• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,  10:00 PM

ジムトレーニングのウェイトを重くするタイミングの見極め方

ジムトレーニングのウェイトを重くするタイミングの見極め方

151119heavier_weights_gym.jpg


ジムでウェイトトレーニングをする人には2種類のタイプがあります。重すぎるウェイトに挑戦して体を痛めてしまう人と、ウェイトを上げるのをためらっていて、十分にトレーニングできていない人の2種類です。後者は、より重いウェイトに挑戦するタイミングがわからないのでしょう。


より重いウェイトを上げられるなら、それは進歩の証です。挑戦することで、ジムでのウェイトトレーニングに対するやる気とモチベーションを保つことができるはずです。モチベーションが維持できなければ、そこで成長も止まってしまうことでしょう。しかし、あまりに早く重いウェイトに挑戦すると、体を痛めるリスクがあります。健康関連のメディアである「Greatist」のエキスパートたちは、ウェイトを重くする適切なタイミングについて、次のように述べています。

スポーツジムである「Bandana Training」のCEO、Rob Sulaverによれば、ウェイトを上げるスピードと、セットを終了したあとの自分の状態を観察するといいそうです。これらは、もっと重いウェイトに挑戦していいかどうかの指標になるとのこと。「もし、最後の数回のスピードが遅くなり、体に負担がかかって汗をかいたり息が切れていたら、その重さのウェイトが適切だということです。もし最後の数回を簡単に通常のスピードでこなすことができたのなら、おそらくもっと重いウェイトに進んでみていいでしょう」と彼は述べています。

確かに、前の週よりも重いウェイトを上げられると、何だか自分が強くなったような気がします。しかし、ウェイトの重さにこだわりすぎないように注意したほうがよさそうです。もし体を痛めてしまったら、せっかく体を鍛えた意味もなくなってしまいます。継続的に筋力をつけたいのなら、毎週ウェイトを重くし続けるようなことを考えてはいけません。 小さな1歩の積み重ねが重要なのです。


Here's How to Tell When You Should Lift Heavier Weights | Greatist

Stephanie Lee(訳:コニャック

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.