• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,,  01:00 PM

良い食習慣を身につけるために食環境を整えよう

良い食習慣を身につけるために食環境を整えよう

151120_better.jpg


目についたものを片っ端から頰張って「私のはシー(見る)フード・ダイエットなの」なんて冗談を飛ばしている人もいるかもしれませんが、これは、食習慣とあながち無関係とは言い切れないようです。

とある研究で、遠い昔から保健の専門家たちがこんこんと説教してきた「当たり前なこと」が立証されました。それは、ごく身近な環境に置いている食べ物の種類によって、食の傾向や食行動が左右される、ということです。


まあ、これはあっと驚くような「ライフハック」と言えるようなものではないのですが、とても面白い研究ですのでご紹介します。

学術誌『Health Education & Behavior』に発表されたこの研究は予備調査的なもので、自宅での食行動と、それに対してBMIがどのように関連しているかを明らかにしようとするものでした。まず初めに、オンライン調査で500家庭からキッチンに関するデータを集めています。カウンターにどんな食べ物が置かれているのかを調べ、さらに家族の身長・体重データも集めました。具体的には、クッキー、キャンディ、シリアルなどの加工食品、果物カゴ、トースター、ミキサーについて、カウンター上にあるかどうかを答えてもらいました。この第1段階の調査のあと、実際に約300の家庭に出向き観察を行いました。

そこでわかったことは、カゴいっぱいの果物など、ヘルシーな食べ物をカウンターに置いている家庭は、そうでないところよりも平均して13ポンド(約5.9kg)も体重が軽かったのです。しかも、甘いシリアルやソーダなどが丸見えになっている家では、これらを見えないところにしまっている家庭よりも、体重が重いという相関関係がありました。

先ほど、この研究は予備的なものだと書きましたが、というのも、調査世帯数が少なく同じ地域から抽出しているのに加え、500家庭によるオンライン調査は体重や身長も含め、自己申告によるデータだからです。つまり、この研究は思いつきとしては面白いのですが、なにもかも鵜呑みにするわけにはいきません。まだまだ詳しい研究が必要です。ただ果物のカゴを置きさえすれば、「ほら! BMIが下がった!」なんて単純に行くわけがありません。

この研究は、ヘルシーな食べ物を選ぶとダイエットが成功するだろうという、すでにそこらに転がっている説を塗りなおしただけにすぎません。でもがっかりしないでくださいね。この研究を行った人は、こう書いています。

本研究から言えるのは、キッチンからある種の食べ物を完全に排除してしまうのではなく、ヘルシーなものを選んで食べられるように、食べ物の置き場所を考えましょうということです。たまの楽しみのために、キッチンにごちそうを置いておいても良いのです。ただし、見えない場所に置いてください。おやつは戸棚の中に置くとか、クッキーをやめて果物カゴを置くといったルールを守るのは簡単でしょう?


Stephanie Lee(原文/訳:コニャック
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.