• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,  09:00 PM

余計な一言を防ぐために自問するといい3つの質問

余計な一言を防ぐために自問するといい3つの質問

160108questions_before_speaking.jpg


Inc.:最近、あとになって取り消したいと思うようなことを口にしませんでしたか? 私はここ数年、よく考えずにしゃべってしまう癖をなんとかしようとがんばっていました。

こうした傾向を抑えるのは想像以上に難しいことですが、これから紹介する3つの質問を心の中で自問すれば、後悔する発言をしないようにすることができるでしょう。


何かを言う前にちょっと立ち止まって自問する


数年前に、コメディアンでテレビタレントでもあるCraig Ferguson氏のインタビューを見ていたときに、彼は次のような助言を披露しました。

何かを言う前に、必ず自問自答するべき3つの事項があります。

  • これを言う必要が本当にあるだろうか?
  • 自分が言うべきことなのだろうか?
  • 自分が、今この場で言うべきことなのだろうか?

Ferguson氏によると、3回結婚を繰り返して学んだ教訓だそうです。これらが仕事場ではどのよう利用できるのかについてちょっと考えてみましょう。

あなたが上司で、チームメンバーと良い関係を築くためにこれまでかなりの努力をしてきたと仮定します。今回、そのなかの数人がすばらしい仕事の成果を上げたので、この機会に彼らを褒めることにしました。「グッジョブ!」と。タイミング良く、心をこめて称賛することで、従業員のモチベーションを保つことがでるでしょう

しかし、突然思い出すのです、「ちょっと待って、数週間前に彼らミスをやらかしたばかりだったはずだ。忘れる前にこれも言っておかなくては...」と。

でも、ちょっと待ってください。そうする前に先に挙げた3つの質問を自問自答してみてください。

建設的な批判はミスがわかった直後に言うべきですが、そのタイミングはもう過ぎています。今ネガティブなフィードバックを与えれば、賞賛することで生まれた友好的な空気が台無しになってしまいます。そして、その部下はこう考えるでしょう。

褒めてくれたのは、自分が本当に言いたかったことを少し和らげて伝えたかっただけか、嫌な上司だ。

この3つの質問を自問すれば、おそらく次の3つのうちのどれかが導き出されるでしょう。

  • 結局伝えたい批判はそれほど重要ではないし、この件に対する自分の意見も変わるかもしれない。
  • まず彼らのチームリーダーに相談しよう。数週間前に自分が確認したことでは、全体像までは把握できていないのかもしれない。
  • 自分が見つけた問題について彼らに相談する必要があるのは確かだが、今はそのときではない。しっかり準備をしてからその人間と打ち合わせを持つ予定を立てることを忘れないようにしよう。

これは一例に過ぎませんが、このやり方は、さまざまな場面で有効でしょう。皆が実践すれば、メールのやり取りが減り、内容も簡潔になり、会議時間は短縮され、誰かがしてしまった問題発言に対するほかの従業員からの苦情も少なくなるでしょう。


言うべきときは自信を持ってはっきり言う


もちろん、この3つの質問の答えがイエスになることもあるでしょう。そのときは、ちゃんと自分の考えを口に出すことです。

自分が言うべき内容が本当に重要なことであるならば、自信を持って口にすることができるはずです。ここぞという場面では、はっきりとした姿勢で臨むように心がけましょう。


These 3 Questions Will Immediately Increase Your Emotional Intelligence | Inc.

Justin Bariso(訳:コニャック
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.