• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

itouitou  - ,  12:00 PM

米海軍特殊部隊の元隊員が教える「レジリエント」な子どもを育てる方法

米海軍特殊部隊の元隊員が教える「レジリエント」な子どもを育てる方法

151114resilient.jpg


Inc:レジリエンスは「逆境からすばやく立ち直る力;粘り強さ」と定義されます。

これが、世界で最も成功している人たちが持つ特徴として数え上げられるのは当然です。また、レジリエンスは米軍で最も過酷な特殊部隊に要求される性質でもあります。


Task and Purpose(米軍関係者のためのウェブサイト)と Fatherly(良き父親のためのウェブサイト)で、米海軍特殊部隊の元隊員、エリック・グレイテンズ(Eric Greitens)氏(現在、ミズーリ州知事候補)がレジリエントな子どもを育てるための原則をシェアしていました。この原則は、子を持つ親だけでなく、精神的な強さを求める人なら誰にでも役立つものでしょう。

以下は、グレイテンズ氏が述べている要旨をこちらでまとめたものです(オリジナル記事はここここで読めます):


1. 良いお手本を示す

あらゆる自己改善プログラムと同じく、レジリエンスの向上にもコミットメントを示すことが不可欠となります。とくに、他者(例えばあなたの子ども)に影響を与えたいと思うなら、なおさらです。

「哲学者のラルフ・ワルド・エマーソンが言うように、あなたの行動が、あなたのどんな言葉よりも子どもたちに影響を与える」とグレイテンズ氏は言います。「あなたが倒れても必ず自分の力で起き上がるのを見ていれば、子どもたちも自然とその態度を身につける」


2. 責任をもつ

ここで言う責任とは、人生で自分がコントロールできることすべてに関わるものです。もちろん、自分でコントロールできないこともありますが、その違いを理解しておくことは重要です。

「子どもには早いうちから、責任転嫁や言い訳をせず、自分の行動に責任を持つことを教えるべきだ」とグレイテンズ氏は言っています。


3. 他者に奉仕する

他者に奉仕すれば、世界に良い影響を与えるだけでなく、自分の人生が自分一人のものではないことを学べます。また、問題解決能力や共感力も高まります。

「自分が他者に与えられるものを持っているとわかっている子どもは、自分の力で周囲の世界をより良いものにできることを学ぶ」とグレイテンズ氏。


4. 感謝の実践をする

これは、最も成功している人たちがあらゆる状況で実践していることのひとつです。

他者に対して感謝の気持ちを表現すれば、リーダーとしての力も高まり、与えれたもののありがたみを理解する心の訓練にもなります。それに、世界の現実を見てください。あなたはすでにほかの人よりも多くのものを持っているのです。


5. 自分の問題を自分で解決させる

もちろん、他者(とくに自分の子ども)が苦しんでいるのを放置せよという意味ではありません。問題を解決するのと同じくらい、問題を解決する方法を学ぶことに価値があるということです。

「子どもには、あなたがいつも見守っていて、必要なときにいつでも助けを呼べることを理解させておくべきだ」とグレイテンズ氏。「しかし、子どもが自分の問題を自分で解決する機会を与えることも重要だ」


6. 救済者ではなくメンターになる

ときには、大きな過ちをおかし、その結果を受け止めるしかないときもあります。とはいえ、子どものころの過ちは、大人になってからの過ちに比べ、影響範囲がずっと小さいもの。子どものうちに小さな過ちから学んでおくほうがいいのです。

さらに、自分が選んでしたことの結果を、余計な干渉を受けずに十分に受け入れ、乗り越える経験は、子どもにもうひとつ重要なことを教えてくれます。それは、事態は思ったよりも悪くならない、悪い状況から良いものが生まれることもある、ということです。


7. 失敗を受け入れる

起業家なら誰でも知っていることですが、失敗は成功にとって欠くことのできない前提条件です。失敗を恐れていては、偉大な仕事を成し遂げられません。

「失敗の中で、子どもは逆境を乗り越えること、恐れと向き合うことを学ぶ。失敗を反省することで、子どもは自分を正す方法を、より良い結果を求めて再挑戦する方法を見つける」とグレイテンズ氏は話しています。


8. リスクを負うことを奨励する

リスクと失敗は切っても切れない関係です。小さな損失を恐れる人は大きな達成など望めません。

「いままでなれなかったものに成るには、いままでやらなかったことをしなければならない」とグレイテンズ氏は話しています。


9. 大事なところでは権威を示す

グレイテンズ氏はおもにレジリエントな子どもを育てたい親に向けて語っていますが、この原則は、上司やコーチ、メンターなど、他者に対して権威を持つあらゆる人にあてはまるものです。

「すべてのリスクがとるべきリスクとは言えない」とグレイテンズ氏。ときには、経験豊富で、権威を持つ人からより良い道を示してもらう必要があるのです。


10. 大切な人たちへの愛を表現する

レジリエントな人は、愛を信頼し、コミュニティを大切にします。これを強化する最善の方法のひとつは、周囲の人たちに対して、そうした自分の気持ちを常日頃から表現することです。

これは、あなたの自己改善のゴールが何であれ、すばらしい訓練になります。また、人々を安心させるとともに、そうした人たちとの関係の大切さをあなたに思い出させてくれます。


Want to Raise Resilient Kids? A Navy SEAL Says Always Do This|Inc.

Bill Murphy Jr.(訳:伊藤貴之)
Photo by Shutterstock

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

© mediagene Inc.