• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matonomatono  - ,,,,  11:00 PM

「先延ばし」をやめると、心の重荷が軽くなるのはなぜか

「先延ばし」をやめると、心の重荷が軽くなるのはなぜか

160222overcome_procrastination.jpg


Pick The Brain:「先延ばし」は誰もがやってしまうことです。私は、先延ばしに関する話をすることすら、先延ばしにするかもしれません。そんなことをしていると、大事なことを言いそびれるかもしれないので、ここではっきりと声を大にして言っておきましょう。先延ばしは人生における大事な問題なので、今すぐ取り組むべきなのです。


人生には限りがあり、あっという間に終わってしまいます。それなのに、明日やればいい、いや明後日、いや来年...いつかやればいいと考えてしまうので、時間は最大の敵となってしまいます。しかし同時に、目的を持って利用すれば、時間は最大の味方にもなります。

先延ばしは、生活や人生から切り離すことができません。誰もが少しは先延ばしをします。私がここで言おうとしている先延ばしの危険性は、明日までにやらなければならない仕事や、来週までに支払わなければならないクレジットカードの請求についてではありません。もっと本質的なことです。そこにある、誰もが自問自答したがらない大事な問いは「なぜ心の奥底にある恐怖や不安と向き合うのを避け続けているのか?」というものです。

なぜそうなるかと言うと、人間は時間がたてば忘れる(消える)と思っているからです。もしくは、来年になれば自分と向き合う心の準備ができるかもしれないからです。つまり、心の準備ができてから取り組もうと考えるのです。自分はまだまだ、もしくはもう少し足りないと、自分をだましているうちに、問題がなくなるかもしれないし、そのうち心の準備ができるかもしれません。しかし、本当は、すでに準備はできているのではありませんか?

トーマス・エジソンは、電球を発明する準備ができたから発明したのでしょうか? 違います。エジソンは発明するまでに1万回以上失敗しました。成功する確率はゼロに等しいような状態でした。しかし、エジソンは成功しました。自分はいつまでたっても「準備」なんてできないとわかっていたから、何度も何度もチャレンジしたのです。

どうすれば、これまでやったことがないことに対する準備ができるというのでしょう? この文章を読んでいるあなたは、すでに準備ができています。どんなことに対する準備もできないというのは、見方を変えれば、どんなことをする準備もできているということです。生きているだけで、初めてのことをする準備はできているようなものです。

心の奥底にある恐怖に直面し、先延ばしをやめると、うれしいこともつらいこともあります。最初につらいことから見ていきましょう。悶々とした恐怖や不安を長く抱えていると、その正体に辿り着くまでに時間がかかるかもしれないので、嫌なことは先に済ませてしまいましょう。


つらいこと


悶々と抱えている問題や疑問から目をそむけるのは楽なことではありません。それが長い間そこにあることは、自分にもわかっているからです。正面から向き合ってみようと決めることで、逃げ場はなくなります。長年押さえつけてきた本当の感情を、表に出して向き合うのは難しいかもしれません。しかし、向き合った瞬間から、それは"恐怖"ではなくなります。

感情の正体を受け入れることは、自分の弱さを受け入れ、克服することです。つらい認識が頭の中を駆け巡り、今までひた隠しにしてきた感情に、数カ月、もしくは数年は影響を受けるかもしれません。その認識は変えなければならない、もしくは自分を悩ませてきたつらい過去を十分に感じなければならない、ということでしょう。いずれにせよ、そうすることで、わだかまっていたものがなくなり、心の中に余裕ができます。


うれしいこと


長年鬱積していた感情を解き放つのは、肩に重くのしかかっていた100キロの石をどかすようなものです。晴れ晴れとして、心が軽くなります。何も引っかかるものがなく、思い切り深呼吸ができるようになります。自分で自分をごまかす必要はもうありません。それがずっと苦痛だったのです。これからは、気持ち良く前に進むことができます。先延ばしにしてきた自分を追いやったことで、意志が強くなっています。

先延ばしというのは、単に自分がやりたくないこと、向き合いたくないものを避けることです。つまり、自分が気まずいと思っていることや、居心地が悪いと感じているものです。ニューヨークタイムズのベストセラー作家でもあるティム・フェリスは「人間の成功は、その人が気の進まない会話をどれだけ進んで引き受けてきたかで測ることができる」と言っています。

私も、気まずい経験がその人の成功につながると思います。つまり、先延ばしは、自分を成長させてくれるような、気まずい状況と向き合うのを避けていることだとも言えます。1日の終わりには、誰もが何かを後回しにしようとするでしょう。それは仕方のないことです。しかし、人生の大事な問題については、これまで先延ばしにしてきたことと我慢して向き合うことが大事です。重大な問題に取り組むことで、自分の意識をクリアにし、問題が大きくなるのを防ぎ、平穏な心を手に入れることができます。

これまで取り組まなければならないのに避けてきたことはありますか? 心当たりがある人は、今すぐ向き合ってみてください。気まずい、嫌な気分を受け入れ、恐怖をしっかりと感じてみましょう。時間は貴重なものです。恐怖と向き合い、先延ばしをやめることで得られる恩恵は計りしれません。


How To Overcome Procrastination By Facing Your Fears|Pick The Brain

Jake Heilbrunn(訳:的野裕子)
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.