• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,  12:00 PM

6人そろわないと食べられない!TEDカンファレンスが工夫する「出会う」ためのランチ

6人そろわないと食べられない!TEDカンファレンスが工夫する「出会う」ためのランチ

160307community_lunch.jpg


みなさん、こんにちは! TED字幕翻訳ボランティアの時松 愛です。2016年2月15日〜19日にカナダ・バンクーバーで行われた「TED2016: Dream」に参加してきました。TEDの会期中はすべての食事や軽食が提供されますが、TEDではこうした食事や休憩時間にも工夫をちりばめ、参加者同士の交流をうながしています。

今回は、TEDカンファレンス流「出会う」ためのランチをご紹介します。


知らない世界へ飛び込むためのランチバスケット


160304tokimatsu2.jpg

6人分のランチが入ったバスケット Photo courtesy: Jenny Yang


TEDでは人と人をつなぎ、そこから新しいアイディアが生まれるのを強く進めています。そこで、昼食もランチではなく「コミュニティー・ランチ」と呼ばれています。

会期の初日に、バスケットに6人分のランチとTEDの文字が入ったブランケットが用意されていました。「6人集まらなければ食べられない」というシステムになっていて、誰かがバスケットを受け取ってほかの5人を集めるのです。6人組を作らなければご飯にありつけないのでみんな、必死です。シャイな人が新しいグループに加わるのは少しハードルが高いものですが、TEDでは何度も参加して場慣れしている人がどんどん声をかけてきてくれます。会場のあちこちから「あと2人!」などと声が上がっています。

すでに何度もTEDに来ている人には顔見知りも多いのですが、「知っている人と固まらず、散らばって新しい人と食べるようにしましょう。新しい人と知り合うことがTEDに来た理由なのよ!」とアナウンスもされます。このシャッフルランチ方式は各地のTEDxでも取り入れているところが多いので「いよいよTEDが始まった!」と胸が高鳴りました。

私もとあるグループに飛び込み、無事6人グループが結成されました。

「ハーイ! どこから来たの?」
「私は愛です。よろしく!」

早速、カジュアルな挨拶を交わします。
 
 
160304ai_tokimatsu1.jpg

 
私の入ったグループにはTEDxSydneyのファウンダーであるレモ・ジフレさん、TEDxSingaporeオーガナイザーでありシンガポールシニア大使のデイヴ・リムさんらがいました。

デイヴがみんなが話せるように気を配ってくれたこともあって、レモさんを中心にTEDxSydneyのトークを話題にするなどして盛り上がることができました。話が盛り上がると1時間15分のランチタイムも「え? もうおしまい?」というくらいあっという間です。デイヴはその場で参加者専用アプリ「TEDConnect」のコンタクトに私を入れてくれました。つながっておきたい人とセッションの合間や帰国後にメッセージを交わせるようになっているのです。デイヴにはこの記事を書くためにTEDConnectで相談をさせてもらったりもしました。

フォーマルなテーブルセッティングではなく、ピクニックバスケットを持って仲間を探すというカジュアルさは、とてもTEDらしいと思います。自分をがっつりと売り込むのではなく、ランチや軽食などで新しい人とふんわりとつながってから、時間をかけて仲良くなる方法が好まれています。




時松さんはTED 2016で初日から充実したランチタイムを楽しむことができたようですね。しかも、あとで気軽に声をかけられるくらい、初対面の人と距離を詰めることに成功しています。「一緒に食事を共にする」のは参加者同士の距離を自然に近づける最高の方法なのでしょう。

ミートアップやイベントのときに気になる人がいたら、勇気を出して食事に誘うことを実践されている人も多いと思いますが、TEDのこの趣向からもどんどんそうすべきなのがわかりますね。


160210ai_tokimatsu_profile.jpg

時松 愛(ときまつ・あい)
父子家庭出身、弟は重度心身障害者。その父も早くに他界し、自身も原因不明・治療法未確立の病に罹り7年間の闘病生活を送る。亡き父から約3億円の負債を相続し、時に車いすに乗りながら英語講師として教壇に立つ。31歳で結婚し、専門医と相談の上で出産を決意。出産を機に病が治り、再び自由に外出できるようになる。それを機に日本初ランニング専用ベビーカーを利用したエクササイズ教室、「ベビラン」を創業。順調に時流に乗り始めた矢先、今度は敗血症という致死率の高い病に罹り生死の境をさまよう。後遺症が長引いたため療養しながら、世界的なプレゼンイベントであるTED字幕翻訳ボランティアを始める。2015年までに3回の敗血症を経験。TED2016参加者に選出される。

"My Story" 夢を叶えるチカラ 〜ピンチをチャンスに!〜」という講演イベントを神戸で開催予定です。お近くの方はぜひご参加ください!

  • 日時:2016年3月12日(土)11:00〜12:00
  • 参加費:無料(お子様同伴可)
  • 場所:神戸RICステーション
  • 申込先:kobe-ric@shigoto-kosodate.net

Facebook | HP | TED/TEDx 字幕翻訳トーク一覧


(時松 愛)
Photo by TED Conference/Flickr (CC BY-NC 2.0, resized from original).

  • ,, - By ライフハッカー編集部LIKE

    なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

    Sponsored

    なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

    なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

    お財布は忘れてもスマートフォンだけは忘れない。そんな気持ちになるほどスマホは肌身離さず持ち歩くアイテム、かつ、もっとも手近なコンピューターです。メールの確認はもちろん、ウェブで調べもの、SNSのチェックや投稿と、ひんぱんに使うことから、1日のどこかでバッテリーを充電しているのではないでしょうか? 常に手元にあって、いつでもどこでもすぐ使えることがスマホの魅力ですから、最低でも1日はバッテリーが持  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.