• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,,,  09:00 PM

元ネイビーシールズ曰く「毎日の自己管理は1つ目の目覚ましを止める瞬間から始まる」

元ネイビーシールズ曰く「毎日の自己管理は1つ目の目覚ましを止める瞬間から始まる」

151112first_alarm_clock.jpg


自己管理を究めるには、とにかく小さなことに手を抜かないことです。小さな積み重ねが日常生活を整えていくのです。これは、1つ目の目覚まし時計を止めるまさにその瞬間から始まります。


その時間に起きなければできないような用事がない朝は特に、スヌーズボタンを押したい衝動に駆られます。でもこれこそが、その日一日の善し悪しを決める決定的瞬間です。自己管理のための練習の機会だととらえて利用してしまうほうがよいでしょう。アメリカの海軍特殊部隊、ネイビーシールズの元軍人であるJocko Willink氏の著作に『Extreme Ownership: How US Navy SEALs Lead and Win』があります。

毎日の自己管理は1つ目の目覚まし時計を止める瞬間から始まります。わざわざ「1つ目の目覚まし時計」と書いたのは、私が目覚ましを3つもかけているからです...。それはともかく、この決定的瞬間にすべてがかかっているのですから、ベッドから出ない人に弁解の余地はありません。目覚ましを止める瞬間こそが第一関門です。ここを通過できるかどうかが、その日1日の好調・不調を左右します。何も複雑なテストではなく、アラームを止めるときに、ベッドから抜け出せるのか、それとも布団にもぐったまま止めて、心地よい眠りに引き戻されてしまうのか、ということです。ベッドから起き上がるという自己管理が守れたら、お見事! テストに合格です。でもその瞬間に気持ちが負けて、ベッドから出られなかったら、不合格です。些細なことのようですが、この弱さのために、のちに重要な判決が下されることになります。しかし、自己管理をまっとうできれば、それはあなたの人生に大きな実りをもたらすでしょう。

取るに足りないことのように思われるかもしれませんが、小さなことをきちんとこなすことで、大きなこともうまくできるようになります。起き上がることを決めるのはほかの誰でもない、あなた自身です。きっぱりと宣言しましょう。真正面から今日という1日に取り組むのです。


Patrick Allan(原文/訳:コニャック
Photo by Sean McGrath.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.