• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,  06:00 PM

2016年に移住したい世界22都市:「プラハ」in チェコ共和国

2016年に移住したい世界22都市:「プラハ」in チェコ共和国

160105prague.jpg


新年あけましておめでとうございます。チェコのプラハで生まれ育ったルカーシュです。今回は「ライフハッカー[日本版]が注目する2016年に移住したい世界22都市」として、日本人にも人気の街、チェコ共和国のプラハをご紹介します。



プラハはどんな都市ですか?


チェコ人である私にとって、チェコ共和国の首都「プラハ」は私の故郷です。日本人はプラハの街並みを見て「すごい!」と言う人が多いですが、私はプラハで生まれ育ったので「プラハが特にすごい」とはあまり思いませんでした。(当然と言えば当然ですが)私にとって、プラハはいつも普通の街だったのです。でも、2007年から1年間、日本の神戸大学に留学して以来、プラハの見え方が変わってきました。日本に住んでいたとき、日本と母国を比較してチェコやプラハの長所や短所について考えさせられたからです。神戸から帰国した後、たくさんの日本人の友達が遊びに来てくれたこともあり、今まで気づかなかったプラハを新しく発見できたのです。


160105prague_friend.jpg

日本から訪ねてくれた友人たち。左から2番目が筆者。


プラハは美しい街です。プラハには1100年以上の歴史があり、第一次・第二次世界大戦の被害にもあまり巻き込まれなかったため、まだ歴史的な建物がたくさん残っています。ロマネスク建築から近代建築まで各時代の建築様式が並び、ユネスコ世界遺産に登録された街でもあります。

プラハは歴史だけではなく、文化の街でもあります。チェコ人は「音楽家の国民」と呼ばれていて、プラハはさまざまな音楽が聞ける街。特にクラシック音楽のコンサートが多く、例えばルドルフィヌムという音楽公会堂で有名なチェコ・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートがよく行われています。有名なチェコの作曲家、スメタナ、ドヴォルザーク、ヤナーチェクの音楽は日本でも有名で、プラハの音楽大学ではたくさんの日本人の学生がいます。

また、プラハには展覧会も多いです。プラハ国立美術館に豊かなアートコレクションがありますので、芸術が好きな人はきっと楽しめるでしょう。フランス・カフカがプラハに生まれたので、文学ファンも楽しめる街です。カフカはプラハから強い影響を受けたので、彼の小説の中にはプラハのさまざまな場所が出てきます。


160105prague_kafka.jpg

プラハ城の中にある聖ヴィート大聖堂(左)と、黄金小路にあるフランツ・カフカの生家(右)。


そして、チェコは1人当たりの年間ビール消費量が世界一ということもあり、チェコのビールはとても美味しくて安いです。多くのパブで、ミネラルウォーターよりビールのほうが安いのです。


プラハで気に入っているところはどこですか?


プラハで気に入っているところは、なんといってもとても住みやすさです。チェコ人は働き者ですが、休みの時間を大切にします。仕事が終わってから、劇場、映画館、コンサート、パブなどに行く人が多いです。プラハ市内やその周辺には自然がたくさんあるので、週末に自然に遊びに行く人も多くいます。

物価も高くはなく、1カ月の生活費は12万円ぐらいあれば十分だと思います。

世界平和度指数によると、2015年にチェコ(10位)は日本(8位)と一緒にトップ10に入っている国でした(プラハは治安の良い街ですが、観光客が多い場所ではスリに気をつけてくださいね)。

チェコ人はチェコ語を喋りますが、英語が話せる人も多いです。特に20〜40代の人は英語が話せることが多いです。


160105prague24.jpg

プラハ城の丘から眺めるプラハ市街


逆にもっとこうだったらなぁと思うところは?


1948年から1989年まで当時のチェコスロバキアに共産主義の政権があって人々にとって厳しい時代でした。民主国家になってからチェコは発展して変わりましたが、人々の考え方まで変わるにはもう少し時間がかかるかもしれません。チェコ人の中には優しくて友好的な人がたくさんいますが、ときどき観光地ではないような普通の店でちょっと冷たい対応をする店員と出会うことがあります。市役所などで働いているような公務員もたまに礼儀が正しくないかもしれません。

ですから、日本に住んでいる間に、こういう点で日本とチェコの違い一番強く感じています。日本のサービスは世界一です。日本はほとんどどこに行ってもお客様に対する行動は素晴らしいです。チェコのサービスは段々良くなっていますが、まだ日本ほどのレベルではないかもしれません。


160105prague_charles.jpg

ヴルタヴァ川に架かるカレル橋(左)と、夜の旧市街広場(右)


どんな人ならうまくやっていける都市だと思いますか?


街が綺麗ですし、物価も安いし、食べ物も美味しいので、多くの人はプラハで楽しい生活ができると思います。特に、異文化に興味がある人はプラハがすぐに好きになるでしょう。芸術が好きな方なら、アートに囲まれながらプラハで過ごす1日なんていかがでしょうか? 朝起きたら、旧市街広場にある文学喫茶店でコーヒーを飲みながら本を読んで、その後、カレル橋まで歩いて歴史の雰囲気をたっぷり味わいます。市内中心部を流れているヴルタヴァ川の景色をエンジョイして、フランツ・カフカ博物館でインスピレーションをもらったら、人で賑わうカンパ公園のレストランでランチを食べてください。それから展覧会を観に行って、コンサートで好きなジャズバンドを聴いて、夕方は友達とパブでいろいろ話して、帰り道にはプラハ城の美しい夜景を楽しめます。プラハの四季も独特ですので、秋、冬、春と夏は忘れられない思い出ができますよ。


著者プロフィール

ルカーシュ・クラウス(Lukas Kraus)|LinkedIn

チェコ共和国、プラハ出身の法律家・政治学者。プラハ・カレル大学で2つの修士課程(法学研究科・安全保障学研究科)を卒業。学士論文と修士論文では「日本の国際関係学」を扱う。神戸大学国際文化学部に1年間留学したあと、人権NGOと弁護士事務所で働く。2014年から東京大学で国費外国人留学生(研究留学生)として日本の政治を研究中。大好きなものは、ユーモア、映画、そして旅行。日本に興味を持ち始めたきっかけは空手。好きな名言は「今までやったことがある。今まで失敗したことがある。そんなことは構わない。もう一度やれ。もう一度失敗せよ。より上手く失敗せよ」(サミュエル・ベケット)

Top Photo by Shutterstock
  • ,,, - By 松尾仁LIKE

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    Sponsored

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    毎日のひげ剃りは、多くの社会人男性にとって大切なマナーのひとつです。そして、いつの時代も変わらない悩みとして言われるのが「カミソリ負け」。 T字型カミソリの世界シェアNO.1を誇るジレットは、その大きな要因のひとつが「リストローク(肌の同じ場所を2度以上剃ること)」であると考え、4年間の研究開発の末、肌を守る新機能を搭載した新製品「ジレット フュージョン5+1 プロシールド」を発売することになり  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.