• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,,  07:00 AM

意外と知らなかった、コーヒーの淹れ方6種

意外と知らなかった、コーヒーの淹れ方6種

151218mediagene_roomie.jpg


roomieより転載:普段何気なく飲んでいるコーヒー。あなたはその淹れ方をどれくらい知っていますか? 世の中には自分の知らない淹れ方があるかもしれない...。そんな方に朗報です。約1分ほどでコーヒーの主な淹れ方を数種類ほど紹介している動画を発見しました。

オレゴンモーションデザインが製作したこの動画。ポートランドのStumptown Coffee Roastersにより監修されていることから、短いにも関わらず参考になりますので、まずは一度ご覧ください。


An Instant Guide to Making Coffee from &Orange Motion Design on Vimeo.


さて、みなさんが普段コーヒーを淹れている方法は、この中にあるのでしょうか。動画で紹介されている淹れ方は全部で6種類。改めて豆の細かさと淹れるのにかかる時間、そしてそれぞれの器具のメリットとデメリットをご紹介します。


1. ポアオーバー


食塩くらい細かく挽いた豆を使用し、淹れるのに4分かかります。

ポアオーバーとは、ハンドドリップで一杯ずつ丁寧に淹れるコーヒーのことです。コーヒーの香りと風味を最大限に引き出すことができますが、一方で少しずつお湯を注ぐ必要があるので、タイミングを見計らうのが最初はなかなか難しいかもしれません。

また一度に1人分しか淹れられないので、誰かとコーヒーを飲む際には時間がかかってしまいそうですので、ひとりのリラックスタイムにおすすめです。


2. ケメックス


食塩よりも粒が少し大きいくらい細かく挽いた豆を使用し、淹れるのに4分かかります。

化学者により発明された、フラスコのような形をしているケメックス。一度にたくさんのコーヒーを淹れることができます(大きさによりますが3~6杯)。また、見た目のデザインがおしゃれで好きという人が多いのも特徴です。

ただし、1~2人分のコーヒーを淹れるのにはあまりおすすめできません。ケメックスの構造上、少ないコーヒーの粉を抽出するのが難しいです。


3. フレンチプレス


パン粉ほどの粗く挽いた豆を使用して、淹れるのに4分かかります。

フレンチプレスは、金属のフィルターでコーヒーを抽出するシンプルな器具。コーヒーの油分まで余すところなく抽出できて、コーヒー本来の味を最大限に楽しむことができます。

また一方で、網目が紙より粗いため、豆を挽きすぎるとコーヒーが粉っぽくなってしまうことがあります。紙のフィルターならば淹れ終わったあとにフィルターごと捨てられますが、フレンチプレスは粉を捨てるのと器具を洗うのに時間が少しかかってしまいます。


4. エアロプレス


食塩くらい細かく挽いた豆を使用し、淹れるのに3分かかります。

エアロプレスは空気の力を利用した、注射器のような形をしたコーヒー抽出器具です。こちらも紙のフィルターを使わないタイプですが、豆の挽き加減に関わらずコーヒーが粉っぽくなりません。ただし、一気に大量のコーヒーを淹れることには不向きです。誰でもどこでも簡単にコーヒーが楽しめる利点を活かして、旅先など持ち歩きにおすすめです。


5. バキュームポット (サイフォン)


食塩くらい細かく挽いた豆を使用し、淹れるのに6分かかります。

バキュームポットとは、別名サイフォンのこと。気圧によってお湯が移動する仕組みを持つコーヒー抽出器具のことです。コーヒーを抽出していく様子が、まるで理科室で実験をしているような気分になりワクワク感もたまりません。また、コーヒーの味が濃厚に出るのも特徴です。

器具が高額であることや、飲むまでの時間がかかることにあります。また、片付けや準備にも時間がかかってしまうため、忙しい朝にバキュームポットでコーヒーを淹れるのはちょっと大変かもしれません。


6. モカポット(マキネッタ)


粉砂糖くらい細かく挽いた豆を使用し、淹れるのに4分かかります。

モカポットは日本でマキネッタとも呼ばれている、イタリアで開発されたコーヒー抽出器具です。

コーヒー豆と水を同時にセットするため、連続して抽出するのが面倒かもしれませんが、コーヒー豆と水をセットして火にかけるだけですので、とても簡単にコーヒーを淹れることができるます。また、使用後は水洗いで片付けができるのもうれしいですね。またコーヒーが熱くなりすぎないように、火加減には要注意!

いかがでしたか? コーヒーの豆の粗さや淹れるのにかかる時間、そして器具によって淹れる方法がこんなにあります。それぞれの淹れ方のメリットやデメリットを考慮することで、みなさんが改めて自分に合ったコーヒーの淹れ方参考にしてみてください。

全部の淹れ方を当たり前のように知っているというコーヒー好きの人もいれば、まったく知らなかったという人もいるはず。気になる方法を見つけた方は、ぜひチャレンジしてみては。



An Instant Guide to Making Coffee [vimeo]
(Sunny)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.