• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matonomatono  - ,,,,,,  08:00 PM

スマホ時間を消耗しないで。ホーム画面のアプリを2種類に限定しよう

スマホ時間を消耗しないで。ホーム画面のアプリを2種類に限定しよう

160309home_app.jpg


スマホに夢中になってしまうことはよくあります。最初はメールに返信しようと思っただけなのに、気がついたらTwitterのタイムラインを2週間分さかのぼっている、なんてことも。スマホに没頭しないようにするには、ホーム画面を「ツール」と「やりたいこと」の2種類のアプリだけにしましょう。


これは、グーグルの前プロダクトフィロソファーTristan Harrisのアイデアです。Harrisは、ほとんどのアプリが以下の3つのカテゴリーに分類できると言っています。

  • ツール
    それだけで完結する特定の機能やタスクがあるアプリです。カメラ、カレンダー、マップなど、そのアプリを開いて、やりたいことをやったら、それで終わりというものです。
  • やりたいこと
    長い時間をかけたいと思っていることに使うアプリです。オーディオブック、ポッドキャスト、瞑想などです。
  • 底なし沼
    無駄に時間を過ごしてしまいやすいアプリです。Twitter、Instagram、メールなど、気がついたらあまりにも長い間そのアプリを使っていたというものです。

Harrisは、自分の持っているアプリを、必要不可欠な「ツール」と現実的な「やりたいこと」に分けることをすすめています。ツールは頻繁に使っているものなので、かなりわかりやすいです。現実的にやりたいことアプリというのは少しわかりにくいかもしれませんが、Harrisはこのように説明しています。

自分の生活や人生で、本当はもっと長い時間やりたいと思っているのに実際にはできていないことです。特定のポッドキャストを聞いたり、地元のヨガスタジオのクラスを予約したり、というようなことです。たとえば、瞑想が好きでも、瞑想アプリをあまり使っていないのであれば、瞑想アプリはそこには入りません。

それを踏まえた上で、以下のアプリだけでホーム画面をつくりましょう。

  • 必要不可欠なツールアプリ
  • 本当にやりたいことアプリ

それ以外のアプリはすべて2番目以降の画面に移動します。スマホのロックを解除したときに、目に入るアプリのアイコンが少なければ、それだけ無駄に時間を使うことも減ります。

別の言い方をするなら、目に入るものは、頭にも入るということです。私は、このアドバイスにしたがってホーム画面を整理したところ、生活が一変しました。もちろん、スワイプして次の画面に行けば、Instagramを開くこともできます。しかし、以前はホーム画面にあったものが、次の画面に行くのに数秒余計にかかるというだけで、無意味にInstagramのフィードをスクロールする必要はないということを思い出させてくれるのです。

昔は、そのようなアプリを1日に何度も開いて、何もできなくなっていたので、それがいかに習慣として染み付いていたのか、気が付いて驚きました。それに、本当に"やりたいこと"アプリが目に入ることが、ポッドキャストを聞いたり、新しい言葉を勉強するリマインダーになっています。この2つは、SNSよりも時間をかけたいと思っていることです。

スマホとの健全な関係を築きたいと思っている人は、以下の記事にもっとたくさんのTIPSが載っているのでチェックしてみてください。


8 Steps to Take if You Want a Healthier, Less Addictive Relationship With Your iPhone | The Muse

Kristin Wong(原文/訳:的野裕子)
Photo by Susanne Nilsson.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.