• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

印南敦史  - ,,,  06:30 AM

TEDから学ぶプレゼンのコツ

TEDから学ぶプレゼンのコツ

151125book_to_read.JPG


ご存知のとおりTED(Technology Entertainment Design)とは、毎年、大規模な世界レベルの講演会を主催している非営利団体。そしてTEDが主催する講演会が、「TED Conference(テド・カンファレンス)です。これまでにビル・ゲイツ、アル・ゴア、ボノ、ジェームス・キャメロン、シェリル・サンドバーグら、世界の著名人がプレゼンを披露してきたことでも有名です。

プレゼンコーチの専門家による著作『TEDに学ぶ最強のプレゼン術』(アカッシュ・カリア著、月沢李歌子訳、SB文庫)は、過去にTED Conferenceで開催されてきた数々のプレゼンを分析し、そのテクニックを解き明かしたもの。

私はTEDトークで成功するための共通要素を見つけ出そうと、すぐれたプレゼンテーションから200以上を詳細に分析し、研究した。本書はその成果である。(中略)本書で示す原則は、ベストセラー作家であるチップ・ハースとダン・ハースによる著書『アイデアのちから』(日経BP社)にもとづいたものである。(「序 プレゼンテーションで成功するために」より)

こう語る著者によれば、ハース兄弟は同書のなかで、記憶に残るメッセージをつくり出すための6つの原則を紹介しているのだそうです。その原則とは、「シンプルであること」「意外性」「具体性」「信頼性」「感情」「ストーリー」。きょうはそのなかから「シンプルであること」に焦点を当て、いくつかを引き出してみたいと思います。



プレゼンテーションで成功するための法則


TEDトークで成功するプレゼンテーションを行うための最初のステップは、「心から伝えたい」と思うメッセージを伝えること。もし18分間を与えられ、その時間内で世界に対してメッセージを送るとしたとき、「そこでなにを訴えたいのか」ということ。他の人にとっての力になるストーリーがあるなら、それを語るのは義務であるとすら著者は断言しています。

なお、それでもストーリーやメッセージが見つからない人は、こう自問してみるといいそうです。

「自分自身を大きく変えた体験で、他の人の参考になることはないだろうか?」
「私が持っている知識で、他の人の役に立つのはなんだろうか?」
「もし、今日、死ぬとしたら、息子や娘や甥や姪に、生きることについてどんなメッセージを残したいだろうか?」
(18ページより)

テーマはなんでもOKですが、どんなテーマであったとしても共通点があるといいます。それは、「話し手が世界に対して、自分の知恵や経験を伝えている」ということ。大切なのは、自分を突き動かすものをメッセージとして伝えること。つくり笑いをすることも、身ぶりや手ぶりを練習する必要もなし。熱い思いに導かれるままに語ればいいというわけです。

そしてメッセージを見つけるのは、自分自身の心の内を探ること。大切なのは、聞き手に伝えたいストーリーや体験を、コアメッセージに凝縮すること。そこで著者は、次の質問に10語(日本語だと50字程度)で答えてみてほしいといいます。

聞き手が他のことをすべて忘れてしまっても、1つだけおぼえておいてもらいたいものはなんだろうか。(19ページより)

コアメッセージを見つけるのは、優先順位をつける作業でもあると著者。話したいことがたくさんあっても、不要なものをすべて削ぎ落とすことが大切。なお、コアメッセージを見つけ、文章にしてみることには次の2つの利点があるそうです。

・なにを残し、なにを捨てるかを決める助けとなる。エピソードも、統計値も図表も、コアメッセージを説明するものだけを使う。そうでなければ、別のスピーチのためにとっておく。
・聞き手がプレゼンテーションを理解し、忘れずにいる助けとなる。不要なものをそぎ落とせば、プレゼンテーションは焦点が絞られ、シンプルでわかりやすくなる。

とことんまで凝縮すれば、自身の主張が伝わりやすくなるという考え方です。(17ページより)


パワーフレーズを繰り返す


プレゼンテーションが終わったとき、聞き手は内容の20パーセントを忘れているそうです。さらに次の日には50パーセント、4日後には80パーセントを忘れるのだとか。残念な話ですが、そんなものかもしれません。だとすれば、プレゼンテーションを記憶に残すためには、どうすればいいのでしょうか?

