• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,,  07:00 PM

2016年に移住したい世界22都市:「シンガポール」in シンガポール共和国

2016年に移住したい世界22都市:「シンガポール」in シンガポール共和国

20160104_world_cities_singapore3.JPG


新年あけましておめでとうございます。シンガポール在住の小川麻奈です。今回は、「ライフハッカーが注目する2016年に移住したい世界22都市」として、多様な民族が暮らすアジアの国際都市・シンガポールについてご紹介します。



シンガポールはどんな都市ですか?



シンガポールはここ数十年で急速に発展し、東南アジアはもちろんアジアを代表するビジネスハブとして栄えている都市のひとつです。赤道直下にあるため、気候は年中「夏」、雨の多い雨季もありますが、1~2時間ほど激しく降っては止む、というのがほとんどです。

シンガポールが発展した大きな理由のひとつは、地理的なメリットをうまく活用して、様々な産業のアジアの統括拠点を担える場所として、確固たる地位を築いたことにあります。規制の緩和や税制の優遇を行い、海外の企業を積極的に誘致しています。

シンガポール国内のおもな産業はサービス産業、その中でも卸・小売業、ビジネスサービス業、金融サービス業が中心で、サービス業以外では、製造業も一定の割合を占めています。近年は国民一人当たりのGDPは日本を抜いており、アジアの中でももっとも豊かな国のひとつ。

またシンガポールは今年で独立50周年。つまり、建国からまだ50年しか経っていない、とても新しい国でもあります。さまざまな民族がこの土地に集まり、現在のシンガポールに至っていることもあって、国民を構成する民族も、中華系、マレー系、インド系などさまざま。外国人労働者の割合も非常に高く、街を歩いていると本当にいろんな民族がこの国に住んでいることを肌で感じることができます。


シンガポールに住むことになったきっかけは何ですか?


私は日本で金融業界の人材エージェント・ヘッドハンターをしていました。その仕事を通じて、世界的に著名な金融機関やそこにお勤めの方々とお付き合いするうちに、日本を含めたアジア全体での人事や人の採用に関する権限を最終的に統括しているのは、シンガポールや香港である...という場面に多数出くわします。これまで旅行で訪れたことがあるくらいで、レジャーのイメージが強かったシンガポールという都市に、ビジネスという側面で関心を持つようになりました。

またそれと同時に、日本が世界の中で、またアジアの中で、中心的な存在ではなくなりつつあるということを強く感じるようになっていきました。このような、仕事を通じて感じていた世界情勢と、私自身がもともと幼い頃から「一度は海外で働いてみたい」と思っていたこと、自分の年齢が30歳になることなど、様々なタイミングが重なって、2015年4月から、シンガポールを拠点とした生活と仕事をスタートしました。ときどき「なぜ香港ではなくシンガポールだったのか」と聞かれますが、暖かい気候であったこと、街の雰囲気が好きという個人的な好みと、より英語圏の色が強いという点で、シンガポールを選びました。

シンガポールで仕事をするにあたっては。就労ビザが必要になります。私は米国系のシンガポール法人で仕事をしているため、その会社を通して就労ビザを取得しています。


シンガポールで気に入っているところはどこですか?


20160104_world_cities_singapore1.JPG


シンガポールで一番気に入っているのは、何よりも「多様な人種が当たり前に一緒に暮らしている」環境です。同じ「シンガポール人」であっても、中華系、マレー系、インド系などさまざまなルーツをもつ人たちが混在しています。また私のような外国籍の人間も多く、労働力に占める外国人の割合は3割程度に及ぶと言われています。

このような環境なので、シンガポールにいると誰が"ナニジン"なのか、見た目だけでは判断がつきません。そんな環境だからこそ、自分が生まれ育った国や環境、家族の民族は、自分の"個性"を構成する要素としてとらえられています。ひとりひとりの持つユニークなバックグラウンドが個性として認められるような環境がとても気に入っています。

生活をするにあたっては、英語が公用語とされているため、大抵どこに行っても英語が通じるのも便利な点のひとつです。必要な英語力は、どのような環境で生活をしていくかによって異なってくるかと思います。

シンガポールに済んでいる日本人は3万人ほどといわれています。日本人の同僚や顧客が多い環境で働く場合や、プライベートでも日本人コミュニティの中で過ごす場合、ほとんど日本語で済んでしまうかもしれません。

一方、シンガポール人やそれ以外の外国人が多い環境で仕事をする場合や、現地で日本人以外の交友関係を持ちたい場合、英語は必須です。また近年、シンガポールでは外国人が就労ビザを取得するための基準が厳しくなってきており、他の東南アジア諸国と比べると、就労ビザや仕事を得るために必要な英語力は高めであると言われています。

治安がよく、女性がひとりで不自由なく出歩けること、常夏なのでオープンエアのレストランやバーなどを年中楽しめること、都市自体がとてもコンパクトでシンガポール内の移動がしやすいところ、また空港も近いため、フットワーク軽く国外に出やすいところなども、シンガポールの魅力だと感じています。


逆にもっとこうだったらなぁと思うところは?


