• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,,,  10:00 PM

使わなくなったスマートフォンの再利用術10選

使わなくなったスマートフォンの再利用術10選

160305old_smartphones.jpg


MakeUseOf:機種を変更して使わなくなった古いiPhoneが、引き出しの中で寂しげに眠っていませんか。あるいは、古いAndroid携帯が、棚に並んだ本の間に挟まったままになっているとか。まさか、古いWindows Phoneをドアストッパー代わりに使っていませんよね。

古いスマートフォンをそんな風に放置しておく手はありません。使い道はたくさんあるのです。

たしかに売ってしまっても良いのですが、再利用できる方法はいくらでもあるので、もったいない話です。なかにはユニークな使い方もあって意外に思うかもしれません。ここで紹介する方法は、スマートフォンだけでなくタブレットにも使えます。ただ、使えるSIMカードが入っていないとすれば、使い古しのスマートフォンをネットにつなぐにはWi-Fiに頼るしかありません。


VRヘッドセットにする


Googleの驚くべき段ボール製ヘッドセット「Google Cardboard」と、その類似品があれこれ出回っているおかげで、互換性のあるスマホなら、お手頃でありながら立派な仮想現実ヘッドセットへと作り替えることができます。



これは基本的に、スマートフォンを使って立体画像を見るためのヘッドセットです。Windows Phone端末とiPhone、Android端末に対応しているので、使わなくなったスマートフォンはあっという間に、あなたを仮想現実の世界へと誘い、再び楽しませてくれるでしょう。


メディア用リモコンにする


みなさんの場合はどうかわかりませんが、大枚をはたいて新しいテレビやセットトップボックス、サウンドシステムを買わない限り、筆者が手にするリモコンはたいていお粗末なものです。でも、自作のメディアセンター(「Raspberry Pi」を使ったOpenElec、XBMCあるいはKodi、自作のものなど)用であれ、安物のテレビ用であれ、代わりのリモコンが必要なときは、赤外線通信機能を搭載したスマートフォンならメディア用リモコンとして使えるはずです。あとは、アプリストアで専用アプリを手に入れるだけ。

スマートフォンをメディア用リモコンにするアプリは、iPhone版、Windows Phone版、Android版とそれぞれそろっています。これで、家にリモコンがいくつ転がっていようとも、軽量のタッチスクリーン付きスマホで操作を一本化できるかもしれません。ただし、数日おきに充電するのをお忘れなく!

Android携帯やiPhoneを、アプリを利用してChromecast用リモコンとして使うこともできます。


小型のメディアセンターにする


驚くかもしれませんが、使わなくなったスマートフォンをメディアセンターへと変えてしまうことだって可能です。そのためには、『Kodi』というソフトウェアをインストールするだけ。とはいえ、この便利な用途で使い回しが可能なのは通常、Androidのみです。

USB On-The-Go(OTG)」があれば、外付けハードディスクを古いAndroid端末に接続してメディアセンターを動作させ、ホームネットワーク上でメディアを楽しむことができます。しかもすべての操作は使い古しのAndroidスマホから行えるのです。

いらなくなったAndroid端末を取っておいて本当に良かったですよね。


デジタルフォトフレームにする


スクリーンが壊れてさえいなければ、古いスマホもクールなデジタルフォトフレームに早変わり。そのためのアプリやツールはたくさんあるので、写真を読み込めるなら(直接読み込ませるか、『Dropbox』などのクラウドストレージと同期させるかしてください)、引き出しでずっと眠っていたスマホをデスク上や棚の上に置いて、お気に入りの写真をあれこれ眺めて楽しみましょう。

専用アプリは、Androidなら『Instant Video Slideshow』、iOSならその名もずばり『Digital Photo Frame』がおススメです。


音声レコーダーにする


スマートフォンにはマイクが搭載されています。ならば、古いスマホに音声レコーダーアプリをインストールして録音ツール代わりに使うのは理にかなっています。ボイスレコーダーとして使えそうなので、自宅にいるときに、学校や仕事のこと、レポート作成のためにメモを取ると便利かもしれません。

