• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,,,,,  12:00 PM

Facebookを見ると悲しくなる理由:研究結果

Facebookを見ると悲しくなる理由:研究結果

151115facebook.jpg


数週間前のある日、Facebookにログインした人数が1日で10億人に上りました。これはすごい数です。しかし、その中の多くの人は気づいていないのではないでしょうか。最近行われている研究が揃って、この巨大ソーシャルネットワークは自己肯定感を低下させる場合があると言っていることに。それを防ぐためには、Facebookの健康的な利用法を知る必要があります。

Facebookが鬱(うつ)症状の引き金となり得ることは過去にも語られてきましたが、今年はさらに多くの論文が出ています。行動主義心理学者や社会科学者はその根本的な原因とその攻略法について絞り込みを行っています。


問題は嫉妬心


今年の論文はすべて、重要なポイントとして嫉妬心と自慢だらけの投稿を挙げています。人はFacebookで自分以外の人がうまくやっているのを見ると、他の人は自分のような問題や失敗を抱えていないのだと考えてしまうのです。

「Facebookの利用が、知人の経済的な成功や友達の幸せそうな恋愛といった、ユーザーの嫉妬心の元となる情報を知るキッカケになっているなら、同サイトの利用は心が落ち込む原因となります」こう話すのはミズーリ大学コロンビア校のジャーナリズムスクールで戦略コミュニケーションを教えるMargaret Duffy教授です。教授は大学生の調査を指導し、その内容は専門誌『Computers in Human Behavior』に掲載されました。

University of Houston(UH)の研究者、May-Ly Steers氏はもっと慎重に言葉を選び、Facebookそのものを批判するつもりはないとしています。Journal of Social and Clinical Psychologyにある自身の最近の研究論文で彼女は、このような研究結果がすなわちFacebookそのものが鬱を引き起こしていると示しているというわけではなく、ただ気分が落ち込むことや、社会的比較をすることとFacebookに費やされる時間は密接に関係していると明言しているのです。

これらの論文によると、社会的比較はさまざまな形で起こり得ます。例えば、ある人を自分と同格だと考えていたとします。その人が自分よりうまくやっているのをFacebookで見ることで嫉妬心が生まれます。魅力的な外見かどうか、といったような身体的な満足度は、Facebookを利用する女性よりも、利用していない人の方が高かったのです。

とはいえこれは相関関係で因果関係ではありませんし、このような論文は決して目新しいものではありません。1998年にさかのぼれば、インターネットへの長時間接続と鬱との間に関係性があることが有名なHomeNetの論文で示されています。因果関係を提唱したことで学者からは厳しい批判が浴びせられましたが、相関関係についてはその後も多くの論文によって言及されてきました。インターネットが鬱の対策になる方法についても以前に投稿しました。

Facebookと鬱病との関連についてはさらに多くの論文によって相関関係がわかっています。認知科学者で医学哲学者のCharlotte Blease氏はFacebookにまつわるそれらの論文を見直し、それについて学術的な記事を執筆しました。彼女はFacebookユーザーが鬱状態で苦しむのは以下の場合が多いと説いています。


1. オンライン上の「友達」が多い場合。
2. 膨大な数の「友達」のアップデートを読むのに長時間を費やす場合。
3. そういったアップデートを頻繁に読む場合。
4. 自慢げなアップデートの多い場合。


「私は大丈夫」は大きな間違い


これらの研究結果のうち最も危険なのは、ほとんどの人が自分は大丈夫だと考えていることです。「私は楽観的だから、落ち込まない」と人は自分自身に言い聞かせます。でも、それは自分自身が思い込んでいるだけで、Facebookを利用することによるネガティブな影響に陥る重大なリスクを放置することになります。

自分が社会的比較に左右されないと思っている方は、もう一度考えてみてください。自覚の有無にかかわらず、数多くの論文やその著者が人は自分自身と友人たちを比較していると主張しています。Facebookの性質がその一端を担っているのです。

