• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

田中宏和

田中宏和

 - ,,,,,,  06:00 AM

スッキリ埋め込める。MacBook Pro/Air用の拡張ストレージ比較【今日のライフハックツール】

スッキリ埋め込める。MacBook Pro/Air用の拡張ストレージ比較【今日のライフハックツール】

20151227_tardisk_top.jpg


MacBook Pro/Airを使っていて、データ保存容量をもっと増やしたいとき。一般的には、USBメモリーやクラウドストレージを利用することが多いと思いますが、本体の横にあるSDXCカードスロットを使っていない...ということはありませんか? デジカメやスマホからデータを移すなら、たいていUSB接続で済みますから、ここはもっと有効利用したいところ。

実際に、いくつかのメーカーからMacBook Pro/Air専用の「埋め込み型SDXCストレージ」が出ています。まるで純正品のようにジャストフィットするものから、マイクロSDカードを利用するものまで各種ありますので、比較しながらご紹介いたします。



TarDisk


20151227_tardisk_01.jpg


アルミ削り出しのカードで、MacBook Pro/Airとかなりの一体感を得られるようにデザインされています。また専用のペアリングアプリ(英語版のみ)によって、外部ストレージとしてではなくシステム上のMacintosh HDを増量したように利用できますので、見た目だけでなく保存領域に関しても一体化します。

『TarDisk』は、埋め込んだまま使い続けるという設計理念のもと作られています。インストール前にMacintosh HDの正常動作を検証しておくことが推奨されているなど、導入に少し手間がかかりますが、一度インストールしてしまえば、保存先の選択といったストレスを感じることなく使用可能です。


JetDrive Lite/Transcend


20151227_tardisk_02.jpg


10,000回の抜き挿しサイクルを保証しているなど、出っ張りのない一体型ながら、あくまで外付けストレージとしての利用を前提にしています。先ほどのTarDiskと違い、とりあえず挿せば利用を始められるのは大きな利点です。

JetDrive Toolboxをインストールしておけば、間違って消してしまったファイルの復旧を試すことができる「リカバリ機能」と、スリープから復帰するときに自動的に再マウントさせて電力消費を抑える「パワーセーブ機能」を利用することができます。


iSlice/8 Mobility Limited


20151227_tardisk_03.jpg


スマートフォンなどでお馴染みのマイクロSDカードを利用することができるアダプター。マイクロSDカード自体のサイズ的な限界があり、容量としては先に挙げた2つより不利ですが、すでに手持ちのカードがあるなら金額的にはもっとも安く導入できます

アルミ製のパネルですので、シルバーを選択すればMacBook Pro/Airとの一体感もあります。


MacBook Pro/Air埋め込み型ストレージ比較表

TarDisk JetDrive Lite iSlice
対応機種 MacBook Pro(光学ディスクモデル) 13インチ
MacBook Pro(光学ディスクモデル) 15インチ
MacBook Pro(Retina) 13インチ
MacBook Pro(Retina) 15インチ
MacBook Air 13インチ
MacBook Pro(Retina) 13インチ
MacBook Pro(Retina) 15インチ
MacBook Air 13インチ
MacBook Pro(Retina) 13インチ
MacBook Pro(Retina) 15インチ
MacBook Air 13インチ
購入先 メーカーより直輸入 国内販売あり 国内販売あり
容量 128GB
256GB
64GB
128GB
256GB
利用するマイクロSDカードに準ずる
転送速度 4Kフラッシュメモリーコントローラー対応(※) 最大読込速度:95MB/秒
最大書込速度:60MB/秒
利用するマイクロSDカードに準ずる

(※)TarDiskの転送速度については、メーカーから具体的な数値が公表されていませんが、ファームウェアが高速対応になっているので、フラッシュメモリーとしては速いはずです。実用上、ユーザーとしては本体ドライブ保存と区別して利用することがありませんので、「いつもより保存に時間がかかったな」と体感する機会があるかもしれない、という程度だろうと思われます。


(田中宏和)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.