• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,,,  12:00 PM

遅いインターネットと交通渋滞にキレてしまう理由

遅いインターネットと交通渋滞にキレてしまう理由

160125snap.jpg


遅いインターネットと交通渋滞なんて、大した問題ではありません。では、どうして私たちはカッとなってしまうのでしょうか? その理由と対処法を神経科学者が解説しています。

もしあなたが今まで急に何かに腹を立て、「キレた」ことがあるなら、あなたは完全に普通の人間です。国立健康研究所上席研究員及び「Why We Snap: Understanding the Rage Circuit in Your Brain(人はなぜキレるのか:脳内の怒り回路を理解する)」の著者である神経科学者のR.Douglas Fields氏は、ゼロから60の範囲で怒りを導く9つの主要な誘因があると言います。各誘因は、生存するための脳の働きに関連しています。たとえそれがインターネットや交通渋滞のような些細なことでさえもです。Fields氏はThe Science of UsのMelissa Dahl氏に解説しています。


これは「S誘因」と呼ばれるもので、Sとは「stopped(停止された)」という意味です。これは、あなたが身動きがとれず、拘束されているような状態のことです。どんな時でも動物は拘束されると自由を求め攻撃的な反応になりますし、それが罠であれば、腕に噛みついたりもするでしょう。人も同じことをしてしまうのです。

インターネットが遅いとか、交通渋滞にはまっているとかで、思ったように前へ進むことができない。このような状況になると、ひどく退屈するなど他の感情を出す代わりに、どうして突然怒り出し、怒りを爆発させてしまうのでしょうか? これはつまり、怒りはあなたに戦う準備をさせており、そのために怒りの感情が存在します。あなたは身動きがとれない状態にいるので、戦う準備をさせるきっかけが誘発されたのです。


突然の怒りは、ある意味あなたが窮地に追い込まれていることが原因です。インターネットスピードが遅いと仕事を時間内に終えることができないということであり、交通渋滞に巻き込まれるというのは、まさしく身動きがとれなくなるということです。比較的すぐにそこから抜けられると心の奥底ではわかっているのにです。ではそういう場合、何ができるのでしょうか? Fields氏は続けます。


インターネットを使っていて、ロードが遅くてイライラし始めたとき、「ああ、自分はS誘因のせいで怒っているのだ」と思うことさえできれば、怒りの感情は落ち着いてきます。画面を叩いても問題解決にはならないと気付くのです。


いったん落ち着いて、ただイライラしているだけなのだと認識する時間を持ちましょう。キレて、怒り狂った状態のままでいたくなければ、深呼吸をして現実に戻る必要があります。


A Neuroscientist Explains the Phrase I Just Snapped|Science of Us

Patrick Allan(原文/訳:コニャック
Photo by jmiller291.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.