• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

庄司真美

 - ,,,,,,,,,,  05:00 PM

21世紀に活躍できる子どもを育てる4つのカギとは?

Sponsored

21世紀に活躍できる子どもを育てる4つのカギとは?

1.jpg


今後、ますます加速する情報化社会を見据えて、「21世紀に活躍できる子どもの教育」についての議論が熱くなっています。タブレットを使ったICT教育を導入する小学校が増えつつありますが、その根底には、早いうちからインターネットやICTリテラシーを育んでいくねらいがあります。

現在の子どもたちが社会に出るこれからの時代、活躍できる人材に育てるにはどうしたらいいのでしょうか。

ということで今回、IT起業家で情報学の専門家であり、一児の父でもあるドミニク・チェンさんに、21世紀に活躍できる子どもの育て方について伺いました。


2.jpg

ドミニク・チェン/IT起業家、情報学研究者
1981年東京生まれ、フランス国籍。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)卒業、東京大学大学院学際情報学府 博士課程修了。博士(学際情報学)。(株)ディヴィデュアル共同創業取締役、NPOコモンスフィア理事。アプリやプライベート写真メッセンジャー「Picsee」(iOS)などのスマートフォンアプリやウェブサービスの開発を手がける。NHK NEWSWEB 第四期ネットナビゲーター。主な著書に、『インターネットを生命化する~プロク ロニズムの思想と実践』『オープン化する創造の時代~著作権を拡張するクリエイティブ・コモンズの方法論』『フリーカルチャーをつくるためのガイドブック~クリエイティブ・ コモンズによる創造の循環』がある。


1.あらゆる「情報」を咀嚼して、表現する力を身につける


これまで、ドミニクさんがフランスやアメリカを中心に海外で受けてきた教育のなかで、ひとつエポックメイキングな出来事として挙げられるのは、インターネットが普及し始めたとき。このとき感じたのは、あらゆる情報を多角的に取り入れる新鮮さだったと言います。


3.jpg


ドミニク:フランスでは、高校3年時に哲学を必修で習うのですが、たとえば、教科書にはデカルトの「機械論」の概念が説明されています。一方で、それをネットで検索してみると、いろんな人がその言葉について色んな角度から解説しているわけです。高校生だった僕はレポートを書くとき、その多角的な見方をネットで吸収しながら理解を深めるということを個人的にやっていました。だから、インターネットそのものが教育の場であり、その意味ではオンライン学習をつぶさに体験してきた世代だと思うんです。


── 今、日本の小学校で少しずつタブレットを導入したICT教育が増えていることについて、どんな印象を持たれていますか?

ドミニク:今だと「EdTech」の動きなど、オンライン教育のコンテンツはすごく注目されていますが、そもそもオンライン学習って、インターネット自体が、全世代を通じて学習を続けられるプラットホームであることからスタートしていると考えています。だから、インターネットの成熟したプロセスのひとつとして、子どものオンライン教育が今、注目を浴びている背景があるのでしょう。

さらに、自分1人が勉強するだけじゃなくて、その向こう側にも誰かがいて、そのうえで、自分が学習したことを元にコミュニケーションできることにつながっていると思うんです。


4.jpg


── 情報化社会が今後ますます加速していく時代に、お子さんに受けさせたいと思っている教育方針はありますか?

ドミニク:情報化社会で謳われる「情報」というものが、原理的にどういうものなのかということは、実はあまり深く議論されないまま言葉だけが喧伝されてきたと思うんです。

まずは、ICTやコンピューターという「情報技術」を一旦外したレベルで、「情報」とは、一体どういうことなのか? という原則を子どもにもちゃんと教えないといけないと思うんです。

たとえば、よくありがちなのが、個別のソフトウエアの使い方とか、SNSのタブーのような小技やマニュアルに落とし込む発想は、場当たり的だと感じています。そうではなく、その大元には人間がどうやって学習して、そのためにどのように情報を受け取り、それを咀嚼したうえでどう表現していくかということがあり、コンピューターであろうとなかろうと正しい理解の道筋があります。そこから、ようやくコンピューターやICTを使うことでどう変化していくのかを見るべきなのです。

