• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

春野ユリ春野ユリ  - ,,,  09:00 AM

速読は実は不可能だと科学が実証

速読は実は不可能だと科学が実証

160219speed_reading.jpg


Inc.:文章をもっと速く読めたらいいのにと思うのはもっともなことです。本を全部読んでしまう前にその本の優れた推薦文が発表されてしまうからというだけでなく、大成功をおさめた人たちの多くが、立派な人間になる確実な道は、熱心な読書家になることだと主張しているからです。


しかし速読ができれば、多忙な生活の中でも読書量を増やせると期待しないでください。それは現実世界ではほとんど超能力に近い感じがしますが、悲しいかな、最新科学によれば、不可能であることがわかっています。

これは、速読に関する科学を包括的に考察した結果導き出された結論であり、最近『Psychological Science in the Public Interest』誌に発表されました。研究チームは、信じられないほど速く文章を読めるようになると標榜しているテクニックやアプリに焦点を当てて、何十年にもわたり研究を続けてきましたが、残念ながら、そんな便利なものはないというのが結論です。

「現存する科学的根拠によれば、速度と正確さには反比例の関係があり、読み手が読むべき文書にかける時間が短いと、その分だけどうしても理解が劣ってしまいます」とカリフォルニア大学の心理学者であり、その研究論文の著者でもあるElizabeth Schotter氏は述べています。


速読が不可能な理由


この研究の詳細が知りたいのなら、心理科学協会が発表した研究報告が、科学者ではない人にも理解できるように基本的な説明をしているので、参考にしてください。それによれば、多くの速読技術は人間が読むときの目の動きに費やす時間量を減らすことに焦点を置いていると言います。このやり方の問題は、目の動きは読書に使う時間の10%以内でしかなく、さらに、読み手は目の動きを止められないので、理解できなかったところに戻って読み返すことができないことです。

目の動きは無意味な時間の浪費ではなく、文章を本当に理解するために必要であることは明らかです。「最大の障害は、科学が示している通り、読み手の視界ではなく、言葉を認識して意味のある文章としてつなげていく能力なのです」と同研究は述べています。


斜め読みなら効果的にすることは可能


この研究によると、世間に山ほどある多種多様な速読教室やアプリは、実はインチキだということになります。しかし、だからと言って、時間効率の良い読書法を学べないというわけではありません。時間効率の良い読書をするには、全部を読む速度を速くする必要はなく、読むべき部分をもっと効果的に選択できるようになる必要があります。

効率的な斜め読み、すなわち、テキストの中で情報量の多い部分を優先して読むことは、読んでいるものを深くまんべんなく理解したいときではなく、要点さえわかればいいときには効果的です。現に、データによれば「速読」がもっとも効果的にできる人は、実際には効果的に斜め読みができる人であり、それができる理由は、読もうとしている題材について既にかなりの知識があるので、文章のキーポイントだけを素早くピックアップできるからです。

読書がうまくなる方法として、これ以外に唯一科学的に証明された方法は何でしょうか。「読む能力を総合的に高める方法は、読解練習をすることです」というのがその研究の結論です。


Sorry, Science Says Speed Reading Doesn't Work|Inc.

JESSICA STILLMAN(訳:春野ユリ)
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

© mediagene Inc.