• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,,,,,,  09:00 AM

もっと幸せになりたいのならFacebookをやめなさい

もっと幸せになりたいのならFacebookをやめなさい

151230_facebook_quit.jpg


Inc.:ソーシャルメディアから離れることで精神状態が改善するという科学的裏付けがあります。

Facebookで気が滅入るというのは、ただの気のせいではありません。ソーシャルメディアの使用により、生活満足度が下がったり、羨望感と孤独感が増したりすることを裏付ける研究はたくさんあります。

研究者たちは、ソーシャルメディアが及ぼす気分への弊害について、すでに数多く調べていましたが、ソーシャルメディアの利用をやめたときに幸福度がどのように変化するのかということについては、未検証でした。



より幸せになり、ストレスも減り、社交的になる


今ではそれに関する研究も進み、ニュースフィードのチェック時間が短くなった(またはチェックすることをやめた)人は、精神衛生が改善されるという事例が支持されるようになりました。その研究は、コペンハーゲンにあるHappiness Research Institute(幸福度研究所。実際にそのような機関が存在するのです)によって行われました。Facebookによる気分への影響を調べるために、デンマークのFacebookユーザー、1095名に1週間Facebookの使用を停止してもらいました。

その結果、「ソーシャルネットワークを一時的に利用しなかった人は、通常より55%ストレス状態が少なくなった」と、英『Guardian』紙が報告しています。また、「Facebookを使っていないグループは、より人生を楽しみ、怒りを感じることが減り、意欲的になり、社交活動が増し、社会生活への満足感も上がった」と「Quartz」が付け加えています。


どうしてFacebookに幻滅させられるのか


ソーシャルネットワークの使用をやめた人の幸福度が、目を見張るほど改善されたのはどうしてでしょうか? 『Guardian』紙の取材に答えたHappiness Research InstituteのCEO、Meik Wiking氏は、「Facebookでは、他人のすごい知らせを常に目にしますが、窓の外を見ると(特にデンマークでは)どんよりした雨空があることが多い。そのせいで、誰もが良い面ばかりを見せつけ合うFacebookの世界が、曲解されて、実際よりもっとすばらしく感じられてしまうのでしょう」と言います。

しかし、Facebookをやめる(他人をうらやむことを含めて)ことにもっともな理由があったとしても、完全にやめてしまうのは簡単ではありません。ニュースフィードをチェックするという、日常的な習慣をやめるのは難しいと、いくつかの研究に参加した人々は『Guardian』紙に語っています。「Facebookは10代の頃から、私の生活に重要な位置を占めていて、Facebookを中心に、多くの社会活動をしてきました」とStine Chen氏は言いました。一方で、彼女は、Facebookをやめるという努力の成果にも、喜びを感じているようで、「でも、Facebookをチェックする代わりに、ルームメイトと話す機会が必然的に増えました」と述べています。

研究者たちは、今後、長期的なFacebook使用休止の効果について調査する予定です。

これらの研究結果を見て、あなたはFacebookをやめる気になりましたか?


If You Want to Be Happier, Quit Facebook, Study Says|Inc.

JESSICA STILLMAN(訳:コニャック
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

© mediagene Inc.