• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

プロギャンブラーのぶき

プロギャンブラーのぶき

 - ,,,,,  09:00 PM

プロギャンブラー流、Facebookで誕生日を秘密にするデジタルデトックスな3ステップ

プロギャンブラー流、Facebookで誕生日を秘密にするデジタルデトックスな3ステップ

20151209_fbdetox.jpg


プロギャンブラーのぶきです。今回は、Facebookであえて誕生日を秘密にすることで、あらゆる効率をはかるデジタルデトックスについてご紹介します。


誕生日が来ると、Facebook上では友達からお祝いコメントをもらえます。先にお伝えしたいのは、誕生日を祝うことは、もちろん「いいね!」です。それをふまえたうえで、あえて今年はFacebook上で誕生日を非表示にし、告知しませんでした。実はこのシンプルな方法については、Facebookほか、個人ブログを14年間更新し続けて、ようやく気づけたことです。

プロギャンブラーの仕事で海外遠征中、僕のブログにコメント欄がないときは、誰にも祝われずに誕生日は過ぎ去りました。もちろん、コメント欄があるときに、日本語を1カ月遮断された状況のなかでいただくお祝いメッセージは、それは嬉しいものでした。

Facebookを例にとると、昨年、僕は誕生日コメントを727件もいただきました。


01-003.jpg


このとき、すべてのコメントに返信したので、半分は自分の返信コメントと換算しても、約360件。1件につき、返信に2分間かかっていたとして、トータルで要した時間はなんと12時間。コメントをいただいたのが嬉しいあまり、すべての人に返信していたら、誕生日の丸一日を家でコメントを返すことで終えてしまったのです。

今年も誕生日が近づいたある日、「もしかしたらわざわざ誕生日を表示しなくてもよいのかも?」と、思いつきました。こういうとき、僕の決断方法は、各メリットを洗い出して比較します。


考察:誕生日を秘密にするするべきか否か?


秘密にする考察とメリット

  • <考察> ・非公開にして告知しなければ、そもそも誰も気づかない。
  • ・「おめでとう」というコメントに対する「ありがとう」の返信は、あくまで挨拶としてのニュアンスのため、特に大事ではない。
  • ・Facebookは、人気記事だと何度も同じ内容がタイムラインに出現する傾向にあり。だからこそ、恒例の誕生日ニュースではなく、みんなが喜ぶような内容の投稿を優先したい。
  • ・年を追うごとに友達の数が増えるため、それに比例して昨年より返信作業に時間がかかる可能性が高い。
  • ・誕生日は年齢を重ねるほど、特別な意味が減じていくのかも。
  • ・新しい試みは実践してみないと、正しいか見えず。
  • ・実行するタイミングとしては、誕生日が多忙なとき。
  • <メリット>
  • ・たくさんのお祝いメッセージの中から誰が投稿してくれたかを把握する必要性がなくなる。
  • ・投稿してくれた友達の誕生日に「お返しでお祝いメッセージを書き込まなければ」という気持ちがなくなる。
  • ・誕生日関連のやりとりやイベントから、距離を置くことができる。
  • ・誕生日のお祝いコメントが昨年より減っても落胆することがない。
  • ・誕生日の1日を返信作業に費やすことなく有効活用できる。

  • <公開するメリット>
  • ・祝ってもらえて、嬉しい。
  • ・年に1回の自分のためだけのイベントが盛り上がる。
  • ・ほかに公開するネタが少ない場合、友達とのコミュニケーション手段として有効。
  • ・1年間の区切りとしてみんなに感謝を伝えられる場となる。
  • ・これからの1年に向けた目標の公言の場となる。

  • 比較結果として、多忙なときは、公開するメリットよりも秘密にするメリットの方が大きいと感じて実践してみました。ということで、誕生日を秘密にするデジタルデトックスな3ステップを紹介します。


    Facebookで誕生日を秘密にするための3つのステップ


    ステップ1.友達から自分のタイムラインに書き込めない設定に変更する

    このメリットは、自分の過去の投稿が「誕生日おめでとう」の書き込みで埋もれてしまい、探すのに時間がかかってしまうこと。これを回避したい人は、設定しておくといいでしょう。

    パソコンからだと、▼マークをクリックし、設定をさらにクリック。


    02-001.jpg

    「タイムラインとタグ付け」をクリックし、一番上にある「自分のタイムラインにコンテンツを追加できるユーザー」にある「あなたのタイムラインに投稿できる人」で編集をクリックし、「自分のみ」に設定すればOK。


    03-001.jpg


    ステップ2.誕生日を非公開にする

    次に、Facebookの自分のタイムラインから「基本データを編集」をクリックします。


    04-0011.jpg

    「連絡先と基本データ」から「基本データ」の誕生日を編集し、「自分のみ」に設定。
    この設定により、自分の誕生日がプロフィールやタイムラインに上がることがなくなります。


    05.jpg


    ステップ3.「誕生日です」と自ら発表しない

    考えてみれば、今まで僕自身が誕生日を発表していたから、友達が祝辞を書き込んでくれていたわけです。それをやめれば済むだけのことなのです。


    誕生日を秘密にしてみた結果

    とても快適ですごく充実した1日となりました。毎年恒例となっていたFacebook上での盛り上がりがなくて、わずかに寂しい感じもありましたが、断然、コメントに返信しているだけの誕生日よりも、あえて誕生日を秘密にして誕生日を満喫する方がはるかに有意義でした。多忙なみなさんには特に、一案としておススメしたいです。


    【著者プロフィール】994984_748707041823899_1725450472_n-003.jpg
    プロギャンブラーのぶき
    1971年東京生まれ。旅を愛するプロギャンブラー。25歳のとき、「勝負で勝ちながら、世界を旅する」と決意し、軍資金として1000万円を貯める。以後、ギャンブルをしながら15年間で82カ国を制覇。著書に『勝率9割の選択』『ギャンブルだけで世界6周』がある。12/22(火)、福岡にてトークショー「プロギャンブラーのぶきのビジネスで勝つ方法」を開催。残席わずか!


    Photo by Lukas Gojda/Shutterstock.com

    MORE FROM LIFEHACKER

    powered by
        
        
        
      

    Kotaku

    Recommended

    © mediagene Inc.