• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,,,,,,,  08:00 PM

洋楽で英語を勉強したいなら『Polyglots』はどう? Apple Musicから英詞を簡単に取り込めるよ

洋楽で英語を勉強したいなら『Polyglots』はどう? Apple Musicから英詞を簡単に取り込めるよ

151105polyglots4.jpg


挫折せずに英語を勉強するためには、自分の興味・関心を窓口にすることが大切です。国際交流・読書など、さまざまな切り口が考えられますが、「洋楽の歌詞で英語を勉強したい!」という人もいますよね。好きな曲を何度も聴きながら翻訳していくと、ただ聴いているときには気づかなかった意味に気づけるなど、その曲を深く味わうこともできるので、かなり中毒性があります。自然と英語学習を継続できてしまうでしょう。

英語学習アプリの『Polyglots』には「Apple Musicから英詞を取り込んで学習教材にできる機能」があります。ワンタッチで歌詞を登録できて使いやすく、洋楽派におすすめです。今回は、「『Polyglots』で英詞を学習教材にする方法」をご紹介します。


曲の取り込み方


まず、Apple Musicの登録を済ませ、利用したい曲をスマートフォンでいつでも聴ける状態にする必要があります。やり方はこちらからどうぞ。洋楽を広くカバーしているので、Apple Music自体も洋楽好きにはおすすめです

  1. 『Polyglots』を起動し、[Reading]>[My Music]を選択する。
  2. My Musicに保存されているアルバムが表示されるので、学習に利用したい曲を選択。
  3. 英詞が表示されるので、曲を聴きながら歌詞を読んでみる。


151105polyglots3.jpg

(左)英語の歌詞を取り込んだところ。(右)内蔵辞書を使って読みすすめているところ。


英詞が表示されている画面で右下の[JP]をクリックすると、ほかのユーザーが翻訳した歌詞が表示されます。歌詞1行単位で翻訳することができるようになっており、選択すれば翻訳画面に進めます。


151105polyglots2.jpg

(左)ほかのユーザーが翻訳した歌詞を表示したところ。(右)歌詞をクリックすると、今までに登録されたすべての歌詞を確認することができます。


翻訳には「いいね!」をつけることができます。複数の翻訳がある場合は、「いいね!」の数が一番多いものが最初に表示されるようになるので、友だちと課題曲を選んでプチ翻訳コンテストを開くこともできますね。

ただ、Apple Musicに歌詞が登録されていない場合は取り込むことができません。どんどん対応が進むはずなので、そこは少し我慢しましょう。

ちなみに、『Polyglots』では、さまざまな海外メディアの英文記事を読むこともできます。米Lifehackerの記事も配信されているので、リーディングを強化したいという方はそちらも試してみてくださいね。


(神山拓生)
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.