• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

春野ユリ春野ユリ  - ,,,  10:00 PM

「自分をもう愛してくれない人」を忘れる方法

「自分をもう愛してくれない人」を忘れる方法

160129someone_doesnt_love.jpg


Pick the Brain:そう、あなたは「愛する人がもう自分のことを愛してくれない」という現実に直面してしまいました。それでも、まだその人のことを考えずにはいられません。思わずその人のもとに馳せ参じてしまいそうなぐらいです。

ラジオから流れてくる曲を聞くとその人のことを思い出してしまいます。映画を観るとなおさらです。さあ、どうやってこれを乗り越えたらいいのでしょうか? 今回は、そんな失恋の乗り越え方をご紹介します。


1.思い出を反芻しない


幸せだったころのことを思い続けると過去に執着してしまいます。頭の中で何度も何度も、良い思い出を反芻するのはやめましょう。

その人は、過去にあなたを愛したことはあっても、今はもうその愛は冷めたのです。過去のことを考えるのはやめましょう。いつかまたその人と幸せになれるかもしれないと想像するのもやめましょう。もう2人の関係は終わったのです。あなたが前に進むにはこれを受け入れなくてはいけません。


2.その人を思い出させるものは捨てる


その人のものは何であれ、あなたが持っていると思い出と同じく、堂々巡りに陥るもとです。その人には自分の物は持ち去ってもらい、その人の画像や写真は全部捨てましょう。

その人からもらったTシャツをとっておいて着たりしていてはいけません。その人を思い出させるものは焼いてしまったほうが良いかもしれません。


3.「ただ1人の運命の人」などいない


誰にでもたった1人、赤い糸で結ばれた運命の人がいるという神話には見切りをつけましょう。海にはたくさんの魚がいるように、世の中にはたくさんの人がいて、ほとんどの人は、本当に結ばれる人を見つけるまでに複数の人と付き合います。

これも人生経験の1つであって、どの人との関係からも学ぶことがあるからこそ、究極の相手がうまくえらべるようになるのです。

4.堂々巡りはやめる


「ただ1人の運命の人」など存在しないのですが、心の中で何度も繰り返し考え続けるべきでないことがほかにもあります。

「彼女(彼)なしでどうして生きていけるだろう」
「この先、彼女(彼)以外はもう愛せない」
「何を見ても聞いても彼女(彼)のことを思い出してしまう」

こういうことを考え続けるのは自滅への道であり、堂々巡りに陥って前に進めなくなるだけです。未練がましく思い続けるのをやめれば、失恋の乗り越え方がわかってきます。


5.傷ついた自我を意識する


失恋であなたの自我は傷ついています。それがわかると、自我を癒したり、失恋したのは自分のせいだと感じるのをやめる力が備わります。

別れた恋人のほうがこの失恋の原因であり、そのことがあなたの自我を傷つけているのです。これはあなたが悪いわけではありませんし、あなたの人間性の問題でもありません。相手が別れると決めただけのことです。これを意識すれば、前に進んでもう一度自分らしい暮らしを取り戻せるでしょう。


6.別れた恋人に会うのを避ける


別れた恋人が来るとわかっているところに行くのは、特にこんなときは絶対に避けるべきです。どんなにその人に会いたいと思っていても、会えば相手を忘れられなくなり、「もし~していたら」というシナリオを演じ続けるだけです。その人が来るとわかっている場所には行かないようにしましょう。

別れた恋人への愛着を絶つにはどうしたらいいのか悩んでいるなら、ここでご紹介したコツが役立つかもしれません。今すぐ実践してみると、気分がマシになるでしょう。

愛の心理学を理解すると、辛い過去を捨てて前進するのが楽になります。


How to Stop Loving Someone Who Doesn't Love You | Pick the Brain

Alex J. Stevenson(訳:春野ユリ)
Photo by Shutterstock.

  • ,, - By ライフハッカー編集部LIKE

    なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

    Sponsored

    なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

    なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

    お財布は忘れてもスマートフォンだけは忘れない。そんな気持ちになるほどスマホは肌身離さず持ち歩くアイテム、かつ、もっとも手近なコンピューターです。メールの確認はもちろん、ウェブで調べもの、SNSのチェックや投稿と、ひんぱんに使うことから、1日のどこかでバッテリーを充電しているのではないでしょうか? 常に手元にあって、いつでもどこでもすぐ使えることがスマホの魅力ですから、最低でも1日はバッテリーが持  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.