• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

春野ユリ春野ユリ  - ,,,,  11:00 PM

ネガティブな同僚からの悪影響をうまく回避しよう

ネガティブな同僚からの悪影響をうまく回避しよう

160310negative_people.jpg


Inc.:ネガティブで愚痴ばかりこぼしている同僚と接するとうんざりしますが、それだけではなく、相手のネガティブが伝染することもあります。

フレーミングハム心疾患研究所が、何十年もかけて数千人から集めた膨大な情報を、ハーバード大学の研究者たちが分析した結果、感染するのは細菌だけではないことを発見しました。「さまざまな感情も、疾病の疫学的モデルと同じパターンで感染する」と米情報サイトの「Wired」は報告しています。

そして、残念ながら、ネガティブな感情は幸福感よりずっと感染しやすいのです。あなたのオフィスに「腸チフスのメアリー(腸チフス健康保菌者)」みたいに、ネガティブな感情を他人に感染させる人がいたらどうしますか? とても不機嫌な同僚や顧客から不機嫌が感染しないように、安全な場所で暮らすことは、悲しいことですが、できません。でも、他人の愚痴や悩みで気分が悪くならないようにする方法は、たくさんあります。

メンタルサイト「Success Consciousness」では、ライターのLaura Tong氏が「ネガティブな同僚のせいで気分が落ち込まないようにする23の方法」を最近まとめています。そこで紹介されているコツの中には、ちょっとやり過ぎなものもあると感じる人がいるかもしれません(私の場合は、たとえば、ポジティブになれるマントラや啓蒙的なポスターはどうも頂けません)。しかし、実用的で効果があるものもあります。その中でベストな方法をご紹介しましょう。


1. 気分が高揚するような服装をする


こんな経験はありませんか? 派手な靴下を履いているときには、ズボンの裾からそれがちら見えするたびについ微笑んでしまう。黄色いシャツを着ると、鏡を見るたびにニヤついてしまう。スーツの下にコンサートで買ったTシャツを着ると、こっそりロックンロールのエネルギーに乗っているような気分になる。

ほとんどの人には、身につけると必ず元気になれる服飾品があると思います。それを最大限に活用しましょう。Tong氏は、特に外見を明るくすることに集中します。「色は気分に影響を与えます。気分が高揚するような差し色を足しましょう」と彼女はアドバイスしています。


2. 明るい話題を準備しておく


オフィスでのおしゃべりが、気が滅入る話題になりがちだとわかっているなら、別の話題を準備して、みんなの気分が悪くなる前に愚痴を封じてしまいましょう。どうなるかはあなたの腕次第です。「気分が明るくなるような話題で会話ができるように準備しておきましょう。あなたが口火を切れば、会話のトーンがポジティブになるようにコントロールしやすくなります」とTong氏は言います。


3. 本質を理解する


とある女性の同僚が、いつも同じような的外れな愚痴をあなたにこぼすのは、今週に入って6回目です。彼女のような人に共感を示すのは簡単ではありません。でも、「いい加減にしなさいよ」と面と向かって叫ぶ代わりに、彼女の気持ちを理解するように努めましょう。その努力は必ず報われます。

「ネガティブなおしゃべりや惨めな話は、自己評価の低さや劣等感の表れであることが多いです。あなたに共感力があれば、ネガティブな言葉の威力は弱まります。そして、それによってあなたは、自分自身に対するポジティブな気持ちを強くし、気分も高揚します」とTong氏は言います。


4. まず体にストレスがない状態にする


風邪をひきたくないのなら、健康を保てるように心がけるはずです。それには、十分な睡眠、ヘルシーな食事、適度な運動が必要です。ネガティビティの感染を撃退するときも同じアプローチが功を奏します。体が疲れていると、オフィスの人間ドラマから来るストレスにやられやすくなります。

「睡眠の量や質が不十分だと、自己制御力、注意力、記憶力がすべて低下します。特にストレスの原因がなくても、睡眠不足だとそれ自体でストレスホルモンのレベルが高くなります。夜、良質の睡眠を取ると、ポジティブにもクリエイティブにもなり、オフィスの有害な人たちへの対処も積極的にできるようになります」と作家のTravis Bradberryは書いています。これと同じ理由で、Tong氏は「夜に良質の睡眠を取ること」と「朝、短い散歩かジョギングをすること」を推奨しています。


5 Tips to Protect Your Positivity From Negative People|Inc.

JESSICA STILLMAN(訳:春野ユリ)
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.