この問いに対して著者は、「コアメッセージを心に残るフレーズにし、プレゼンテーションの間に繰り返せば、聞き手はそれを記憶し、何度も口にすることになる」と主張しています。つまりそのフレーズが、パワーフレーズと呼ばれるもの。パワーフレーズは10語(日本語だと50字程度)以内に収めるのがポイント。なぜならそれ以上長いと、おぼえるのが難しくなるからだといいます。

では次に、心に残るパワーフレーズをつくるためのテクニックをご紹介します。


対比

対比によって、おぼえやすいパワーフレーズをつくるという発想。2つの異なるものを並べ、記憶に残るフレーズにするというわけです。例を見てみましょう。

私たちがもっとも恐れるのは、自分の闇ではなく、光である。
(マリアン・ウィリアムソン)

誰を勘定に入れ、誰を勘定からはずすか。
(レス・ブラウン)

間違ったことはもうやめるべきです。より甘いアメで釣ろうとしたり、より鋭いムチで脅かしたりするべきではありません。まったく新しいやり方が必要なのです。
(ダニエル・ピンク)

人は"なに"ではなく"なぜ"に動かされるのです。
(サイモン・シネック)


交差対句法

交差対句法は、関連する2つの節の構造を反転させる修辞技法。

国があなたのためになにができるかを問うのではなく、あなたが国のためになにができるかを問うのです。
(ジョン・F・ケネディ)

私たちが世界の人々を引きつけてきたのは強い力を示したからではなく、力強さの模範を示してきたからです。
(ビル・クリントン)


押韻

社会心理学者のロバート・チャルディーニは、著書『影響力の武器 実践編「イエス!」を引き出す50の秘訣』(誠信書房)のなかで、「韻は影響力を増大させる」と述べているそうです。聞き手は韻を踏んでいない言葉よりも、踏んだ言葉を信じるもの。また、韻を踏んだ言葉にはおぼえやすいというメリットも。

信用は重要。
(Trust is a must.)
(ライアン・エイブリー、2012年トーストマスターズ世界大会優勝者)

思い描き信じられることは、すべて実現可能である。
(What the mind of man can conceive and believe, it can achieve.)
(ナポレオン・ヒル)


頭韻法

連続する語のはじまりの音を揃えるのが頭韻法。

私には夢がある。私の4人の幼い子どもたちが、いつの日か肌の色ではなく人格そのものによって評価される国に住めるようになるという夢がある。
(I have a dream that my four little children will one day live in a nation where they will not be judged by the color of their skin, but by the content of their character.)

夢見ることができれば、実現することができる。
(If you can dream it, you can do it.)
(以上24ページより)




これらに明らかなとおり、本書は「TEDでいかに効果的なプレゼンテーションを実現するか」という視点から書かれています。が、いうまでもなく、TEDのみならずさまざまなプレゼンテーションにも応用できるはず。そこに本書の意義があります。「伝え方」の精度を高めたい方は、手にとってみてください。


(印南敦史)

  • ,,,, - By

    友清哲

    LIKE

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    Sponsored

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    商品名を明かさずに100万本を無料配布するという、あまりにも大胆なキャンペーンが話題を集めた新しい「KIRIN FIRE」。 キャンペーン期間中、 中身を知らずに飲んだ人々の感想が、「#ジャッジしてみた」というハッシュタグとともにネット上に拡散していたことを、覚えている人も多いのではないでしょうか。 9月14日より、全国7都市で「100万本シークレットサンプリング」が行われました。 培ってきたブ  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.