• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

itouitou  - ,,,,,  01:00 PM

検索エンジン対決:Google vs. Bing

検索エンジン対決:Google vs. Bing

20151128-google-vs-bing.jpg


Googleという言葉は、かなり前から「検索」の同義語となっています。そして、Bingは、登場するとすぐに、誰も使う人がいないものの代名詞として、皮肉なジョークのネタとなりました。しかし、信じられないかもしれませんが、この2つの検索エンジンは、実際はジョークで言われているほどの違いはありません。

以前、「BingがGoogleより優れている5つのこと」という記事を紹介しましたが、BingがGoogleと多くの面でほぼ同等になっていることを、人々はまだわかっていない気がします。もっとも、BingがGoogleより優れているかと言えば、おそらくそうではないでしょう。それでは、両者にはどれほどの違いがあるのでしょうか? 今回は2つの検索エンジンを比べて、その進化の度合いを測ってみることにしました。


選手の紹介


どちらの検索エンジンもよく知られていますが、もう一度おさらいしておきましょう。



  • Google:世界で圧倒的なシェアを持つ検索エンジンであり、1997年ごろに登場してから、スマートな検索結果表示や高度な機能、Googleプロダクトとの統合など、常に進化を続けている。2015年の2月時点で、米国の検索市場におけるGoogleのシェアは 64.5%。
  • Bing:Microsoftの最新型検索エンジンで、以前はWindows Live Search、MSN Searchと呼ばれていた。Bingは「意思決定エンジン」と位置づけられており、ページからテキストを探し出すだけでなく、現実世界の状況に合わせた検索結果を返すように設計されている。また、BingはYahoo検索にも使われており、2つを合わせると米国のインターネット検索におけるシェアは32.6%。


基本的な検索機能


20151128-google-vs-bing02.jpg


検索結果画面の外観と雰囲気に関して言えば、両サイトは本当にそっくりです。ロゴとフォントが違うくらいで、あとはほとんど見分けがつきません。以下は、私が使ってみたうえで気づいた相違点です。


  • 動画検索については、BingのほうがGoogleよりかなり優れている。これが両者の最大の相違点である(また、Bingが「ポルノ検索エンジン」と言われる由縁でもある)。Googleの動画検索が小さなサムネイルを縦に並べて表示するだけなのに対して、Bingは大きなサムネイルをグリッド状に並べて見せてくれる。また、ほかのページに飛ぶことなくBing上で再生が可能。動画によってはマウスオーバーでプレビュー再生が見られる。

  • BingのほうがGoogleよりオートコンプリートの候補をたくさん表示してくれる。Googleは4つだが、Bingは8つ表示される。オートコンプリート機能を使って代替アプリを探したり文章の穴埋め候補を表示させたりするときには便利である。
  • Googleショッピングは、Bingショッピングよりおすすめ商品を多く提案してくれるうえ、そのクオリティも概して高い。特定の製品を置いているショップを探したいときや、オンラインの最低価格を調べたいときには、GoogleのほうがBingより便利である。

  • 画像検索については、Googleのほうが操作がスムーズだが、Bingには「レイアウト」(横長、縦長の画像を検索できる)のような高度なオプションがいくつか用意されている。また、Bingの画像検索で検索語の一部をワンクリックで削除できるのはすばらしい(すべての検索でこの機能が使えればと思う)。

  • Bingは関連キーワードや関連画像を検索結果の右側に表示する。Googleはページの末尾である。どちらが好きかは人によって異なるだろう。

また、Bingは、映画の公開情報や、単位換算、地域の天気、著名人に関する情報など、Googleの「スマートな検索結果表示」の多くを取り入れています。あえて言うなら、Googleには、健康情報、映画やビデオゲームの発売日など、Bingにないものがいくつかあります。ただし、フライト情報検索はBingのほうが優秀です。Bingはチケット価格のアップダウン予測まで教えてくれます。


高度な機能


20151128-google-vs-bing03.jpg


驚くべきことに、検索演算子の高度さに関して言えば、2つの検索エンジンはほぼ同等です。構文が多少違いますが(GoogleBing)には共通するものもたくさんあります。とはいえ、Bingにしかないもの(以下)をのぞけば、Googleのほうが数も多く、便利な演算子がそろっています。

  • contains:指定した種類のファイル(PDFなど)を含むページを検索できる。Googleでは、PDFファイルへの直接リンクが表示されるだけだが、Bingでは、PDFファイルを含むページを検索結果に表示してくれる。こちらのほうが便利である。
  • linkfromdomain:指定したサイトからリンクされている、もっともページランクが高いページを表示する。
  • feed:特定のテーマに関連するRSSフィードを検索する。

Googleは、画像で検索、インスタント検索(入力された文字や単語から検索キーワードを予測して検索候補を表示する)、音声で検索(マイクを使用して検索キーワードを入力できる)などの便利な検索オプションが標準で使えるほか、Gmail、Google Now、GoogleコンタクトなどのGoogleサービスとも連携します。Googleサービスをよく使う人は、Google検索から離れる気にはなれないでしょう。

Bingリワードも要チェックです。このサービスに登録すると、Bingで検索するたびにポイントが加算され、Amazon、Starbucks、GameStopのギフトカードと交換したり、チャリティーに寄付したりできます。

最後に、地味だけど興味深いポイントを1つ。Googleのサイト指定検索では、検索結果にナレッジグラフが表示されませんが、Bingでは表示されます。


検索結果のクオリティ


20151128-google-vs-bing04.jpg


なんと言っても重要なのは、検索結果そのもののクオリティです。探したい情報が見つからない検索エンジンなんて、付加機能がいくら充実していても意味はありません。

基本的な検索について言えば、どちらのエンジンも(検索結果は異なるとはいえ)おおむね欲しかった情報を探してくれるようです。Bingのほうが良い結果が出る検索キーワードもあれば、Googleのほうが優れた結果を返す検索キーワードもありました。とはいえ、どちらもそれほどひどい検索結果を返すことはなく、大きな違いは見られませんでした。もっとも私は、少しの差とはいえ、Bingのほうが良い仕事をする場合があることに驚きを感じました。

とはいえ、かなり特殊な情報、たとえば、「Project64 マリオカート 速すぎる」などの技術的な問題を調べたいときには、明らかな違いを感じました。このように、膨大な数のフォーラムやブログから答えを見つけ出さねばならない場合は、Googleのほうが良い情報をわかりやすく表示してくれます。調べたい情報が特殊であればあるほど、Googleに分があるでしょう。


勝者:Google(僅差で)


Googleのほうが優れた検索エンジンだと聞かされても、いまさら驚く人はいないでしょう。Googleは歴史も長く、圧倒的なシェアを持ち、常に進化を続けています。むしろ私は、2つの検索エンジンが機能面でこれほど似ていることに驚いています。

動画検索など、Bingのほうが優れている面もいくつかあります。とはいえ、Bingがたまに良い結果を返してくれることがあっても、Googleの、インターネットの奥の奥からお目当ての情報を探し出してくる能力は本当にすばらしいです。まとめますと、かなり僅差ではありますが、やはりGoogleがベストな検索エンジンであることに変わりはありませんでした。


Whitson Gordon(原文/訳:伊藤貴之)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.