• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,,,,,,,  10:00 PM

2015年にAppleが行った、もっとも革新的な7つのこと

2015年にAppleが行った、もっとも革新的な7つのこと

151125apple_innovation.jpg


Inc.:Q&Aコミュニティサイト「Quora」で、「今年のAppleのもっとも革新的な変化や商品といえば?」という質問がされていました。仕事でAppleと関わって12年(Apple勤務歴含む)のMichael Vogel氏が、それに対して以下のように回答しました。


イノベーションという観点では、2015年はAppleにとって素晴らしい年でした。その中には、一目瞭然なものから影で実力を発揮するものなど、いろいろありました。

  1. 3D Touchはすごい商品でした。ユーザーインターフェースとしては、iPhoneのオリジナルタッチスクリーンが登場して以来最大のイノベーションであると言えるでしょう。3年もすれば、3D Touchのような機能がないタッチスクリーンでの操作は、ひどくぎこちなく感じるようになると断言できます。この機能の発展により、より多くのフィードバックもまた可能になり、いずれiPadスクリーンで行う文字入力が、まるで本物のキーボードを打っているように感じられる日が来ることすら想像に難くありません。
  2. Apple TV(第4世代)は数年来のユーザーの期待に応える製品でした。表面的には競合と同等の製品でしかないように見えますが、強力なハードとたくさんのアプリ開発業者により、Apple TVは最終的にAppleのスター商品になることは間違いないでしょう。Apple TV Remoteは使い心地がなんとも自然で、もはやほかのものは使えないと思わされた最初のAppleの遠隔デバイスです。
  3. 人によってはiPad Proがあればノートパソコンの代替になるかもしれない。Appleはそんなタブレットを作っています。取り付け可能なキーボードにApple Pencil、より大型のディスプレイに加えダイナミックステレオなどのオプション品があれば、iPad ProはiPadの売り上げを大幅に引き上げることが可能です。何よりも大事なのは、iPad Proはタブレットを単純な消費装置から理想の創作ツールに変えることができるという点です。
  4. Macbookは、新バッテリー技術、ディスプレイ、ケース本体、そしてあり得ないほど軽く薄いパネルなど、Appleのデザイン力や技術力を示すイノベーションにあふれています。新しいトラックパッドやキーボードなども、これらの分野では近年みられなかった大きな変化です。
  5. 2014年に発表され、2015年に発売されたApple Watchなどはわかりやすいイノベーションです。これはウェアラブルデバイスのマーケットに火をつけたアイテムです。新しいiPhoneでもiPadでもなくApple Watchが、縮小しているiPodの穴を埋め、さらにAppleの商品ラインナップの支柱となるポテンシャルを秘めたアイテムなのです。2010年のiPad発売以来、Appleが初めて開発した新しい商品カテゴリーなのです。
  6. A9 SoCはメディアの注目を集めていないものの、Appleがどれだけ先を行っているかを示すいい例です。A9は競合をあまりにも突き放してしまっており、ほかのスマホのチップではなく、Intelのチップと比較されるほどです。AppleのA9およびそのほかのチップの詳細はあまり明らかにされていませんが、AnAndTechのようなレビュアーが、Appleの先進性を示してくれます。
  7. Appleのエコシステムも2015年に飛躍的に成長しました。目立った商品や変化としてはみられませんが、間違いなくAppleの中でももっとも重要なイノベーションの1つです。多くの人々が元のAppleがどのような会社であったかを忘れ、Appleを単一プロダクトの会社あるいは携帯会社と呼ぶようになってきています。Appleは事実上プロダクトの販売を止め、経験やエコシステムを販売するようになりました。Apple Watch、iPad、iPhone、Apple TV、そしてこれらのデバイス上で走るサービスは今までになく密接につながっているため、エンドユーザーは1個以上の製品を購入することとなり、二度とApple製品から離れないことでしょう。Appleがグローバルな成長をみせるにつれエコシステムも強固なものとなり、新規カテゴリーの商品の発売はさらにこれを加速させます。新商品の開発が、どれだけAppleにゆとりをもたらすかは、誇張してもしすぎることはありません。発売が遅れることも、発売初期に問題が露呈したり、機能が不十分だったりもしますが、プロダクトとサービスが上手に結びついていることがAppleにとてつもない利点をもたらしています。2015年はこれをより強固にした1年でした。



7 of the Most Innovative Things Apple Has Done in 2015 | Inc.

Quora(訳:コニャック
Photo by Mahod84/Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.