• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

堀込泰三堀込泰三  - ,,  10:00 PM

完璧主義という麻痺状態(とそれを克服する方法)

完璧主義という麻痺状態(とそれを克服する方法)

160209paralyzation_of_perfection.jpg


Crew Blog:この世の中には、完璧主義があふれています。

ベストな自撮り写真がほしくて14回も撮りなおしたり、ウィットに富んだスマートな文章が書きたくて何度も書き直したりと、私たちは何もかもを最適にしたいと思ってしまうのです。

このような完璧主義は、私たちの生活の隅々まで染みついています。

筆者が週に1回出しているニュースレター「The Action Army」の新規購読者に、必ず聞いていることがあります。それは、「今、もっとも苦しんでいることは何ですか?」という質問。

これに対し、よくある回答がこちらです。

  • ビジネスを始めたいんですが、完璧なアイデアが浮かびません。
  • ビジネスを経営しているんですが、商品/サービスを完璧にすることができていません。
  • 選択肢が多すぎて麻痺状態です。完璧なステップバイステップのプロセスがあればいいのですが。

とにかく、「完璧」という言葉が何度も何度も出てくるのです。(この記事を書くためにねつ造したわけではありませんよ)


「完璧」なアイデアの見つけ方


残念なお知らせで恐縮なのですが、この世に完璧なアイデアは存在しません。いいアイデアや悪いアイデアはあります。楽しいアイデアやばかばかしいアイデアもあります。でも、完璧なアイデアはどこにもありません。

その完璧主義さえ捨てれば、自分のアイデアを多角的な視点で眺められます。私の場合、次のようなステップで、自分の頭から引き離せないアイデアを探します。


  • ステップ1:アイデアが浮かんだら、ジャーナルに2つの箇条書きで記しておきます。これは、アイデアが浮かんでからできるだけ早い段階で行います。
  • ステップ2:ジャーナル(とアイデア)を1週間放置します。それについては何も書かないし、プロトタイプを作ったりもしません。ただ、寝かせます。
  • ステップ3:1週間後、そのアイデアについての考えが止まらないようであれば、次のステップに進みます。忘れていたりもう心に響かないようであればそれまで。


完璧なアイデアを探そうとするのではなく、単純に考えずにいられないアイデアを探してください。自分の直感を信じて、正しいと思うことに耳を傾けるのです。非現実的な完璧さを求めるあまり、自分の直感をおろそかにしてしまう人が多すぎます。


「完璧なビジネス」を作る


Appleは、ほぼ間違いなく史上もっとも完璧な企業だと言えるでしょう。

今後のビッグアイデアをうまく実現できれば、世界初の1兆ドル企業になると思われます。

とはいえ......、Apple製品を使っていて、超一流ではないと感じたことがある人は多いはずです。

私は、1年間でiMacを4台壊したことがあります。私のiPhoneのバッテリーには、電気を貪り食うグレムリンが住んでいます。ここ数年でApple製品を20個以上購入していますが、それらのどれ1つとして完璧ではないと知りつつ、今後も買い続けると思います。あなたもApple製品を持っているなら、問題に直面したことがあるのではないでしょうか。

巨大で経営状態のいいAppleは、完璧とは程遠いながら、きちんと結果を残しているのです。

スティーブ・ジョブズ氏は、悪名高き完璧主義者でした。ひどく極端なときには、口汚く相手を罵倒することもあったとか。とはいえ、ジョブズ氏の独善的な完璧主義ですら、Appleによる画期的な商品群のローンチを止めることはありませんでした。

完璧主義は、できるだけベストな商品を作るには便利ですが、最終目標を見失ってはいけません。本当の目標は、人々がほしがり、そして実際に使えるものを作ることのはずです。ジョブズが1つ1つの商品をきめ細かく完璧に仕上るのを待っていたら、私たちがiPodやiPhoneを手にすることはなかったでしょう。そうではなく、思いついたアイデアで商品を作って、出てきた問題には未来のバージョンで対処すればいいのです。

完璧なビジネスなんてものはありません。すべてを完璧に動かすことなど不可能なのです。常に、課題や問題、あるいはバッテリーを消費するグレムリンは存在しています。

これは、誰にでも起こることです。それを受け入れて、自分でコントロールできることに集中しましょう。高品質な商品を創り、素晴らしいカスタマーサービスを提供し、お客様にもっと素晴らしい体験をしてもらうことに集中するのです。


「完璧なプロセス」を作る


非常に破壊的ながら広く浸透している完璧主義の1つが、ビジネスにおける成功の幻想と単純化です。

「驚くほど収益が上がる16の方法」とか「私が収益を数十万ドル増やした、たった1つの方法」などというプロパガンダが、連日のように「評判のよい」ニュースソースから繰り返されています。

この種の記事は単純化されすぎていて、本当に成功を導いた要因については触れられていないことがほとんどです。たとえそれがいくつかの箇条書きでまとめられたとしても、その1つ1つの箇条書きには、必ず各個人や企業の背景が伴います。ですから、誰もが繰り返すことのできる「How To」にはなりえないのです。それぞれの箇条書きの達成には、数カ月から数年にわたるトライアンドエラーがあったに違いありません。

