• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matonomatono  - ,,,  01:00 PM

2016年に移住したい世界22都市:「ニューヨーク」in アメリカ

2016年に移住したい世界22都市:「ニューヨーク」in アメリカ

160101matono_ny.jpg


あけましておめでとうございます。ライフハッカー翻訳ライターの的野裕子です。1年の半分をニューヨーク、残りの半分を福岡に住む2拠点生活を5年以上続けています。

今回は「ライフハッカー[日本版]が注目する2016年に移住したい世界22都市」として、ニューヨークについてご紹介します。


ニューヨークはどんな都市ですか?


あらゆる人が惹きつけられ、あらゆる人を満足させられる街。

エンタメ好きならミュージカルやコンサート、グルメな人は世界各国の料理や星付きレストランに、種類も豊富なオーガニックフード、最先端のファッション、アート、カルチャーに、主要メジャースポーツの本拠地もあり、ビジネスもスタートアップからウォール街まで、こんなに選択肢が多くて、エネルギーにあふれた、懐の深い都市は他にないと思います。

「治安はどうですか?」と聞かれることも多いですが、今やニューヨークは、世界の主要都市の中でもベスト10、アメリカでは一番治安が良い都市というデータもあります。9.11以降は警官の数が増えて、犯罪率も大きく下がりました。危険な目に遭うかどうかは、自分の意識で変わってくることが多いので、「ここは日本じゃない」と常に意識しておくだけでも防げることは多いです。


160101newyork_1_st.jpg


ニューヨークに住むことになったきっかけは?


最初のきっかけは、10年ほど続けているアシュタンガヨガの、エディ・スターンという先生のクラスが受けたかったから。翻訳の仕事をしているので、英語の環境に身を置いて、常に英語をブラッシュアップすることは仕事にも役立っています。

ニューヨークに住むのに必要な英語力は、日常生活だけならシチュエーション別に決まった単語や言い回しを覚えるだけで十分です。日本食のレストランやスーパーでは日本語も通じるし、日本人は4万人以上住んでいるのでコミュニティもたくさんあります。

ビジネスで成功したいなら、リスニングとスピーキングのレベルは高くないと難しいと思います。ネイティブみたいな発音ができる必要はありません。(もちろんできるに越したことはないですが)ニューヨークはさまざまな国の人が、それぞれの訛り丸出しの英語でガンガンビジネスをしています。そのエネルギーに負けないように、自分の思っていることをきちんと英語で伝えられるかが大事です。


160101_NY_01.jpg


ニューヨークで気に入っているところは?


ニューヨークのパワフルなエネルギーを生み出している「人」が面白いです。プロは言うまでもなく、地下鉄でパフォーマンスをしているような人も驚くほどレベルが高いし、ユニークなアイデアやセンスを持っている人が多くて、街中に突き抜けた人がいっぱいです。人間観察をするだけでも楽しい。


逆にもっとこうだったらなあと思うところは?


為替レートの影響もありますが、物価がもっと安くなってほしい。特に家賃は高いです。数カ月単位でも気軽にルームシェアができて、場所や条件を選ばなければ月600ドル(約72000円)くらいからありますが、基本的には月800ドル(約96000円)以上はします。

食費は自炊をすれば抑えられますが、外食は高い! 税金に加えて、チップの相場が15〜20%なので、メニューの値段だけで計算していると会計の時にびっくりするかも。

あとは、ビザが取りやすかったり、ESTA(電子渡航認証システム)でもっと長く滞在できたらいいのにと思います。今はビザを持ってないので、ESTAの範囲内(90日以内)で日本と行ったり来たりしています。


どんな人ならうまくやっていける都市だと思いますか?


ニューヨークにはあらゆる人種、国籍、性別、言語、宗教、文化の人がいて、隣の人が自分と違うのは当たり前。だからみんな「人と違うこと」に寛容です。日本にいると「他の人と同じ」を無意識のうちに要求される場面がよくありますが、ニューヨークではそんなことを気にする必要はまったくなし。自分の意思ややりたいことがはっきりしている人は、のびのびと自分らしくいられます。


著者プロフィール

的野裕子(Yuko Matono)

フリーランスライター、翻訳家。「ライフハッカー[日本版]」「greenz.jp」「フォーブス ジャパン」など、オンラインメディアを中心に執筆。2010年よりニューヨークと福岡の2拠点生活を続けている。ニューヨークのコーヒーショップをめぐるブログ「New York Hobo Coffee Life」も運営中。

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.