• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matonomatono  - ,,,,,,,  06:00 PM

新しいスキルや習慣を確実に身につけるための「4ステップ」と「便利ツール」

新しいスキルや習慣を確実に身につけるための「4ステップ」と「便利ツール」

160127_learn_skill.jpg


MakeUseOf:たとえば、あなたは歩みたい人生や達成したいことがわかっている野心的な社会人だとします。しかし、それはどうしたら成功するのでしょう?

これは、目標を達成できなかった、多くの人にとっての疑問になります。速度を落とさず前進し、進化し続けるためには、自身の成長に責任を持たなければなりません。計画を立てるということは、目標達成や、よりすばらしい成功に直接結びついていると、これまでも研究では証明されてきました。

簡単で直接的な目標を実現する可能性は、驚くほど低いです。習慣を変えるには、達成できていない目標をかなり意識しなければなりませんが、経験のせいでそれが難しいことはよくあります。

たしかに、それが簡単なら、誰もがすでに夢の人生を歩いているはずです。ここは1つ、テクノロジーの助けを借りましょう。次のような手順を踏んで、あらゆる能力や習慣を身につけるために、達成できるトレーニング計画を立てましょう。



「なぜ」と「何を」のリストをつくる


どんなことをするにしても問題は必ず起こります。事前に準備をしておけば、問題が起こったときに乗り越えやすいです。まずは、「なぜ」新しいスキルや習慣を身につけたいのか、理由を書き出しましょう。

  • もっと収入が増える可能性がある
  • 長年の夢がかなう
  • 自分でビジネスを始めることができる

何であれ、トレーニング計画の裏には理由があることを思い出すために、書き出した紙を持っておきましょう。そうすれば、困難にぶつかっても乗り越えることができます。

もちろん、目標が常に目につくようにしておくのも、トレーニングしている理由を思い出すのと同じように大事なことです。「何を」達成したいのかということを書き出すことで、常に目標を意識することができます。これは理由のリストと似ているように見えますが、ここでは、スキルや習慣を身につけたあとの人生やキャリアについて、できるだけ具体的に書きます。

たとえば、自分でビジネスを始めたいというのが主な理由であれば、達成したい結果はこのようになるはずです。

小さな会社の経営者として、自由で柔軟な働き方をしながら、好きな仕事をする。ビジネスが成功し、収入が増え、際限なく収益が増える可能性を追求する。

このような、目標や理由のリストを書き出すのに便利なツールを紹介しましょう。


Evernote

スマホやパソコンでリストを作成できますし、どこからでもアクセスできるのが便利です。リスト作成が簡単なだけでなく、ウェブページや撮った写真をまとめられます。文字よりも画像や写真のほうが、やる気につながる人にとっては役に立つでしょう。

昔、ダイエットを続けるために、理想の体型をもつモデルの写真を冷蔵庫に貼ったりしてましたよね? 『Evernote』は、それのデジタル版です。料金プランは、「ベーシック」は無料、「プラス」は年間2000円、「プレミアム」は年間4000円です。

【ダウンロード】 iOSAndroid


Any.do

このアプリも複数のデバイスからアクセスでき、無駄のないシンプルなデザインです。また、『Any.do』で「なぜ」と「何を」のリストを作成すると、目標達成に関連する特定のタスクにリマインダーを設定できます。

たとえば、とても大変な最初の一歩を踏み出すために、リマインダーを設定しましょう。料金プランは、「ベーシック」は無料で、「プレミアム」は月間2.99ドル(約350円)か年間26.99ドル(約3150円)です。

【ダウンロード】iOSAndroid


メモ

Appleユーザーであれば、デフォルトのアプリ「メモ」を使うのが一番簡単かもしれません。複数のデバイスで使えますし、ノートパッドのようなデザインは紙のメモ帳に書いているような気分になります。

メモの最新版は、よりEvernoteに近づいてきました。リンクや写真、手書きのようなテキストのキャプションも保存できます。


週間スケジュールを決める


自分のやりたいことがはっきりしたら、目標を達成するためにスケジュールを決める必要があります。学生が使う時間割のようなものではなく、習慣やスキルを身につけるための、練習やトレーニングを順調に進めるための計画です。

まず、毎週時間を取って、翌週のスケジュールとタスクを決める時間を設けましょう。日曜の午後や月曜の午前がいいと思いますが、自分が取れる時間で構いません。その週に具体的にやるタスクを書き出してリストをつくります。それから、それぞれのタスクをいつやるのか、スケジュールを決めていきます。

