• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,  10:00 PM

どこが変わった?Raspberry Pi 3の新機能を検証

どこが変わった?Raspberry Pi 3の新機能を検証

160312raspberry_pi1.jpg


米Lifehacker編集部がRaspberry Piの大ファンであることは皆さんもご存じですよね。先日、新モデル「Raspberry Pi 3」が発売されました。新しいモデルはプロセッサの刷新により高速化を図っていますが、もっと重要な改良があります。それは、Wi-FiとBluetooth機能がついにオンボードで標準搭載された点です。しかも価格はこれまでと同じ35ドルです。


Raspberry Pi 3 Raspberry Pi 2 Model B+ Model A+
SoC/CPU Quadcore 64-bit 1.2GHz ARM Cortex A53 BCM2836 Quadcore 900 MHz ARMv7 BCM2835 700 MHz ARMv6k BCM2835 700 MHz ARMv6k
GPU Broadcom VideoCore IV @ 400 MHz Broadcom VideoCore IV @ 250 MHz Broadcom VideoCore IV @ 250 MHz Broadcom VideoCore IV @ 250 MHz
RAM 1GB (LPDDR2-900 SDRAM) 1GB 512 MB 256 MB
ストレージ Micro SD Micro SD Micro SD Micro SD
USB端子数 4 4 4 1
Ethernet 1 1 1 0
Wi-Fi 802.11n Wireless LAN none none none
Bluetooth Bluetooth 4.0 none none none
ビデオ出力 HDMI/Composite via RCA Jack HDMI/Composite via RCA Jack HDMI/Composite via RCA Jack HDMI/Composite via RCA Jack
オーディオ出力 3.5 mm jack 3.5 mm jack 3.5 mm jack 3.5 mm jack
GPIO 40 40 40 40
価格 $35 $35 $25 $20


今回の発表で一番のビッグニュースは、Raspberry Pi 3にWi-FiとBluetoothが内蔵されたことでしょう。これまでは、10ドルくらいを余分に出してUSB Wi-Fiアダプタを買う必要がありましたし、数が限られているUSBポートがBluetoothのドングルでふさがれるのも悩みのタネでした。でも、Pi 3ではこれらの機能がすべて内蔵されているので、多少のお金が節約できるだけでなく、自由に利用できるUSBポートの数も増えるというメリットがあります。

もう1つのうれしい新機能は、処理速度の大幅な向上です。CPUには新たに64bit対応の1.2GHzチップが導入されました(理屈の上では、前モデルのRaspberry Pi 2より約50%速くなっているはずです)。また、GPUも少しだけ高速化し、400MHzになりました。

早速、米LifehackerでもRaspberry Pi 3を試用する機会がありましたが、確かに高速化で使い勝手は良くなったものの、これは革命的な変化とは言いがたいというのが実感です。全体的に見て、『Raspbian』(Raspberry Pi専用に最適化されたLinux)を使用している場合、Pi 3の使い心地はPi 2とほぼ同じでした。とはいえ、Pi 3のリリース日と同日にRaspbianについてもアップデート版が発表になっていますから、これで互換性の向上が期待できます。米LHではいくつかのベンチマークも試してみたのですが、Raspbianの新バージョンでテストしてみないことには、この結果は信頼性に欠けると判断し、あとで再び試してみることにしました。

試用してみて好感を持てたのは、新たに追加されたWi-FiおよびBluetooth機能が、ほぼ初期設定のままで使える点です。さらに、Raspbianのグラフィックインターフェースを使うなら、両機能の設定は今時のオペレーティングシステムと同様の操作で済みます。まずはRaspbian画面の右上隅にあるWi-Fiネットワークのアイコンを右クリックし、あなたが使いたいネットワーク情報を入力しましょう。もしWi-Fi設定をコマンド入力で行いたいのなら、これまでのRaspberry Piシリーズと同様の手順が必要になります。ただし、この場合もPi 3ならアダプタのドライバを探し回る必要はありません。

Pi 3のフォームファクタはPi 2をそのまま引き継いでいます。ですから、Pi 2用に選んだケースなら最新型のPi 3でも問題なく収まるはずです。

これまでのRaspberry Piシリーズと同様に、Raspbian以外のオペレーティングシステムについては、Pi 3に対応するアップデートが出るまでもう少し待つ必要があります。こうした例としては、Raspberry Piをレトロゲーム機にしてくれるOSでファンも多い『RetroPie』や、『
Kodi』などがあります。これまでの実績を見る限り、どちらのOSもアップデートは比較的早いようです。また、Pi 3導入に備えて今使っているRaspbianのビルドをアップデートしたい場合は、これまで同様、コマンドラインから更新が可能です。以下に挙げるコマンドラインを入力し、エンターキーをタップしてください。

sudo apt-get update && sudo apt-get upgrade

これで今使っているPiにRaspbianの新バージョンが入りました。こうしておけば、Pi 3が手元に届いた時は、アップデート版のRaspbianが入っているmicroSDカードを新しい端末に挿すだけで使えるようになります。

Raspberry Pi 3は発売時点ではこれまでと同じ販売業者から購入が可能です。できれば、『Raspberry Pi Zero』のように入手困難にならないよう望みたいですね。


Thorin Klosowski(原文/訳:長谷 睦/ガリレオ)

  • ,,, - By 松尾仁LIKE

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    Sponsored

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    毎日のひげ剃りは、多くの社会人男性にとって大切なマナーのひとつです。そして、いつの時代も変わらない悩みとして言われるのが「カミソリ負け」。 T字型カミソリの世界シェアNO.1を誇るジレットは、その大きな要因のひとつが「リストローク(肌の同じ場所を2度以上剃ること)」であると考え、4年間の研究開発の末、肌を守る新機能を搭載した新製品「ジレット フュージョン5+1 プロシールド」を発売することになり  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.