シンガポールは街中もとても綺麗で、地下鉄やバスなどの交通機関も発達しており、また日本の食材なども少々高めではあるものの手に入れることができます。日本人にとって、とくに東京などの大都市で生活していた人にとっては、なに不自由なく生活できる環境です。

ただ、1点だけ大きく違う点、場合によっては不便に感じそうな点をあげるとすると、住宅事情です。シンガポールでの住居は大きく分けて3種類、公団住宅である「HDB」、コンドミニアム、そして一軒家です。多くの外国人はいずれかの住宅に賃貸で住むことになりますが、シンガポールには単身者向けの物件が非常に少なく、一人暮らしをしようとすると最低でも月2000~2500シンガポール・ドル(以下S$、約17万~21万円)がかかります。

単身の外国人の多くは、複数のベッドルームがあるファミリータイプのコンドミニアム等をシェアして住んでいますが、シェアをしたとしてもマスターベッドルーム(自分の寝室+専用シャワー・トイレ)で月1500~2000S$(約13万~17万円)、コモンルーム(シャワー・トイレは共有)で月900~1200S$(8万~10万円)が相場。シンガポール自体が東京23区ぐらいの広さしかないですが、そこに多くの外国人が移り住んできたこともあり、家賃は日本と比べても非常に高くなっています(シンガポールの若者は、結婚するまで実家暮らしの人がほとんどです)。

いままで日本でひとり暮らしをしていた人が、シンガポールでルームシェア生活となると、ストレスを感じる部分はあるかもしれません。私自身は現在はコンドミニアムをシェアしてマスタールームに住んでいます。リビングやキッチンなどの共有スペースを自分の好きにはできませんが、常に家にいるわけではないこと、ルームシェアをすることで、ルームメイトを通じていろんな情報を得られ、交友関係が増える部分もあるので、今の時点では一人暮らしよりもシェアで住む方が自分に合っていると感じています。

また家賃以外の生活コストについても触れておきます。日本より安く済むのは、日常的な交通費。MRTと呼ばれる地下鉄やバスは都心部であれば1 Sドル(約85円)前後、少し郊外まで行っても3S$(260円)以内がほとんど。タクシーも日本よりは安く、都心部であればだいたい6~10S$(500~850円)で移動できます。スーパーで見かける食材の値段はものにもよりますが、平均すると日本と大きな差はないように思います。

また外食の場合は幅が広いです。地元の人を中心に庶民の台所として親しまれている"ホーカセンター"と呼ばれるフードコートのようなところなら、一食3~5S$(250~450円)で済む一方、レストランなどにいくとメインディッシュは20~30S$(1700~2500円)、税金の関係でお酒が高いこともあり、しっかり飲んで食べてとなると一人当たり60~80S$(5000~7000円)ほどになります。外食の頻度がどのぐらいかにもよりますが、ジムやヨガに行ったり、習い事をしたり、たまに旅行をしたりするなら、単身者であれば、家賃以外に月1500~2000S$(13万~17万)ぐらいのコストになるのではないでしょうか。


どんな人ならうまくやっていける都市だと思いますか?


20160104_world_cities_singapore2.JPG


これはシンガポールに限らず、海外に住む人すべてにあてはまるかもしれませんが、はやり"オープンマインド"であることは、生活を楽しんでいくにあたりとても大事なことだと感じています。

シンガポールは、多くの日本人にとって物理的な不自由さを限りなく感じない街だと思います。一方で、精神的にも満たされた生活を送るためには、現地での仕事やプライベートの人間関係を充実させていくことが大きな要素のひとつになります。新しい土地で、自分の興味のあることに取り組んだり、新しい交友関係を育んだり、積極的に自分から動いていくということがとても大切です。シンガポールにいるだけで、さまざまな民族や国籍の人たちに日々出会えるので、さまざまなバックグラウンドの人たちとの出会いを楽しめる人にとっては、とても充実した生活ができるのではないかと思います。


著者プロフィール

150527singapore1-2-thumb-640x360-87398.jpg

小川 麻奈(おがわ・まな)|サイトGirls Bee

人材コンサルタント/ Girls Bee ファウンダー&代表。2007年国際基督教大学社会科学科卒業。人の可能性を引き出すことをビジネスとすることに強い興味を持ち、新卒で人材総合サービスの株式会社インテリジェンスに入社、中途採用・転職支援の事業に従事。その後、金融業界専門のエグゼクティブサーチファームへ参画し、ヘッドハンターとして主にアセットマネジメント業界のサーチを行う。そのかたわら、『転職』だけではなく、よりさまざまなアプローチで人の可能性の支援をしたいという思いから、2011年9月にGirls Beeを立ち上げ、さまざまな女性の「なりたい」をかなえるべく、代表として運営。2015年4月からは生活と仕事の拠点をシンガポールに移し、世界規模の新たな人材関連ビジネスに参画。自身の経験をもとにした生き方・働き方・ライフスタイル・海外生活に関する情報をウェブメディアやブログで発信中。ひとりでも多くの人が自分の可能性に気がつき、自信を持って、それぞれの人生を最大限に生きられるようにすることがテーマ。

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.