• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matonomatono  - ,,  09:00 PM

幸せと成功を小さくしているのは「制限された自分の考え方」のせい

幸せと成功を小さくしているのは「制限された自分の考え方」のせい

160226eight_limiting_beliefs.jpg


Pick the Brain:どんな目標を達成したいと思っていても、それまでにどんな障害があると思っていても、人生でどんな困難を経験することになっても、すべては自分に返ってきます。

障害を乗り越えたいのであれば、まずは自分の考え方から始めましょう。もっと成功したいのであれば、それも自分の考え方から始めましょう。それには2つの理由があります。

  1. 自分がコントロールできることは、自分の心と直結しているからです。自分の思考パターンや、選択や行動(もしくは非行動)に影響を与える感情の大部分を引き起こすのは心です。したがって、心が人生をつくっていると言えます。
  2. 自分がコントロールできていないことは、自分の信条のフィルタを通して理解していたり、フィルタによって邪魔されたりしています。それもまた思考パターンや、選択や行動に影響を与える感情の大部分を引き起こしており、身の回りで起こるあらゆることに対する反応と、それによる結果を生んでいます。

したがって、自分の心や考え方が、人生で積極的につくっていきたいもの、身の回りで起こることに対する反応の鍵になります

ほとんどの人は、考え方に何らかの制限をかけています。その制限が、生きていく間に問題として表れたり、恋愛、人間関係、健康、お金、生活、仕事、キャリアにおける成功の度合いを決めています。


なぜ考え方を制限するのか?


考え方というのは、単にこれまでの人生で培われてきた結果に過ぎません。たとえば、あなたの頭は生まれたときから、身の回りの世界を見てきています。さまざまな情報や会話や経験や結果を吸収して、自分や他人や人生についてこれが真実だと信じているものを、表そうとしたり、解釈しようとします。

今、あなたが持っている考え方や恐怖や期待は、すべて何らかのかたちで両親、家族、先生、仲間、周りの人、上司、同僚、友達、広告、SNS、ニュース、メディアなどなどに影響を受けたものです。世代、国、文化、社会など幅広い環境が、考え方に影響を与えています。

今日までの日々の中で、最高の人生を送り、成功し、苦痛を避けるために、このような身の回りのすべてのものを理解し納得するのに、頭は常に忙しかったのです。これは誰にでも当てはまることです。この過程で脳は自動的に信条をつくるので、有益で解放的な信条もあれば、有害で限定的な信条もあります。

このように信条や考え方というのは、あなた独自の枠組みで、あなたにとっての"現実のモデル"です。自分が経験してきり受け入れてきた独自の生き方を元に、自分が見ているもの、真実だと思っているものを映すメガネのようなものです。

普通に生きていたら、身の回りで起こることを自分の感覚で認識し、自分の信条を通してフィルタリングし、あらゆるものを自分の考え方で解釈します。そうすることで、自分の思考パターンや感情やコミュニケーションや行動が決まり、その結果が生活になり、人生になります。

問題というのは、ほとんどがこのように制限された考え方によって起こります。自分の考え方から直接生まれていたり、自分の考え方では理解できないものを無理矢理解釈したりすることで起こります。

傷ついたCDが同じ箇所を何度も再生するかのように、自分の行動や思考パターンや結果が同じことを繰り返し、まったく新しい考え方を教えてくれたり、パターンを変えてくれるような物や人に出会うまで、行き詰まることもあります。

無意識のうちに自分の考え方を制限している場合は、間違いなくあなたのせいではありません。しかし、一度自分で制限していると気付いたら、自分を変えるために何かをする責任は、あなた自身にあります。

ほとんどの問題を生み出す、考え方を制限するよくある8つの根本的な原因はこれです。制限された考え方というのは色々なかたちで表れますが、どれも大体突き詰めるとこの8つになります。