ただ、僕の娘はまだ3歳。それぐらいの年齢の子を持つ親御さんにはわかっていただけると思いますが、タブレットやスマホに触れるには早い年齢です。それは、この世界と接する際のインターフェースとして、今はまだ現実世界のほうがはるかに豊かだからです。あるものを触ると冷たいとか硬いとか、まずはそういう身体的な感覚の基礎ができ上がって初めて情報空間が広がると思っています。

ですので、ある程度、物理的な感覚、身体感覚のベースができ上がる年齢になってから、情報環境を乗せるのがベストだと思っています。


5.jpg


── 今の子どもたちが社会に出る頃、情報社会はどのように発展すると予想されますか?

ドミニク:まず、若い世代ほどPCよりもスマホのようなスマートデバイスを持つ傾向にあります。スマホは、大量の情報をスマートに受け取るために最適化されていて、PCと比べると、こちら側から情報発信するものは、SNSへの投稿など簡易的なものに限られますよね。

文章を書く作業ひとつとっても、スマホとPCでは雲泥の差です。僕の場合、原稿を書くときは、ネットで調べ物をしながら集中してPCで書きます。でも、今はPCを持たず、スマホしか持たない学生もすごく増えていると聞いています。

一方で、PCを使えないことで、どんな弊害があるかということが、まだきちんと社会の中で共有されていません。PCを使えない弊害のひとつが、「情報を受け取ること」と、「自ら考え、情報を発信し、表現すること」のバランスが崩れること。

世の中のデバイスがスマホ全盛になってしまうと、発信や表現はSNSなどで1、2行コメントを書くぐらいしかできません。結果、より多くの情報をどんどん消費するだけで完結してしまいがちです。そもそも情報は、消費して忘れていくものではなくて、自分が表現したいものの素材であるべきなんです。自分では調理せずに、ファストフードみたいな情報ばかり食べていると、本当に良質なものを察知する感度も鈍ってしまいます。

逆に、自分が表現したいときに、身のある素材(情報)をきちんと咀嚼していれば、質の高いアウトプットができる。だから情報を受け取って覚えたり、それを自分の思考でアウトプットしていかないと、本当の学びや深い学びから遠ざかってしまうと思います。


2.課題に対して答えを見出し、「解決策」を考える力をつける


── 情報社会がどんどん進む中で、子どもたちが備えておくべき知識やリスクヘッジについてはどのようにお考えですか。

ドミニク:現在問われているリスクといえば、AI(人工知能)によって取って代わられる職業が話題になりましたよね。そのリスクの本質を突き詰めて考えると、「インテリジェンス」をどう捉えるかということが大事だと思っています。
 
「インテリジェンス」は英語で言うと「知能」に近い意味しかないんですけど、日本語に置き換えると、「知性」と「知能」の2つの言い方があるんです。興味深いのが、「知能」は解決策が分かっていることを解決するための能力なんです。たとえば、1+1は2とか、その数式の基礎が分かれば解けるもの、学校のテストなどがそれに当たります。

一方、「知性」は、解決策があるのかどうかも分からないことを考えて、解決策がなければ、それを自分で考え出すための能力だと定義できます。だとしたら、大人も子どもも、まさにAIが知的労働を代替してしまうような世界において、「知能」ではなく「知性」を鍛えることが重要だと思うんです。今後、AIは進化していきますが、基本的にそれが代替するものは、結局、単純な知的労働、つまり「知能」の部分なんですね。


