• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,,,  09:00 AM

最新モデルで賢くなった「ルンバ」生みの親に、スマートホームの未来像を聞いてみた

最新モデルで賢くなった「ルンバ」生みの親に、スマートホームの未来像を聞いてみた

151126roombas_creator2.jpg


Popular Science:2002年、コリン・アングル氏の率いるアイロボット社は、ロボット掃除機「ルンバ」を私たちの家庭に送り込みました。以来ずっと、彼らは素晴らしい働きぶりでホコリを吸い込んでくれています。最新モデルの「ルンバ980」では、その性能はさらに向上し、フロアマップを自動で作成できるようになりました。さらに進化させていけば、将来のモデルでは、あなたの専属「執事」として家の中を自在に動き回り、面倒な仕事を今まで以上に引き受けてくれるようになるかもしれないのだとか。そのベースにあるテクノロジーはどのような仕組みなのでしょうか? アングル氏が『Popular Science』誌に語っています。


コリン・アングル氏
1990年、同じMIT(マサチューセッツ工科大学)人工知能研究室出身の、ロドニー・ブルックス、ヘレン・グレイナーと共にアイロボット社を設立。1997年には、コリン・アングルと彼のチームがNASAの依頼により火星探査ロボットをデザイン。その功績により、"NASA GROUP Achievement Award"を受賞。その後、アイロボット社は、家庭用ロボットと政府用ロボットという成長し続けるロボット産業において、「ルンバ」「パックボット」など、数々の実用的なロボットを生み出し、大ヒット。世界的規模の企業へと成長しました。

── ルンバはどのようにマップを作成するのでしょう?

コリン・アングル氏:ルンバは掃除機ですから、行けるところにはどこでも行くというのが彼らの使命です。家の中をあちこち移動しながら、ルンバは光学センサーとソフトウェアを使ってその経路を記録します。「ここには何もないな、ここには何かあるぞ」とか考えているわけです。こうしてルンバはマップを作成し、間取りを理解します。このマップを基にプラットフォームを構築し、携帯電話のデータも活用すれば、家族ひとりひとりを家の中で追跡できるようになります。たとえば、ご主人がどこにいるのかを把握して、その居場所に合ったインテリジェントなタスクを、家に実行させる。そんなことも可能になるかもしれないのです。

── たとえばどんなタスクを?

コリン・アングル氏:人の動きを追跡できたら、今度はその意図を抽出します。たとえば、誰かがリビングルームにいるときは、テレビが見たいのかもしれませんね? それなら、テレビをつけてあげる、お気に入りのチャンネル3つの中から選んでもらう、その人が部屋を離れたらテレビを消してあげる、などのことができるはずです。

── では、この技術はどんな風に、未来のスマートホームにつながっていくのでしょう?

コリン・アングル氏:家の中のモノについての3D情報をさらに追加し、マップの精度を上げていけば、常に整理整頓されているように家全体をプログラムすることも夢物語ではありません。ゴミ箱もオモチャも雑誌も、すべてあるべき場所にキープしておくのです。私はロボットを執事のような存在として思い描いています。掃除したり、決まった場所にモノを置いたりを手伝ってくれる執事です。日中には警備を行い、何かこぼれていないか探してくれます。ユーザーが帰宅すればインタラクションもできますが、させなくても構いません。

── というと?

コリン・アングル氏:プライバシーがほしいときには、この執事を遠ざけられるのです。私が考えるスマートホームは、ほかの人たちが想像するようなものではありません。『スタートレック』シリーズの宇宙船「エンタープライズ」のインターフェイスは全知全能で、中で起こることを常に監視していましたが、そういうものとは違います。そのようなアイデアの実現には多額の費用が必要ですし、プライバシーの概念があいまいになってしまいます。私が構想しているのは、ユーザーのそばにいるかいないかが、はっきり目に見える形でわかるものです。ロボットがそばにいないときには、ユーザーはプライバシーを得られます。

── コンパニオン・ロボットみたいですね。

コリン・アングル氏:そのようにも使えるでしょう。今でももう、ルンバを擬人化して名前をつけるのが流行っています。我が家のメインフロア担当のルンバは「ロズウェル」です。我が家のプードルの「ダフネ」は最初、ロズウェルのことをとても怪しんでいて、やたらとロズウェルのサイドブラシを追いかけようとしていました。でも、すぐに良好な関係を築いて、今では、ダフネがロズウェルとつるんでいるところをよく見かけますよ。何かが起きるのを期待しているんでしょうね。


How iRobot Could Control Your Smart Home And Become Your Butler | Popular Science

Lindsey Kratochwill(訳:阪本博希、江藤千夏/ガリレオ)
Photo: アイロボット ルンバ.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.