たとえば、新しい言語を学習する場合、最初のタスクは、その言語の勉強と練習に没頭するための時間が必要でしょう。毎日15分しか取れなくても、まとまった時間を見つけようとするよりは、継続し、繰り返すことのほうが大事です。

タスクリストをこなすのに役立つ、カレンダーやスケジュール管理ツールを紹介しましょう。


todoist

モバイルでもウェブでも使え、タスクをより細かなステップに細分化できる便利な機能があるので、実行がより簡単になります。スケジュールの繰り返し設定もできるので、毎週予定に入れるのを忘れずに済みます。ToDoリストは、無料版でも、年間29ドル(約3400円)のプレミアム版でも使えます。

【ダウンロード】iOSAndroid


Google Calendar

グーグルカレンダーは、スケジュールやタスク管理をするのに最高のカレンダーアプリです。予定やタスクを、「仕事」「プライベート」など項目ごとに色分けすることができます。週間のスケジュールを見た目ですぐに判断できるので、空いた時間をどれくらいトレーニングに割り当てられるかわかりやすいです。

【ダウンロード】iOSAndroid


Cal

リスト作成で「Any.do」を使うと決めた人は、この姉妹アプリ『Ca』が使いやすいでしょう。目標やタスクのリストを簡単にカレンダーに同期できます。今日やらなければならないものだけを表示させる、その日だけの表示形式は、スケジュールが過密だと参ってしまう人にはありがたいです。その日、その瞬間のタスクに集中できるでしょう。

【ダウンロード】iOSAndroid


説明しなければならない状況をつくる


先にあげたように、新しい週間やスキルを身につけたい理由があるからこそ、成功したいはずです。しかし、病気になったり、仕事が忙しくなったり、いつも以上に時間を取られたりするような家庭の事情などが発生したらどうしますか? 1日、もしくはあとで追いつける程度のタスクを飛ばすのならば、そこまで問題はありません。しかし、結果に直面したくないと思っているのであれば、目標を達成に集中し続けるためにも、外部への説明責任があったほうがいいです。

自分の計画をみんなに知らせるのには、ソーシャルメディアを使いましょう。進捗を定期的に投稿すると約束し、自分がもし忘れていたら、友達やフォロワーに催促してもらうようにします。目標を達成しなかったら、恥ずかしい写真やビデオを共有すると約束するのもいいです。公に恥をさらす恐怖は、いいモチベーションになります!

また、身につけたいスキルのコミュニティを見つけたり、ネット上の掲示板で経過を説明したりするのもいいでしょう。友達など、お互いに説明しなければならない仲間を見つけるのもいいです。たとえば、新しい習慣としてブログを続けたいと思っている場合、ブロガーの集まるコミュニティや掲示板で、ほかのブロガーを見つけでみましょう。


Group Mooc

このアプリを使うと、トレーニング計画を立てて、友達を招待できます。また、グループのメンバーがお互い説明責任をもつこともできます。

【ダウンロード】iOS


進捗状況を評価する


新しいスキルを身につける過程で、現在の進捗状況を知るにはどうすればいいでしょうか? 学校のテストや小論文、ほかのプロジェクトなどと同じような評価システムを使えば、トレーニング計画がどの程度進んでいるのかわかります。

たとえば、ギターが弾けるようになりたい場合は、数カ月練習したあとで、オープンマイク(レストランやバーなどで、パフォーマンスを発表できる場)に参加して、1曲演奏しても良いでしょう。観客の意見や感想を聞けば、自分がどの程度できているのかわかります。ブログを書く練習をしているのなら、どこかのウェブサイトに記事を投稿するという手があります。新しい言語を勉強中なら、ネイティブの人と話してみて、意見を聞いてもいいでしょう。

結局、ある程度の時点で、自分をさらけ出さなければならないのです。


8%の中の1人になるには


"8%"というのは、新年の目標を実際に達成する人の平均比率です。今、あなたは残りの92パーセントの人が失敗する理由がわかりました。目標を設定するのは簡単だし、ワクワクします。しかし、計画を立て、それをやり通すのは本当に大変です。この記事で紹介した、心理的戦略やデジタルツールを駆使すれば、今年は周りがあっと驚くような成功を収めることができるはずです!


How to Learn Any Skill with Your Own Solid Training Plan|MakeUseOf

Kayla Matthews (訳:的野裕子)
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

© mediagene Inc.