3.枯れない「情熱」を持ち続ける


ドミニク:よくクリエイティブな職業はAIに代替されないといった議論がなされますが、「クリエイティブ」という言葉は、幅広くて実態がつかみづらいところがあります。その点、「知能」と「知性」の区分けが、僕は一番分かりやすいと思っています。つまり、未解決の問題を自分で設定して問いを作る。さらに、自分自身で問いを作って、しかも自分でその解決策も考える力を鍛えるしかないんです。

「知性」についておもしろいのが、解決策を自分で作るということは、何度も失敗するところにあるんです。だけど、失敗を重ねて成功にたどり着く瞬間があって、ここからより「知性」が磨かれるわけです。

そして、「知能」以前に必要なものは何かといえば、知能的な問題解決には、情熱や執念はあまり必要としません。だけど「知性」は、誰からも頼まれなくてもやるぐらいの情熱がないと、問題解決に対して挑めません。

突き詰めると、最大のリスクヘッジは、情熱をいかに育てるか?ということだと、逆説的に言えると考えています。今、僕自身も日々仕事をしていくうえで、情熱を削いだり消費したりすることがないように心がけていますし、自分の子どもについても、そうした情熱をいかに育てるかということは課題のひとつです。

情熱の元となる、子どもの好奇心を上手に引き出すには、いろんなやり方があるからこそおもしろいし、伸ばし甲斐がある部分だと思うんです。僕もいろんな人と会って仕事してますけど、すごい人たちってやっぱり共通して強い情熱を持っていることに気づきます。

しかもそれが年を経ても枯れないんですよね。そうした枯れない情熱を持てば、誰からも頼まれなくても自らどんどん実行していくので、自然に熟達していくわけです。


4.親子で「ICTリテラシー」を育む


今の子どもたちが大人になる時代は、おそらく、今以上に情報にあふれ、いつでもどこでも簡単に情報が引き出せる社会でしょう。だからこそ、受け取った情報を消化し、自分なりの表現の材料とすること、自分なりに答えを引き出し、そのうえで問題解決できる知性を身につけること、そして、枯れない情熱の泉を心に持つことが重要だとドミニクさんは語っています。

上述したように、これからの情報社会を生きる子どもたちのICTリテラシーを育むことは、21世紀に活躍できる人材を育てるうえで重要になってきます。もちろん、育てる側の親も含めてICTリテラシーを鍛えていく必要があります。


6.jpg


その両面をサポートするために開発されたのがZ会の小学生タブレットコースです。
Z会は、通信教育の増進社出版を前身とする、80年以上の歴史ある通信教材のスペシャリスト。幼児から社会人向けまで、ハイレベルな教材を扱っています。Z会利用者からは数多くの難関校の合格者を輩出しており、1974~2015年まで累積の東大合格者のうち、Z会利用者は55.7%という発表も注目されました。

Z会小学生タブレットコースの教材は、主要4教科(国語、理科、算数、社会)に加え、英語、総合学習の6教科がセット。タブレットならではの音やアニメーションを駆使した学習だけでなく、記述式の問題も多数用意されていて、「書く」ことで、考える力を身につけられるのが特長です。

ということで、21世紀に活躍できる人材を育てることを意識した、Z会のタブレット教材の主な特長を見ていきましょう。


デジタル教材なのに、会員1人1人を担任の先生がサポート

子どもの学習習慣を定着させるには、ほめて伸ばす人の力が不可欠。Z会は、担任指導者が子どもの学習状況を見守り、手厚くサポートするスタイルが基本です。毎月1回の「定期面談」では、子どもとのメッセージのやりとりを通じ、学習意欲につなげる工夫がなされています。


teacher.jpg


今日やることを明確にし、モチベーションを保ちながら1カ月の学習ができる

タブレットの学習カレンダーで学習計画を管理できるのは、子どもだけでなく、親にとっても便利な機能。今日やるべきことがはっきりし、計画的に学習が進められます。また、タブレット学習を進めると、"ぷちぽ"というポイントが貯まるほか、毎月課題を提出すると、賞品と交換できる努力賞ポイントがもらえるなど、学習のモチベーションを高める工夫も満載。


