• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

itou  - ,,,  09:00 PM

新年の抱負を立てるのは「時間の無駄」なのか?

新年の抱負を立てるのは「時間の無駄」なのか?

160104new_years_resolutions.jpg


99U:年末年始、多くの人が、今年こそは変わるのだと、新年の抱負を立て始めます。とはいえ、決意した通りに1年を過ごす人はめったにいません。果たして、新年の抱負を立てるのは本当に意味があることなのでしょうか? それとも、現実に目覚め、別のやり方を探すべきなのでしょうか?

そこで、Twitterに「新年の抱負は時間の浪費だと思いますか?」という質問を投げて、フォロワーの皆様から意見をもらうことにしました。以下は、その抜粋です。


Kiana St. Louisさん(編集アシスタント)

抱負を立てるのは第一歩であり、「最初のひと押し」をもらうチャンスにもなります。目標を設定するという考え方自体が間違っているのではありません。実行しないことが問題なのです。目標や抱負を立てることが時間の浪費になるのは、自分が行動しなかったときだけです。


Matt McCue(シニアライター)

問題はハードルを上げすぎることだと思います。新年の抱負はたいてい、実行段階でうやむやになりますが、それは、多くの人が非現実的な目標をたてているからです。@candumanohyeahさんが、「新年の抱負は血糖値が高いときに立てられ、低いときに壊される」とコメントしていますが、まったくそのとおり。私たちは、理想的な状況ばかりを想定して抱負を立てているんです。

たとえば、「ジュースだけダイエット」で10キロ減量して、通常の食事に戻ったとたんにリバウンドしてしまうよりも、週に4回エクササイズするほうがずっと効果的に体重を落とせるものです。後者のほうが生き物として自然ですし、より大きな視点から、長期的な生活習慣の改善を目指しているからです。


Sean Blanda(編集長)

血糖値とダイエットの話は面白いですね! 私も賛成です。数々の研究が、目標を他人に言うと、達成確率が下がることを示しています。目標を公言することで、精神的に満たされてしまうからです。自分は生産的になろうとしている人間だということを周囲に知ってもらうことで、実際に生産的になるのと同じような社会的利益が得られてしまいます。それと、行動を変える難しさがあいまって、多くの人が誓いを守れなくなるのだと思います。

抱負を立てるかわりに、休暇中に「棚卸し」をするべきだと思います。昨年はプランどおりに運動できただろうか? 1年前よりもましな人間になれただろうか? キャリアは望んだとおりに進んでいるだろうか? 「1年は短いが、1日は長い」という格言もあります。お正月休みを、日常のルーチンから距離をおき、自分自身に問いかける時間にするのです。「私は正しい方向へ進んでいるだろうか?」ってね。


KIANA

「棚卸し」アプローチは、誓いの達成にかなり役立つと思います。最大の問題は、「誓い」という言葉があまりに気軽に使われていることです。この言葉に対する敬意が失われているから、誰もやり遂げようとしないのです。

この言葉をホリデーシーズンから切り離せば、単なる新年の恒例行事ではなく、本当に次の1年で実現させたい個人目標を決めるものになるはずです。@stofmindstudioさんの「そんなことないよ! 高すぎる目標を設定するから無意味になっちゃうんだ。達成可能な小さな目標から始めればうまくいくはずだよ」という意見に賛成です。

誰もが、自分たちは世界を変えられるくらいに創造的だと考えているため、市場競争もそれだけ激しくなり、期待値も高くなっているのです。でも、世界をどうにかする前に、自分をどうにかする必要があります。大きな誓いを立てるのではなく、小さくても、具体的で目標指向のプランをつくるほうがいいのではないでしょうか?


MATT

@EPWohlfartさんの「目標を年に一度しか立てないのだとしたら、それは時間の浪費になるかもしれない。大きな目標は、小さな目標に分解しないと達成するのが難しいですから」という意見や、@love_lettrsさんの「1日の抱負の大切さなら理解できるし、達成できる可能性も高い。1年の抱負? 望みは薄いね」という意見に同感です。

ですので、元の質問に対しては、目標を設定するという意味においては、新年の抱負は時間のムダではないというのが私たちの答えになると思います。

  • 昨年1年間の棚卸しを行い、生活の中で変化を必要としている部分について、新たな目標を立てる。
  • 具体的なスケジュールに沿って、挑戦的ではあるが達成可能な短期目標を配置する。また、その難易度を段階的に上げていくようにする。
  • 大局的なゴールに合わせた生習慣にシフトしていく。
  • 新年の抱負を1月1日に限定しない。年間を通じて目標の見直しを行う。四半期ごとなど。そうすれば、達成に対する責任感も増し、必要に応じて目標を調節したり、追加することができる。


SEAN

賛成! プロセスに集中すること、楽しむことが重要だと思います。私たちは実践を楽しまなければならないんです。ゲームばっかじゃなくてね。


あなたは?

新年の抱負を立てるのは時間の無駄だと思いますか?


Open Thread: Are New Year's Resolutions a Waste of Time?|99U

The 99U Team(訳:伊藤貴之)
Photo by Shutterstock.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.