あるいは、古いスマホの録音機能を使ってイベントの記録を残してみては? ミュージシャンの方なら、楽曲のデモを保存することもできます。

楽曲の録音となれば、次のような使い方も可能です。


移動式レコーディングスタジオにする


型の古いスマホやタブレットは理想的とは言えませんが、ミュージシャンにとって、古くても持ち運べるハードウェアは便利です。「録音機能を使うと充電を使い果たしまって電話がかけられなくなる」と心配する必要はありません。

ギターとiPadはとても簡単に接続できますし、AndroidとiOSともに、場所を選ばずに楽曲を録音できるレコーディングスタジオアプリがいろいろそろっています。たとえば、iOSなら『Garageband』がありますし、エレクトロニクスミュージック好きは『KORG Gadget』をぜひともチェックすべきです。

Androidユーザーにおススメのアプリはあまりありません。けれど、『Walk Band』のほか、『FL Studio Mobile』の有料版(10ドル99セント)は、デスクトップアプリ『FL Studio』との間でトラックのインポートとエキスポートができるので、ぜひチェックしてみてください。


ミュージックプレーヤーにする


つねに音楽を聴いていたいなら、使い古しのスマートフォンをそのままMP3プレーヤーとして使ってはみてはいかがですか。または原文筆者のように、音楽ストリーミング用デバイスにしても良いかもしれません。ラジオが聞けるアプリ『TuneIn Radio』のおかげで、自宅のWi-FiとBluetoothポータブルスピーカーを利用して、家の中ならどこにいても、好きなラジオを流しておけます。

メディアセンターとして使う場合と同様、古いスマホをMP3プレーヤーにすると充電があっという間になくなるので、日ごろから充電するのを忘れないでくださいね。


車載用モバイルコンピューターにする


使い古しのスマートフォンを何と、自動車専用コンピューターとして再利用できます。

自動車は、OS開発の次なる新境地だと見られています。ならば、スマートフォンをコンピューターとして自動車に設置し、車内用エンターテインメントシステムとして使うのはなかなか良いアイデアだと思いませんか。自分の車の性能や走行データにアクセスすることはできませんが、スマートフォンをコンピューターとして車に備え付ければ、これからのドライブは今までとはまったく違うものになるはずです。

けれども、運転中は両手でハンドルをしっかり握りしめ、違う音楽を聴きたくなったら助手席の人や同乗者に頼んでくださいね。


スチールカメラとして使う


スマートフォンを使ったもっともクリエイティブな作業と言えば、写真撮影ではないでしょうか。それならば、古いスマホをこれからも活用しましょう。現役で使っているスマートフォンは、充電が残り少ない場合もありますし、標準搭載のカメラで撮影するとバッテリーを一気に消費しますよね。ですから、パーティーや夜遊びのときは、不要になったスマホを写真撮影用として使ってみるのも一案です。

公衆Wi-Fiを使えば、撮影した写真をクラウドにアップロードしたり、Facebookで共有したり、画像を編集してInstagramにアップしたりできます。


ビデオカメラとして使う


古いスマートフォンは、カメラとして使う場合と同じく、立派なコンパクトビデオカメラにも早変わりできます。当然、カメラソフトやハードウェアの質が良ければ画質も向上しますが、前に使っていたiPhoneやハイエンドモデルのWindows Phoneを引き出しに入れたままにしておいたのでは、せっかく良質の映像を撮れるのに宝の持ち腐れです。

原文筆者は、以前使っていたWindows PhoneのNokia Lumia 930を、ハードウェア機器のレビューを撮影するために使っています。また、Lumia 930に搭載されているカメラ『PureView』とCarl Zeissのレンズを使って撮影したこちらの動画集を見れば、古い端末でもどれだけ質の高い映像が撮れるかがわかります。

古いスマホをビデオカメラ代わりにするのは、セキュリティーカメラやベビーモニター、さらには車載カメラなど、コンパクトカメラが使えるさまざまな用途にもぴったりです。


10 Creative Ways to Use Your Old Smartphone | MakeUseOf

Christian Cawley(訳:遠藤康子/ガリレオ)
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

© mediagene Inc.