• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,,  07:00 AM

イーロンマスクの考える気候変動対策

イーロンマスクの考える気候変動対策

151206mediagene_gizmodo.jpg


ギズモード・ジャパンより転載:ソーラーシティはもちろん、テスラもSpaceXも、みんな人類のための構想。

今パリではCOP21が開催され、世界196カ国のえらい人たちが集まって気候変動対策について議論しています。が、地球温暖化の解決策を本気で考えている人は政府だけではなく、企業の中にもたくさんいます。そしてその中でも、イーロン・マスク氏はビジョンの明確さ、実績ともに抜きん出ています。

マスク氏は12月2日、パリのパンテオン・ソルボンヌで講演し、彼の考える気候変動対策を訴えました。彼は、世界が化石燃料時代からの脱却を早めるには炭素税を使って企業のお尻を叩くのが効果的だと呼びかけています。またマスク氏は余剰な炭素を「パンチボウルの中の糞」と呼び、それがいかに急激に増え、地球の均衡を崩しているかを解説しました。



Business InsiderのMatthew deBord氏は、マスク氏にとって化石燃料からの脱却というテーマはかなり前から練られてきたものだと言っています。

マスク氏はまず、我々の交通手段を変革すべくテスラの電気自動車を開発しました。そしてそれは、ソーラーシティの太陽光発電や蓄電池のパワーウォールなど、新しいエネルギー源を市場に広めるための下地となっています。さらにSpaceXのロケットは、万一地球が本当に住めないほどの環境になったときの脱出手段になりうるのです。ちなみに彼はこれまで、火星移住のためのアイデアも実際披露しています。

テック業界のビリオネアによる温暖化対策といえば、先日ビル・ゲイツ氏とマーク・ザッカーバーグ氏、そしてジェフ・ベゾス氏というアベンジャーズみたいな面子によるクリーンエネルギー向けファンドが発表されました。

マスク氏はそこには参加していませんが、彼は単独でもすでにクリーンエネルギーの小さな王国を作りつつあるのです。彼は今年5月、すでに8億ドル(約960億円)相当分の蓄電池の予約を受けていると言っていました。発売を予定している来年、本当にそれだけのパワーウォール/パワーパックを販売できるなら、従来の電力グリッドからかなりの量のエネルギーが(希望的にはその後ずっと)シフトされます。アベンジャーズがこれから新しい研究に投資するフェーズであるのに対し、マスク氏はすでに解決策を売りだしているんです。



source: YouTube(12),Business Insider,Bloomberg

Alissa Walker-Gizmodo US[原文
(miho)
Hattanas / Shutterstock.com

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.