• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,  09:00 PM

北米では死者も発生:袋詰めサラダの大規模食中毒

北米では死者も発生:袋詰めサラダの大規模食中毒

160213bagged_salade.jpg


筆者は面倒くさがり屋なので、こんなことは言いたくありません。でも、カットされたレタスなどが入った袋詰めのサラダは、やっぱり食べないほうが良いと思うのです。北米ではもう何度も、袋詰めのサラダ用野菜が原因で、大規模な食中毒が発生しているからです。

(編集部注:日本での発生件数は北米ほどではないようです


十分な殺菌がなされておらず、残った菌が食中毒の原因となった


ごく最近のケースを見ても、ドール社の袋詰めサラダからリステリア菌が発見されました。妊婦がリステリア症にかかると、流産や死産を引き起こす可能性があります。この袋詰めサラダは2016年1月27日にリコールされましたが、15人が入院し、1人が亡くなりました。2012年と2013年にも、同じような袋詰めサラダが原因で大腸菌による食中毒が発生しています

2015年にアメリカ農務省が発表した報告によれば、リステリア菌とサルモネラ菌による食中毒の原因食材の最上位は野菜と果物です。大腸菌による食中毒の原因食材としては、僅差の2位です。

でも、袋詰めサラダには、丸ごとそのまま売っている野菜よりも厄介な点があるのです。2006年に、ホウレンソウに付着していた大腸菌が原因で大規模な食中毒が発生した直後、Emily Bazelon氏がウェブ雑誌「Slate」で次のように説明しています

袋詰めのサラダを製造するにあたって、加工工場では、複数の産地から葉物野菜を集めます。それから3種類の異なる薬剤で消毒処理を施し、乾燥させ、袋に詰めて密閉し、近くの市場に出荷するのです。ただし、薬剤による消毒だけでは大腸菌は根絶できません。大腸菌を殺菌するには、野菜に熱処理と有機酸処理を施さなければならないのです。でもそうすると、野菜はおそらくしなびてしまうでしょう。多数の産地で生産された野菜を、十分な殺菌処理をしないまま混ぜてしまうため、1軒の農家から出荷されたホウレンソウが大腸菌に汚染されていただけでも、袋詰め加工の過程で菌が拡散してしまうのです。

先ごろ発生したリステリア菌による食中毒も、まさにこれと同じ過程をたどって、アメリカの8つの州とカナダの5つの州に広がってしまいました。食中毒情報を発信する「Food Poisoning Bulletin」が、問題となったレタスの出荷先をリストアップしています。

サラダは次に挙げる州で販売されたことがわかっていますが、ほかの州にも出回っている可能性があります。サラダの出荷先は次の通りです。アラバマ州、コネチカット州、フロリダ州、ジョージア州、イリノイ州、インディアナ州、ケンタッキー州、ルイジアナ州、ミシガン州、マサチューセッツ州、メリーランド州、ミネソタ州、ミズーリ州、ミシシッピ州、ノースカロライナ州、ニュージャージー州、ニューヨーク州、オハイオ州、ペンシルベニア州、サウスカロライナ州、テネシー州、バーモント州、バージニア州、ウィスコンシン州。ただし、これらの州に限られたわけではありません。サラダが販売されたスーパーマーケットチェーンは次の通りです。ジャイアント、クローガー、アルディ、プライス・チョッパー、ウォルマート、フレッド・マイヤー、シュナックス、メイヤー、ショップライト、ストップ&ショップ、フード・フォー・レス、ジェイC、フーズ・コー、プライスライト、ならびにその他の小売店。

というわけで、筆者はまた、サラダを自分でつくることにしました。袋詰めサラダに菌が付着していたら、消費者にはどうしようもないのですから。サラダを洗ったとしても、大半はまだ生きている菌を家庭内に広げてしまうことになりかねません(それでも洗いたいと言うのなら、酢を水で薄めた希釈液のほうが、ただの水よりわずかながら効果的です)。

カットされていないレタスやホウレンソウを丸ごと買ってきた場合であっても、生産地で菌に汚染されているおそれはあります。けれども、はるか遠くで生産されたレタスと同じ洗浄水に浸かった履歴はないでしょうから、そのぶん少しは安全かもしれません。


Beth Skwarecki(原文/訳:遠藤康子/ガリレオ)
Photo by Shutterstock.

  • ,,, - By 松尾仁LIKE

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    Sponsored

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    毎日のひげ剃りは、多くの社会人男性にとって大切なマナーのひとつです。そして、いつの時代も変わらない悩みとして言われるのが「カミソリ負け」。 T字型カミソリの世界シェアNO.1を誇るジレットは、その大きな要因のひとつが「リストローク(肌の同じ場所を2度以上剃ること)」であると考え、4年間の研究開発の末、肌を守る新機能を搭載した新製品「ジレット フュージョン5+1 プロシールド」を発売することになり  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.