• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,,,,,,  08:00 PM

人工知能の脅威論を語る前に考えておくべきこと〜ドミニク・チェン

人工知能の脅威論を語る前に考えておくべきこと〜ドミニク・チェン

1512_Dominic03_top.jpg


社会生活になかに浸透しつつある最先端の情報技術「ビッグデータ」「人工知能」の今を、起業家で情報学研究者のドミニク・チェンさんに、わかりやすくナビゲートしてもらう本連載。

今回は、社会生活でさまざまな恩恵を受けている「ビッグデータ」「人工知能」を語るなかで取り沙汰されている、人間の知能を超えてしまう脅威論の真相について聞いてみました。


ドミニク・チェン/起業家・情報学研究者
1512_Dominic_prof.jpg1981年、東京都出身(フランス国籍)。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)卒業、東京大学大学院学際情報学博士号取得。メディアアートのキュレーター・リサーチャーとして活動した後、NPO法人コモンスフィア理事として新しい著作権の仕組みの普及に努める。また、株式会社ディヴィデュアルの共同創業者として「いきるためのメディア」をモットーにアプリやウェブサービスの開発・運営なども行っている。2015年度NHK「NEWS WEB」ネットナビゲーター(木曜担当)。『電脳のレリギオ:ビッグデータ社会で心をつくる』ほか、著書・訳書多数。


人間とは何か? 進化する人工知能が問いかけている


── 前回、「ビッグデータ」「人工知能」だからこそ得られる効果があることがわかった一方で課題も見えてきました。

では、「ビッグデータ」「人工知能」は本当に人間の知能を超えてしまうのでしょうか? また、技術の進化の過程で人間は何を考えておくべきでしょうか?

ドミニク氏:ビッグデータの解析と活用の技術はすでに私たちの生活の中に浸透してきていますが、人工知能についてはまだ多くの未知の課題があるのは事実です。

そこで2つの視点から見ていきたいと思います。


1.理解せずに人工知能に委ねてしまう危機感

ドミニク氏:象徴的な話ですが、アメリカの証券取引所では、高頻度取引(High frequency trading, HFT)というアルゴリズムを利用した株式の売買が取引全体の半数以上あり、証券会社は取引所のメインコンピュータにできるだけ近い場所に自社サーバーを設置しています。どれだけ速く競合を出し抜いて、仕掛けられるか。そのようなアルゴリズムたちによる1/1000 秒を争う戦争状態になっています。

これのどこが問題かというと、何十社もの証券会社が人工知能で戦うようになった結果、市場にどのような影響を及ぼすのかアルゴリズムを書いている設計者たちでさえも読めなくなり、2010年には一瞬にして株価が大暴落して数分後に戻るという事件が起こりました。その後に検証しても正確な因果関係が見つかっていません。

これはすごくわかりやすい事例で、人工知能が問題なのではありません。株式戦争は株式の売買のパターンに反応するだけなので現時点では人間的な知性とまでは言えませんが、人間がその行動を詳細に把握できないという意味では、2045年に人工知能が人間の知性を超えるという問題に似ています。

株式にとどまらず社会全体のさまざまな問題に対して人工知能の精度が上がり信頼度が増したシステムが登場し、人間の理解を超えた決定が下されたときに、「よくわからないけど従っていた方がいいよね」となっていく可能性があるわけです。

このことに関して僕自身は、脅威論は冷静に考えた方がいいと思いつつも、その危険性は念頭においておくべきだとは思っています。


1512_Dominic03.JPG


2. 人間の思考的筋力が衰えてしまう危機感

ドミニク氏:関連してもう1つは、「ビッグデータ」「人工知能」というよりは情報技術全般に依存することで起こる人間の変化です。私たちは今日、「あれなんだっけ?」と答えを探すときに、Googleやウィキペディアなどで検索しています。人間の脳は有限なのでインターネット全体が人間社会共通のデータ保管庫になっているわけです。

すぐにアクセスできるから覚えていなくてもよいとも言えますが、逆の側面から見れば、そこに依存すればするほど、生身の人間の思考的な筋力が衰えていきます。

── この2つの視点から見えてくるものは?

ドミニク氏:こうしたトレードオフ関係というのは必ずあるものなので、新しい技術が生まれるたびに脅威論が出てくるのは必然です。しかしその上で、私たちがそろそろ決めなくて行けないことも見えてきているのではないかと考えています。

人工知能による脅威論は、「人間とは一体何なのか?」という問いを私たちに与えているということです。この問いにどのように答えを出していけるのかということが、ITがここまで普及してきた結果、大きなテーマになりつつあると思います。

社会生活の多くの部分を「ビッグデータ」や「人工知能」に任せたとしても、人間は人間たりうるのか。さらに言えば、人間が技術とともに常に変わってきたことを思えば、「人間たりうる」という時の人間の定義さえおぼつかなくなる。既に人間がコンピュータに委ねていることと、人間がまだ担えていることの境界線が曖昧になっていることが不安を呼んでいるのだと思います。




「ビッグデータ」「人工知能」をつくるのも、使うのも人間であると考えれば、ドミニクさんが語る「人間への問いを私たち自身で考えること」は素直に受け止めることができます。しかし、知らないこと、予測がつかないことに対して恐怖感を覚えてしまうのも事実です。

そこで次回は、「人間は人工知能を理解できるのか?」をテーマに、高度な情報化社会に生きる私たちが、情報技術を恐れずに使いこなすために備えておくべきことについてドミニクさんに聞きます。お楽しみに。


(香川博人)
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

© mediagene Inc.