• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,,,,,  09:00 AM

整然としていて明るいのがベスト?クリエイティブなオフィス作りに欠かせない3つの要素

整然としていて明るいのがベスト?クリエイティブなオフィス作りに欠かせない3つの要素

151124office_creative_tips.jpg


マサチューセッツ州ケンブリッジにあるHubSpotの120,000平方フィートの本社は、かつては家具工場でした。ソフトウェア会社の785人の社員は、それぞれがかなり異なる仕事をしていますが、COOのJD Shermanがこの場所をオフィスとしてリノベーションすることに決めたとき、社員の創造性を刺激するようなオフィスにしたいと思いました。

できあがったオフィスには、暖炉、レストランスのようなブース、スタンディングデスクとスツールのある共用ワークスペース、昼寝のためのハンモックルームなどがあります。無いのは、ShermanとCEOであるBrian Halliganのオフィスです(デスクすらありません)。

役員たちは、社員とすぐに会話ができる新しい共用エリアで、好んで仕事をしています。Shermanは「そこで最大のインスピレーションが起こった」と言います。また、これまでは協力し合うことのなかった社員同士が、コラボレーションしやすいデザインになっています。「キッチンを通る度に、違う部署の社員が互いに今どんな仕事をしているのか、どうすれば助け合えるかを話している」とShermanは言っています。

HubSpotは、間違いなく正しい決断をしたと言えるでしょう。2014年の収益は1億1,590万ドルで、2013年の収益から49%アップしています。当然ながら、このように環境を変えることでうまくいく会社ばかりではありません。しかし、社員にもっとクリエイティブに考えるよう促すオフィスをつくりたいのであれば、おすすめがいくつかあります。


緑を増やす(文字通り)


外が見えるようにしたり、植物のプランターや植木鉢を置いたり、木の梁が目につくようにしたり、自然の景色を描いたアートを置くなど、自然の要素を少し取り入れることで、回復力が上がり、心が休まって充電できると、環境心理学者であり、シカゴのコンサルティング会社Design With Science社長のSally Augustinは言います。

特に緑色はクリエイティブ思考を促し、人をリラックスした気分にさせることが、科学的にも証明されています。青色は心が落ち着き、赤色は分析的思考に関連があると言われてきました。またAugustinは、開閉できる窓や、自然が目に入る窓があり、天井が約3メートル以上のオフィスを探した方がいい、とクライアントにアドバイスしています。天井が低いと圧迫感があり、天井が高過ぎるのは格式張ったような気分になります。

サンフランシスコのソフトウェア会社Zendeskは、屋内を微妙に屋外的な雰囲気にしようとしています。社内は窓際に席があり、明るい色の木の梁が通っており、アクセントカラーに緑が塗られており、2階分の壁がコケに覆われています。ZendeskのCCOのToke Nygaardは「あまりにもきれい過ぎる職場だったので、少し柔らかい雰囲気にするのに有機的なものが必要だったのだ」と言っています。


目的別にスペースをもうける


おそらく社員は、仕事と昼食と電話と長引く会議を、同じ場所でやりたくないはずです。ですから、食事のため、会議のため、仕事に集中するための場所をそれぞれつくりましょう、とAirbnbやSoundCloudやCouchSurfingのオフィスデザインを手がけた、カリフォルニアのデザイナーKelly Robinsonは言っています。また、Robinsonは、真ん中に大きなスペースを設けたり、他の人の仕事の邪魔にならずに会話ができるような小さな隠れ家的スペースをつくるのも、自然発生的に会議が始めるので勧めています。

ボストンのIA Interior Architectsの社長で、HubSpotの新しいオフィスを手がけたReetika Vijayは、携帯電話禁止のライブラリーなど静かに仕事ができる場所と、電話用のブース、静かな部屋を絶対に入れます。ワイワイと大きな声で話をするために、HubSpotのロビーには大きくて快適なブースを設け、テーブルのあるカフェも隣接しています。また、ソファと小さなテーブルをたくさん設置し、即興の打ち合わせのためにスタンディングテーブルの部屋も設けました。


社員に管理させる


社員が、好きな写真を飾ったり、自分の作業スペースをカスタマイズするのを認めると、仕事のパフォーマンスにかなり違いが表れる、とAugustinは言います。職場の心理学を研究しているイギリスの研究者Craig Knightは「自分のスペースに自分で手を入れられるようにすると、社員はより幸せで快適に感じ、生産性も創造性も高まる」と言っています。

コロラド州ボルダーにあるRally Softwareは、2013年に本社をデザインするときに、このやり方を採用しました。社内のネットワークケーブルが隠された天井にはレールが設置してあり、社員は必要に応じていつでも壁やホワイトボードを動かすことができます。多くの人を刺激する創造的なソリューションです。


相反する要素


創造的になるということに関してよく話題になる、2つの相反する要素について見てみましょう。


暗い vs. 明るい

環境心理学者のSally Augustinは「暗いオフィスは誰も落ち着かない」と言います。したがって、オフィスは明るくした方がいいということです。

しかし、決断を急いではいけません。2013年の「環境心理学ジャーナル」に載っていた研究によると、暗い部屋では、自由や自己決定の感覚が生じたり、抑制される感覚が減るので、イノベーションのひらめきを得るということが証明されています。4つのクリエイティブな問題を抱えた114人のドイツ人を対象にした研究で、暗い部屋にいた人の方が、イルミネーションでギラギラした部屋にいる人よりも、驚くほど多くの問題を解決できたのです。

オフィスデザイナーのKelly Robinsonによる妥協案は、1人で考えたり振り返ったりするときの作業部屋や会議室は暗めの証明にし、共同で作業をしたり、エネルギッシュな雰囲気で仕事をするスペースは明るい自然光でいっぱいにする、というものです。


雑然 vs. 整然

ほとんどのデザイン専門家は、創造性を促進するには整然としていた方がいいと言います。「雑然とした状態は混沌です」とRobinsonは言います。しかし、そのような混沌がひらめきを生むという研究もあります。ミネソタ大学の科学者Kathleen Vohsは、散らかった部屋にいた人は、片付いた部屋にいた人よりも、ピンポン球の新しい使い方のアイデアをより多く思いついたと証明しています。

また、コロンビア大学ビジネススクール教授であり、『A Perfect Mess: The Hidden Benefits of Disorder』の共同執筆者でもあるEric Abrahamsonは、散らかった机では別々のアイデアが新しい方法でつながるなど、雑然とした状態の良さを賞賛しています。整理整頓されていると、通常そのようなアイデアは別れたままです。「人間は、散らかっていると罪悪感を感じる傾向にあります。しかし、研究では創造性と乱雑さは関連があることが証明されています」とAbrahamsonは言っています。


3 Office Creativity Tips You've Got to Try|Inc.

Jennifer Alsever(訳:的野裕子)
Photo by Shutterstock.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.