• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,  08:00 PM

チューインガムから作られた、弾力性のある医療用センサー

チューインガムから作られた、弾力性のある医療用センサー

160116_chewinggum.jpg


Popular Science:チューインガムが靴に付いていたらどう思います? うっとうしいですよね。でも医療装置としてのチューインガムは、かなりすごいのです。


先月、ACS(アメリカ化学会)の学術誌『Applied Materials & Interfaces』に掲載された論文で、研究グループがチューインガムとカーボンナノチューブから医療用センサーを作れるという発見をした、と詳述されています。

このセンサーを作るために、ある研究者にガムを30分間噛ませ(科学というのは、時に、非常に大変です)、噛んだガムはエタノールに浸けられて洗浄され、その後電気を通し、非常に柔軟性があるカーボンナノチューブをガムに染みこませました。

このセンサーは、小さな体の動き、たとえば呼吸をするときの胸の上下運動や、心臓が拍動するときの血液の動きもモニターできるようになるとのことです。ほかの素材から作られたセンサーと同じように、非常に小さな動きを記録するため、従来の心拍数や呼吸のような、必要とされる動きを測るモニタリング装置と接続して使われるようです。

またこの新しいセンサーは、従来の金属のセンサーや柔軟性のあるプラスチックのセンサーに比べ、非常に大きな利点があります。それは、伸縮性を持続したまま人間にくっつけてモニタリングを続けられることです。また、研究グループは、ナノチューブと混ざったガムは非常にわずかな、人間の呼気中の湿度のようなものもモニターできることを発見しました。

湿度をモニターできるようになれば、将来的には、医師が患者の呼吸をより効率よくモニターすることができ、また、センサーの伸縮性が持続することについては、ウェアラブルモニター端末の世界において、非常に価値をもたらす可能性があるとのことです。ほかの利点としては、Forbesによると、このセンサーの価格がわずか3ドルだということでしょうか。

この伸縮性のある新しいセンサーが実際に動いている動画をチェックしてみましょう。



FLEXIBLE MEDICAL SENSORS MADE FROM CHEWING GUM|Popular Science

Mary Beth Griggs(訳:コニャック
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

© mediagene Inc.