• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,  12:00 PM

地球上の水が一滴残らず消失する終焉のシナリオ

地球上の水が一滴残らず消失する終焉のシナリオ

160221dried_earth.jpg


Popular Science:地球の大気中の二酸化炭素濃度が急激に高まったらどうなるか、研究者グループがコンピュータのモデルを用いて検討しました。本当にとてつもなく劇的に高まったとしたら、という話です。海洋大気庁(NOAA)の研究者Max Popp氏は、『Nature Communications』誌において発表された研究で、地球のような水の多い惑星の二酸化炭層濃度が上がり続けたら何が起きるのかを検証しています。


「水蒸気の温室効果」が起こると環境は元に戻らない


現在のところ、私たちを取り巻く環境の二酸化炭素濃度は400ppm近辺で推移しており、すでに環境に影響を及ぼすのに十分な濃度となっています。二酸化炭素は温室効果ガスなので、地球の大気中に熱を蓄えます。ですので、世界各国の政府は、大気中に放出される年間の二酸化炭素の量を制限しようとしており、願わくば、地球に人が住めないような地域ができるほど温暖化しないようにと願っているのです。ところが、もしも縮小が上手くいかず、反対にすべてが真逆の方向に動いたらどうなるでしょうか?

完全に水に覆われた惑星(71%が水に覆われた地球を単純化したもの)をコンピュータモデルで分析し、Popp氏と研究者たちは、二酸化炭素濃度が驚くほどのレベルに上がったらどうなるかを観察しました。それによると、大気中の二酸化炭素濃度が1520ppmに達すると、地球の表面温度はおよそ摂氏57度に達し、大量の水が大気中に蒸発し、その水蒸気は宇宙空間に近い高度まで昇っていくというのです。論文中で「水蒸気の温室効果」と呼ばれていますが、このシナリオにおいてPopp氏は、水の惑星、地球上の水がたやすく宇宙に放出されてしまうと予想しています。さらに悪いことに、ひとたび「水蒸気の温室効果」の条件を満たしてしまうと、たとえ大量の二酸化炭素を取り除いたとしても、環境を元に戻すことはできないということも判明したそうです。

似たような状況が、数十億年後には現実になり得るといいます。太陽が自然な進化の過程で明るさを増してゆき、今よりはるかに多くの熱と光を放出し、地球の表面温度が上昇し、似たような水蒸気の温室効果を引き起こすのです。

しかし、太陽の炎や二酸化炭素で世界が終わることを今すぐ心配する必要はありません。どちらの状況になるにも長い時間がかかります(数十億年までいかないとしても数百万年はかかるでしょう)。これは人間が起こすものというより、地球規模の終焉シナリオです。


HOW THE EARTH COULD LOSE EVERY DROP OF WATER IT HAS|Popular Science

Mary Beth Griggs(訳:コニャック
Photo by Shutterstock

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.