• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

春野ユリ春野ユリ  - ,,,,  06:00 PM

内気な人間だけにわかる14のこと

内気な人間だけにわかる14のこと

151205_shy.jpg


Dumb Little Man:内気な人間にも良いところがありますが(もちろんありますよ!)、私たちのような内気な人間にしかわからない、あまり良くない点もたくさんあります。内気な人間は、口論や醜い政治の話になるといつも安全な側にいるので、意見が失われたり聞いてもらえなかったりしますが、そのせいで、他人とつながったり理解してもらうのが難しくなっています。

心中を人に伝えるのが難しい、内気な人間のために、周囲の理解を得る助けとなる記事を書くことに決めました。以下は内気な人間にしかわからないことです。


1. 社交をしないのでお高くとまっていると思われがちです


真面目な話、これにはかなりフラストレーションを感じます。誰も面と向かっては言わないかもしれませんが、そう思われているのは明らかです。みなさん、私たちは立ち往生しているわけではありません。単に言葉にしたり、主張したりするのが難しいだけです。世捨て人、一匹狼、不愛想、何とでも好きに呼んでください。でも、お高くとまっているわけではありません。


2. 言外のコミュニケーションを好みます


何と言ったらいいかわからないとき(そしてそういうことはよくあります)、肩をすくめる、うなずく、頭を振る、ほほ笑む、など、つい簡単なやり方を選んでしまいます。こんなすばらしい、誰にでも理解を得られる言語があるというのに、なぜ言葉を話してエネルギーを浪費する必要があるのでしょうか。


3. 世間話が嫌いです


世間話は、私たちにとっては人に興味をもってもらえるかどうかわからない、役にも立たないことをぺちゃくちゃ無意味におしゃべりすることです。この考え方のせいで、周囲を世間話で「退屈させる」ことが難しくなっています。はい、はい。世間話は会話を始めるための手段でしかないとわかっていますよ。でも会話をするのは得意ではないのです。


4. 今でもママの後ろに隠れられたらと思っています


昔を思い出してみましょう。かつては、知らない人に会うのを避けることは簡単でした。見知らぬ女性に手を取られてかわいいわね、と言われたら、ママの後ろに隠れて「姿を消した」でしょう。今でも姿を消すことができたらなあと思っています。特に知らない人に会うときはそうです。新しい人と知り合って、何を言うか、どう振る舞うか、そして相手と共有しなければならない、いろんなことを知っておくのは私たちには大変すぎます。


5. いつも人の話を聞いているわけではありません


自分が話をしていないからといって、相手の話をよく聞いているというわけではありません。実際、人の話を聞くのはつらいときが多々あります。なぜならば、思考が雲の中に迷い込み、想像力が稼働しているからです。


6. 人にどう思われているかとても気にします


もしかしたらそのせいで内気な人間はますます内気になっているのかもしれません。私たちは、することや言うことが、世間に対する自分のイメージにどのように影響を与えるかを、とてもとても気にしています。

7. もう少し社交的になろうとしたことがあります


ああ、何度がんばってみたことでしょう。でも毎回まずいことをしてしまったり言ってしまったりして自分にウンザリすることになりました。


8. 人の多い場所にいると閉所恐怖症の発作が出ます


バー、クラブ、パーティ、ショッピングモール、カーニバルのような、人の多い場所には向いていません。まず、知らない人だらけだという事実があります。次に、果てしなく続く騒音があります。さらに、人がたくさんいます。


9. 教室で指されるのはこれ以上ない悪夢でした


よく知らない集団の前で、立ち上がって胸の内を話すことを強要されるのは、先生や教授や雇用主から受ける最悪の罰かもしれません。プレゼンテーションで自分が話す番がくる前に時間切れになり、「はい。これは来週やりましょう。」となるのがベストでした。


10. 長い付き合いの友人を作るのが得意です


世間話や社交のための社交には慣れていないので、一生の友を作る傾向が強いです。お互いを知るために時間を費やして、自分の内気な面の裏側を見てくれるような人たちは、数少ないですが本当に必要としている人々です。


11. テキストかメールで会話を続ける方が好みです


テクノロジーに感謝です。今では相手の目を見て話すことを(恐怖です!)回避できます。テキスト、メール、ソーシャルメディアのおかげで生きるのがずっと楽になりました。


12. ヘッドフォンは命の恩人です


会話に参加できない簡単な方法があります。人前で音楽とヘッドフォンがなかったら一体どうしたらいいのでしょう。みなさん、私たちは自分の用事をするのに忙しいのです。だからそちらもどうぞ、自分の用事をしてこちらのことは放っておいてください。だって、あなたの声が私たちには聞こえないんですから。


13. グループで勉強することの意味がわかりません


意見や情報を交換するのが嫌だからではなくて、他人と一緒にテーブルを囲んで学習するのが単に得意ではないだけです。そんな状況になったとき考えることは、洋服、髪の毛、鼻の穴のような実にバカバカしいことばかりです。

そして、意外かもしれませんが


14. 気が乗れば話せます


はい。ちゃんと話はできますよ。話したい気分になっていて、この人ならという相手に対してなら、これ以上ないほどにぎやかなおしゃべり箱みたいに、しゃべりまくることができます。あくまでも「条件」が整えばの話ですが。

そして、その場合は1対1でないと絶対にだめです。


14 Things Only Shy People Understand|Dumb Little Man

Ashleigh Everston(訳:春野ユリ)
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.