• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,,  12:00 PM

人間が負けた「フィットネス・トラッカーを騙す研究」

人間が負けた「フィットネス・トラッカーを騙す研究」

160123fitness1.jpg


Popular Science:1月になって数週間が経ちました。今はフィットネス・トラッカーを付けて毎日を過ごすことが楽しくても、次第に寒くなって雨が降る季節になればあなたはジムに行く気がなくなり、実際に汗を流さなくても、ズルしてフィットネス・トラッカーを騙そうとするかもしれません。


興味深い話ですが、すでにフィットネス・トラッカーはあなたの裏をかく方法を学んでいるのです。

オープン学術誌の『PLOS One』に掲載された論文では、研究グループはユーザーのチート行為を検出するため、フィットネス・トラッカーを訓練する方法を検討しました。この研究の規模は非常に小さいもので、わずか14名の被験者がスマートフォンをベースにしたフィットネス・トラッカーを騙そうとする実験です。これら14名の被験者は、座っているのに歩くフリをしたり、歩いているのに座っているフリをするなど、さまざまな方法でフィットネス・トラッカーを騙そうとします。そして研究グループが、被験者の動きが実際に歩いていたのか、それとも座りながら足を上下に動かしているだけなのかをアプリに教えてアプリの再訓練を行うというものです。

この研究の終わりごろには、再訓練を受けたアプリは全体の84%で本当に運動している時と、運動しているフリをしているだけの時の判別ができるようになり、再訓練前と比較して38%以上の改善が認められました。つまり、フィットネス・トラッカーを騙すのは意外にも難しいのです。

現在、このプログラムは商業目的では使われていませんが、フィットネス・トラッカーやそれらのデータがもっと普及すれば、似たようなプログラムがFitBitやJawboneなどで登場するかもしれません。

もしそれでもフィットネス・トラッカーを騙そうというのなら、まだ抜け道はあります。「フィットネス・トラッカーを犬に付ければ、犬に付けられているとは認識できません」と、この論文の代表著者であるSohrab Saeb氏は話しています


THE RACE BETWEEN FITNESS TRACKERS AND FITNESS CHEATERS|Popular Science

Mary Beth Griggs(訳:コニャック
Photo by Shutterstock

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.