14_学習カレンダー画面.jpgZ会の学習スタイルは、1回15分を1日2回(要点・確認問題→練習問題)が基本。利用者の都合に合わせてタブレットでスケジュールを自動でカスタマイズし、学習計画の管理をサポートしてくれる。


子どもの学習状況が把握できる

子どもの勉強をつきっきりで見る時間がとれない共働き世帯にはとくに便利なのが、「保護者専用アプリ」。このアプリで、子どもの学習状況や提出課題の結果などを逐一確認したうえで、子どもにアドバイスや声かけができます。


単なるゲーム感覚の学びではなく、本質的な理解を促す

問題を早く解き終わると、スペシャル問題が出題されるなど、ゲーム世代の子どもたちに、ゲーム感覚で学習させる仕掛けで得意分野をさらに伸ばせます。もちろん、苦手を克服させる仕組みも構築されています。たとえば、間違えたら「答えと考え方」を読まないと次に進めず、解説をしっかり読ませたうえで、再チャレンジさせる仕組みになっています。


21世紀に活躍する子どもに必要なオリジナルの総合学習

ドミニクさんはインタビューで、情報社会が進むなかで必要なのは、「知能」だけでなく「知性」を鍛えていくことだと述べていました。これは、21世紀に活躍する子どもに必要な能力であるともいえます。主要教科の知識を身につけるだけでなく、その知識を元に考える論理的思考力や問題解決能力が、これから必要な能力となっていくのです。

主要教科で身につけた知識を駆使して考える、発展的なオリジナル教科「総合学習」があるのもZ会の魅力のひとつ。多様なテーマで視野を広げたり、主要教科で得た知識を日々の生活や社会に結びつけたり、活用したりする力を育む良教材になっています。


sogogakusyu.jpgひとつのテーマを多角的に学習したり、教科学習では学ばないようなテーマにふれたりすることで、柔軟な思考を養成する。実験の疑似体験ができるのもタブレットならでは。


親世代が子どもの頃にはなかったタブレットの教材。なかには、いまいちピンと来ない人もいるかもしれません。ということで、Z会のタブレット教材を実際に使ってみた保護者の声を一部まとめました。

<利用した保護者の感想> ●今までは、子どもがひとりで問題の解説を読んで理解することが難しく、親である私が一緒に解説を読んで説明していたので、タブレット教材によって、それが楽になると思いました。(Tさん 神奈川県)/●映像での説明があり、文字よりわかりやすいと思いました。子どもが自分から、楽しみながらできそうです。(Oさん 埼玉県)/●子どもが楽しく学習できそうだと思いました。ポイントがたまるのは頑張る気を起こさせますね。(Yさん 大阪府) ※Z会利用者アンケートより。


子どもが1人でモチベーションを維持しながら学習を進められるスタイルが好評なようです。ちなみに、タブレット教材を導入する理想的なタイミングのひとつは、小学校3年生だそうです。ドミニクさんのインタビューでも、人としての基本である、感覚的な基礎能力を育む幼少期を経て、そのうえで情報環境を用意するのが理想的という話がありました。その時期が、まさに小学校に入学してからやっと学習習慣がつき始める小学校3年生にあたるのです。

21世紀に活躍できる人材を育むために、自ら「考える力」、「自発性を促す」教材として、今すぐ我が子に取り入れてみませんか? まずはこちらで資料請求してみるのもおすすめします。

しかも、今なら、入会者先着1000名様限定で、「タブレット学習応援キャンペーン」を実施中!Z会員特別価格からさらに1万円引きでZ会推奨/対応端末が購入できるクーポンがプレゼント※されるそうなので、早めにエントリーするとお得ですよ。
※小学生タブレットコース、中学受験コース3年生・4年生ご入会の方が対象。


Z会小学生タブレットコース


(写真/多田悟、スタイリング/石川英治、モデル協力/スマイルモンキー、文/庄司真美)















MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.