• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,,  09:00 PM

職場の汚い物トップ3:もっと頻繁に掃除したほうがいいみたいですね

職場の汚い物トップ3:もっと頻繁に掃除したほうがいいみたいですね

151116dirtiest_workplace_objects.jpg


MakeUseOf:これらに触ったあと、手を洗っていますか? こんなに汚いと知っていましたか? 今回は、職場にある汚い物トップ3をご紹介します。


1. スマホ

スマホなどのデバイスは、細菌が繁殖するのに格好の場です。私達は1日じゅうスマホに触っていますが、スマホ自体を掃除することはあまりありません。(掃除をしても、実はあまり満足に掃除できていないのです)そしてスマホは常に、温度が高く、暗く、湿度の高いポケットの中に入っているのです。

2013年の消費者情報サイトの「Which?」が行った研究では、次のように結論づけられています。

汚れたタブレットを綿棒で擦ると、その綿棒には600単位もの黄色ブドウ球菌が潜んでいました。これは重篤な胃腸炎を引き起こす可能性のある数です。

この数字がどれだけ汚いかについて英国健康保護庁は、20単位から1万単位の黄色ブドウ球菌が検出されると、感染を引き起こすリスクになる、と説明しています。 比較として挙げると、一般的なトイレの便座から検出される黄色ブドウ球菌の数は20単位以下だそうです。


2. キーボードとマウス


キーボードとマウスはスマホほど汚くはありませんが、それでも汚さは相当なものです。不思議なのは、キーボードやマウスが汚いというのはよく聞く話なのに、日頃から掃除をしているという人はどれくらいいるのでしょうか? あまりいないのは確かだと思いますが。

2012年のKimberly-Clark社が行った研究では、次のように結論づけられています。

特定の細菌が検出されたわけではありませんが、汚れたキーボードやマウスは細菌が繁殖するのにうってつけの場所になります。この研究では、キーボードの69%、マウスの51%は「もっときれいにすべき」状態だったそうです。


3. 職場のデスクの上


どのくらいの頻度で職場のデスクを掃除していますか?掃除をするにしても「徹底的に大そうじ」でなく、「スプレーをかけてささっと拭くだけ」でしょう。ほとんどの人は、家の仕事場の消毒をするのは1年に1〜2回かと思います。でも職場デスクの消毒は、まったくと言っていいほどしないのでは?

2001年の米アリゾナ大学の研究グループの報告によると、通常のデスクの上にはトイレの便座の400倍の細菌が潜んでいるそうです。その上、デスクの上の手を置く部分には、1千万以上の細菌が潜んでいるとのこと。

職場にある汚い物としては、ほかに以下のようなものがあります。

  • 電話
  • 休憩室のコーヒーポットや電子レンジの取っ手
  • 飲料水のディスペンサー
  • 自販機のボタン


The 3 Dirtiest Workplace Objects That Can Get You Sick | MakeUseOf

Joel Lee(訳:コニャック
Photo by Shutterstock.

  • ,,, - By 松尾仁LIKE

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    Sponsored

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    毎日のひげ剃りは、多くの社会人男性にとって大切なマナーのひとつです。そして、いつの時代も変わらない悩みとして言われるのが「カミソリ負け」。 T字型カミソリの世界シェアNO.1を誇るジレットは、その大きな要因のひとつが「リストローク(肌の同じ場所を2度以上剃ること)」であると考え、4年間の研究開発の末、肌を守る新機能を搭載した新製品「ジレット フュージョン5+1 プロシールド」を発売することになり  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.