  • 私は十分ではない。
  • 私は愛されていない。
  • 私は価値がない。
  • 私は完全ではない。
  • 私は支えられていない。
  • 私は安全でない。
  • 私は孤独だ。
  • 私は何者でもない。


自分の考え方を知る方法


このリストを見たとき、自分には当てはまらない、と最初は意識レベルで考えるかもしれません。頭で考える表面的なレベルを超えるために、自分が本当に信じていることを深く掘り下げていきましょう。

  • 今、自分の人生や生活で抱えている問題のことだけを考えます。そして、先ほどの8つのうち自分が信じているものがあるかを自問自答します。
  • 自分のネガティブな習慣や思考パターンのことだけを考えます。そして、先ほどの8つのうち自分が信じているものがあるかを自問自答します。
  • 達成したいのに、そのために何もできていない、全然進まない目標や野望のことだけを考えます。そして、先ほどの8つのうち自分が信じているものがあるかを自問自答します。

8つの制限された信条について考えるときは、ある特定のことについてだけ意識を向けると、別の見方ができるようになります。

行動というのは、自分が本当に信じていることを明らかにするのだということを、常に思い出しましょう。したがって、自分の行動(もしくは行動しないこと)を見ることで、自分や他人や人生で本当に信じていること、真実だと思っていることが浮かび上がります。十分に幸せになり、成功するためには、考え方を制限していることをピンポイントで解消していかなければなりません。


考え方は簡単に変えられる


1つ、もしくは複数の制限された考えを信じることで、今の考え方になってしまったかもしれませんが、うれしいことに、まったく逆のことを信じるように、考え方を変えるのも簡単です。健全で適切な行動をするために、考え方を鍛え直すこともできます。そうすれば、何の制限もなく人生のあらゆることの結果が変わってきます。

制限された枠組みを再構築するために、健全な考え方に頭の中を配線し直して、自分の中に浸透させましょう。

  • 私は十分だ。
  • 私は愛されている。
  • 私は価値がある。
  • 私は完全だ。
  • 私は支えられている。
  • 私は安全だ。
  • 私は独りじゃない。
  • 私は役に立つ。


健全な新しい考えを根付かせるために大事なこと


  1. 自分の考え方は制限されたもので、それが自分の一部ではないことを理解しましょう。自分の考え方は、育て方、教育、日々のあらゆる経験など、身の回りのあらゆることの影響を受け、その中で人生を理解するためのベストを尽くして生まれたもので、たまたまそのような考え方になっただけです。
  2. そのような制限された考え方が真実ではないことを論理的に理解しましょう。最初は難しいかもしれませんが、生まれたときは誰もが制限された考え方を持たず、自由でクリーンな状態だったのだと理解することが大事です。制限された考え方を持っている赤ちゃんはいません。制限された考え方というのは、つくられてきたものです。つまり、クリアな状態で生まれたのであれば、大人になるにつれて制限された考え方が大きくなっただけなので、あなたの根本的な部分は今でも生まれたときと同じように、クリーンなままです。モヤモヤとした考え方によってそのような場所にたどり着いただけで、考え方を変えることはできます。
  3. 考え方は、あなたが何度も継続して与えているもの、もしくは強烈なものに影響を受ける、ということを理解しましょう。制限された考え方は、最初はこのようにしてつくられます。生きていれば、信じるに足るくらい、何かを見たり聞いたり感じたりするでしょう。もしくは、何か強烈なトラウマ的な記憶に残ることが起こり、それを解釈した結果として新しい信条が生まれたりします。したがって、考え方を変えるには同じことをすればいいのです。考え方が生まれるプロセスを十分に理解すれば、それを利用することができます。気付きと自由意志のある大人として、自分のパワーを、考え方を変える道具として利用し、自分が利用されないようにしましょう!


8 Limiting Beliefs That Cause Most Life Problems|Pick the Brain

Bernadette Logue(訳:的野裕子)
Photo by Connor Tarter/Flickr.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.