サクセスストーリーの多くは、成功に至るまでにかかった時間にあまり注目をしていません。心理学ではこれを、「生存者バイアス」と呼びます。プロセスを「生き抜いた」人に注目するあまり、そうでなかった人のことを見過ごしてしまうという論理的錯誤を意味します。

このバイアスが現実をゆがめ、過剰な楽天主義をもたらしたり、団体の成功は彼らにあって自分たちにはない特徴のおかげだという誤解を招きます。実際は単なる偶然に過ぎないかもしれないのに。

このサイクルは、永遠に続きます。なぜならコンテンツ消費者(またの名をウェブサイト読者)は、魔法の呪文や薬を欲するあまり、釣りタイトルの記事をクリックし続けるからです。

完璧なプロセスなんて、存在しません。存在するものといえば、自らのために自ら作り出したプロセスだけ。これには時間がかかり、完璧なプロセスが得られることはないのです。


完璧主義の観覧車から降りるには


完璧の追求は、観覧車と同じです。ゴールに到達したと思った瞬間に新しい課題が生じ、永遠に回り続けるしかありません。

何度も回り続けるぐらいなら、自分で道を作り出して、それを信用してみませんか? 目には見えなくとも、あなたが自分で作ったその道は、あなたの前に開けています。


小説の執筆は、夜のドライブに似ている。ヘッドライトの届く範囲しか見えないが、そうやって最後まで旅を終えることができるのだ。

── E・L・ドクトロウ


全体が照らされた道はありません。必要なことは、アイデアにチャンスを与えること。どんなプロセスを選んでも、それを信じること。自分が本当に楽しめるビジネスとライフを築くこと。過去に通ったことのない曲がりくねった道のりでも、ヘッドライトが少しずつ照らしていってくれるでしょう。


完璧ではなく、完了を目指そう


完璧から完了へと、思考の枠組みを変えることができたら、より多くのことを達成できるはずです。

完璧にタスクをこなすことを気にせずに、ただタスクを終わらせることを意識してください。完璧の追求は、先延ばしや逃避につながるのがオチです。

完了を目指せば、ものごとが進みます。正しいか間違っているかは問題ではありません。大事なのは、コンスタントに動き続けること、ビジネスを前に進めることです。

筆者自身、振り返ると何度も完璧主義の罠にはまっていた時期があります。2008年、「IWearYourShirt」ビジネスの立ち上げをもくろんでいた私は、非常に威圧的なタスクを設定していました。それは、毎日1本動画を撮影し編集するというもの。ちなみに、撮影の経験は皆無でした。でも、これしかないと入れ込んでいたのです。たしか、編集ソフトはおろか、ビデオカメラさえ持っていなかったと思います。今思えば、何と恐ろしい。でも、もっと恐ろしい考えが頭の中にありました。「誰にも未経験だとばれないために、最初の動画は完璧でなければならない」

何が起こったかわかりますか? プロセスのすべての段階で、照明、音声、アングル、構図などを完璧にするように、自分にプレッシャーをかけていました。もちろん、編集も完璧でなければなりません。でも、その心配は無用でした。なぜなら、編集に到達するまでもなく、やり始めてすぐにあきらめてしまったからです。完璧主義のプレッシャーが、あまりにもきつかったのでしょう。

そのとき、こう思ったんです。「なんてこった。俺はこれから365本の完璧な動画を、毎日撮影しようとしているのか」と。

完璧ではなく完了を目指そうと思ったのはそのときです。とにかく、毎日1本動画を完了させようと自分に言い聞かせました。

それ以降、完璧を気にしないように心がけてきました。撮影がうまくいかなかったら、もう1回でも2回でも撮りなおせばいい。動画に入れたテロップが気に入らなければ、次からもっとうまくやればいい。そうこうしているうちに、少しずつだけど確実に、動画作りがうまくなっていきました。今振り返ると、初期の動画は本当にひどかった。それは100%認識しています。でも、少なくともそれらを完了させることはできた。だからこそ今があり、人々に本当に楽しんでもらえる動画を作れるようになっているのです(同時にこれは、もっともっとよくなるチャンスがあることを意味します)。

いつだって、完璧ではなく、完了を目指すほうがいいのです。


完璧主義というウイルスに感染しないために


この方法は、私だけでなく、数えきれないほどの友人や起業家にも効果を発揮しています。完璧なアイデア、プロセス、ビジネスなんて存在しません。それらを追求するほど、罠にはまり、恐怖を感じ、何ひとつ完了できなくなってしまいます。

それよりも、優先順位を考え直してください。思考の枠組みを改めるのです。目の前の道に集中して、何を完了できるかを主眼において決断を下していけば、少しずつ歩みを進めることができるでしょう。


The paralyzation of 'perfect' (and how you can get over it) | Crew Blog

Jason Zook(訳:堀込泰三)
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

© mediagene Inc.