• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,,  08:00 PM

情報技術社会を生き抜くためには、自分のコンパスを持て〜ドミニク・チェン

情報技術社会を生き抜くためには、自分のコンパスを持て〜ドミニク・チェン

1512_Dominic05_top.jpg


「ビッグデータ」「人工知能」などを活用した情報化社会のいまを読み説く本連載。今回は、情報技術の未来をテーマに、起業家で情報学研究者のドミニク・チェンさんに、わかりやすくナビゲートしてもらいました。


ドミニク・チェン/起業家・情報学研究者
1512_Dominic_prof.jpg1981年、東京都出身(フランス国籍)。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)卒業、東京大学大学院学際情報学博士号取得。メディアアートのキュレーター・リサーチャーとして活動した後、NPO法人コモンスフィア理事として新しい著作権の仕組みの普及に努める。また、株式会社ディヴィデュアルの共同創業者として「いきるためのメディア」をモットーにアプリやウェブサービスの開発・運営なども行っている。2015年度NHK「NEWS WEB」ネットナビゲーター(木曜担当)。『電脳のレリギオ:ビッグデータ社会で心をつくる』ほか、著書・訳書多数。


未来を予測するなら、自分でつくってみよう


── 技術が進化するなかで、私たちの生活に欠かせない情報化社会はこれからどうなっていくのでしょうか?

ドミニク氏:僕は未来を予測することにはあまり興味がなく、逆に「こういう未来がいい」ということを考えたり行動することにもっと時間を使いたいと思っています。その意味で、自分が望む未来のビジョンを感じ取ることは大事だと思います。この場合の未来というのは、社会全体を包むものである必要はなく、身近なものごとでも構いません。

計算機科学者でダイナブックという現代のパーソナルコンピュータの原形を構想したアラン・ケイ(Alan Curtis Kay)は、「未来を予測する最適な方法は、実際につくってしまうことだ」と語っていますが、私もアプリ開発を行っているので、これは金言だと実感しています。

実際に情報分野のものをつくってみると2つの効果があります。

1つ目は、まずつくってみることで、開発理念のどの部分がダメだったのかがわかり、次のビジョンとアイデアが生まれてくることです。

自分の経験でいえば、たとえば、私の会社では「人は常に人を必要とする」というモットーを掲げて、コミュニケーションツールを多くつくっているのですが、昨年からシャッターを押すだけで撮った写真をプライベートなグループで自動的に共有できるiPhoneとAndroid用のアプリ『Picsee( ピクシー)』を開発しています。自分に子どもが生まれ、撮った写真を家族や両親と共有する際に、個々で利用しているSNSやストレージサービスを介すのが面倒になったんですね。

プロトタイプは1時間でつくりましたが、実際に試してくれた家族や両親、友人たちから、想定外の使いづらさやこんな機能が欲しいという意見が出てきて、いくつものバージョンをつくりながら、最終的には完成までに1年半かかりました。

開発者にとっては、漠然とした想像やイメージを打ち砕くようなユーザーからの指摘を早く受けた方が、何がダメでどうすると良いのかということに気づけるのでメリットが大きいわけです。

実際、トライアルをしていくうちに「便利な写真共有」という最初のアイデアから、「このアプリでは写真を言葉のように送り合ってビジュアルなコミュニケーションができる」ことに気づきました。つまり利便性の向上だけではなく、新しいコミュニケーションスタイルの提案につながったわけです。


1512_Dominic_05_02.JPG


それがつくってみる効果の2つ目ですが、最初に思ってもみなかった価値が生まれるということです。

Apple Storeベストオブ2015に選ばれた『Picsee』は写真共有に特化したアプリですが、写真の上にコメントを書いたり、送られてきた写真の上をなぞってハートマークを送ることもできます。

テキスト情報より、画像の視覚的情報がどれだけ伝えること、訴えかけることが多いかということ。また、どうしてInstagramのようなビジュアルコミュニケーションが世の中で求められているのかということも理屈だけではなく実感をともなってわかるようになりました。逆にいうと、つくること、手を動かすことでしか本当にわかるということは起こらないという感覚があります。

つくってみることで価値の発見があり、その発見が次の技術へとつながっていく。小さい失敗をスピーディーに繰り返しながら学んだことを形にしていく、というのが情報技術の醍醐味ですが、情報社会の未来はこうした人間的な学びの繰り返しの先にあると思います。


情報に惑わされずに、自分をナビゲートするコンパスを持とう


1512_Dominic05.JPG


── 最後に、ドミニクさんは「自分のコンパスを持ちましょう」と著書や講演などで語っていますが、その意味を教えてください。

ドミニク氏:これは、MITメディアラボ所長の伊藤穣一さんが情報技術社会を生き抜くための7箇条のひとつとして「地図ではなくコンパスを持て」と挙げていることに触発されています。地図にはどこに何があるかが描いてありますが、日々技術や価値が変化している情報化社会では地図はすぐに古びてしまう。そこでコンパスがあれば、地図がなくても、行動の指針が自分でつくれる、という意味ですね。

たとえば、ニュースアグリゲーターなどの情報サービスはとても便利で有益だと思いますが、さまざまな情報が入ってくることで逆に右往左往したり、社会の流れを不必要に意識してしまうことによって、不満やストレスが溜まってしまいます。

そこで、自分はこうしたい、こうなりたいというコンパスを持っておけば、入ってくる情報を主観的な価値に応じて取捨選択できるようになるので、変化し続ける情報化社会でも迷うことがないですよね。そのためにも情報技術を絶対視するのではなく相対的にとらえて、私たちの身体こそが原初のメディアであることを忘れないのが重要かと思います。

良いコンパスをつくり上げれば、自ら何かしたくなる、つくりたくなる、向かいたくなるのだと思います。「言うが易し」で、僕自身、自分のコンパスをもっとよくしたいです。そして、より多くの人同士がお互いのコンパスをオープンに改良しあえるような情報社会がつくれたらいいな、と思いますね。




「ビッグデータ」「人工知能」など情報技術を取り巻く現況や課題について、ドミニク・チェンさんをナビゲーターにお送りした本連載は今回が最終回です。私たちが日常的に利用している情報技術は日々進化を遂げて、人工知能の脅威論が映画ではなく現実社会で語られていますが、ドミニクさんは最後に次のメッセージで締めくくってくれました。

ドミニク氏:いま人工知能はいわゆる「仕様」の段階で議論されていますが、これは突き詰めれば人間がコンピュータをどうしたいのか、ひいては人間をどうしたいのかという問題。手段としての技術をどのように使うか、仕様と実装、つまり理念と現実を踏まえながら、この両輪で議論をしていくことが重要です。

理念だけでは空虚だし、実装が先走ってしまうと危ない、というバランス感覚がいま問われているのだと考えています。


【ドミニクさんの連載記事】
ビッグデータと人工知能を理解する上で知っておくべきこと
何が起きているの? ビッグデータと人工知能のいまを語る
人工知能の脅威論を語る前に考えておくべきこと
どうする? 人工知能など高度化する情報化社会との賢い付き合い方


(香川博人)
Photo by Shutterstock.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.