「Facebookは通常なら内情を知ることがないような友人の情報まで伝えることが多いので、社会的な比較をする機会がさらに増えてしまうのです」とSteers氏は言います。「友人たちの投稿内容は予測できないので、比較の衝動をコントロールすることは難しいものです」


「Facebookうつ」と闘う方法


でも、安心してください。「Facebookうつ」の要因や症状は克服可能です。簡単なステップをいくつか踏むことでこの問題を克服し、健康的にソーシャルネットワークを閲覧することができます。


知ることで戦いは半分終わっている

ほとんどの場合、まず一番大切なことは受け入れることです。Facebookに完全に見切りをつける、ということではなく、自分がFacebookによって嫉妬心を持ちやすいと認めて、自らの感情を自覚することが必要です。

「ユーザーはソーシャルメディアを利用する重要な原動力が自分の良いところを示したいという気持ちであるということを自覚すべきです。だから、自分のポジティブな事柄ばかり投稿するユーザーが多いのは当然なのです。そのことを自覚することにより、願わくば、嫉妬心を軽減することができるのです」とEdson C. Tandoc氏。彼はDuffy氏と共に調査に取り組んだ研究者の1人です。


一番明るい部分を見ていることを自覚しよう

Facebookを元にした比較行動は、考えてみれば本質的に欠陥があります。人はFacebookには前向きな考えや経験を投稿しがちで、それはFacebookが自分のベストヒットを披露することを想定して作られているからです。どんな噂があろうと、Facebookに「よくないね!」のボタンがないのは、だからなのです。

「Facebook上のほとんどの友達は自身の生活の中で起きる悪いことは置いておいて、良いことを投稿しがちです。友達の人生の良い部分だけと自分自身を比べると、友達の生活は実際よりも良く思え、逆に自分の人生についてはダメだと感じてしまいます」とSteer氏は言います。


独りの時や寂しい時にFacebookを見るのはやめよう

Facebookは人に関係している場所ですから、周りに誰もいないときに閲覧することが多いかもしれません。しかし、実際は、それが原因でFacebookでの嫉妬や社会的比較の影響を受けやすくなってしまっているかもしれません。

「Facebookを見るのが独りでいるときが多いのであれば、Facebookに起因する社会的比較の程度は増すことになるかもしれません。そのような場合、ユーザーはFacebookにログインして他の仲間の成功や忙しい社会生活を目にします」とBlease氏は書いています。

独りでいるときやさみしいときはFacebookを閲覧しないように意識的に努力する必要があります。


助けを求めよう、セラピストに会いに行こう

自分のことは自分が一番よくわかる、とは言っても、自分よりも医療のプロの方がわかることもあります。Facebookによって落ち込んだ気分になりやすいと思ったら、セラピーが必要なサインかもしれません。カウンセラーや心療内科医を見つけて話を聞いてもらいましょう。くれぐれも勝手に自己診断をしないように。


自分に正直になろう

解決法はFacebookをやめることではありません。素晴らしいソーシャルネットワークですから。ただ、それが本来持っている危険をもっと意識するべきです。あなたはFacebookを見て嫉妬していますか?


Facebook Makes You Sad, and "It Won't Happen to Me" is a Lie|MakeUseOf

Mihir Patkar(訳:コニャック
Photo by Shutterstock

  • ,, - By ライフハッカー編集部LIKE

    なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

    Sponsored

    なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

    なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

    お財布は忘れてもスマートフォンだけは忘れない。そんな気持ちになるほどスマホは肌身離さず持ち歩くアイテム、かつ、もっとも手近なコンピューターです。メールの確認はもちろん、ウェブで調べもの、SNSのチェックや投稿と、ひんぱんに使うことから、1日のどこかでバッテリーを充電しているのではないでしょうか? 常に手元にあって、いつでもどこでもすぐ使えることがスマホの魅力ですから、最低でも1日はバッテリーが持  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.