。Macで誰もが使うFinderやSafari(あるいはChromeやFirefoxなどのブラウザアプリ)にも、意外と知られていないショートカットがたくさんあり、それらを使うだけで日常的なルーティンワークにかかる時間を短縮できますし、仕事などでよく使うアプリケーション(僕の場合はAdobe IllustratorやPhotoshopなど)のショートカットを極めることで、飛躍的に生産性を向上させることもできます。


160316lifehack_cut.png


Mac作業を快適化するショートカットコンボ


僕が愛用しているショートカットのコンボを1つ紹介します。


1. 『Command + Tab』

アプリケーションの切り替え。

起動中のアプリケーションを切り替えられます。Tabキーを複数回押してアプリを選ぶか、一度『Command + Tab』でアプリ一覧を表示させて、アプリのアイコンをクリックして切り替えることも可能。さらに、表示させたアプリアイコンにファイルをドラッグ&ドロップして開くことも可能です。これがたぶん僕がもっとも頻繁に使用するショートカットです。


2. 『Command + F1(+ function)』

ウィンドウの切り替え。

現在使用中のアプリケーション内のウィンドウを切り替えられます。Finderだけでなく、SafariやChrome、FirefoxなどのブラウザやMail、Adobe Illustratorなど、かなり多くのアプリケーションで共通しているショートカットです。ちなみに僕はMacの環境設定内の「キーボード」項目で「F1、F2などのすべてのキーを標準のファンクションキーとして使用」にチェックを入れて使っています。


160323function-setting.jpg


3. 『Control + Tab』

タブの切り替え。

開いているウィンドウ内のタブを切り替えられます。ちなみに『Control + Shift + Tab』で反対方向にも切り替えることが可能(上記ふたつのショートカットも同様)。Finder、ブラウザ、Photoshopなど、こちらもかなり多くのアプリケーションに共通したショートカットです。

合わせて使うことでMacの作業が快適化する!

上記3つのショートカットを利用すると、こんなふうに3層構造的なイメージでMacを使うことができ、非常に便利です。


160323shortcut_image.png



パソコンのスキルは他人と比較しにくいという問題


パソコンほど使い方や操作スピードや理解度に個人差が出やすいものはありません。なぜなら、パソコンは、その処理が概念的であり、すべて画面の中で完結してしまうので、他人がどのように使っているかを実際に見る機会が少ないからです(たとえば、車の運転や楽器の演奏などは、他人の操作が見えるので、使い方がある程度平均化されやすいと言えます)。

これを解決するには、使い方が上手い人がパソコンさばきの動画とかをYoutubeでシェアしたりすると良いのでは? と思うので、「我こそは!」と思う方は、ぜひやってみてください。近いうちに僕自身も撮ってアップしてみたいと思います。


(高田ゲンキ)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

© mediagene Inc.