• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,  11:30 AM

できる人は「悪いニュースを聞いた時の反応」に気をつける

できる人は「悪いニュースを聞いた時の反応」に気をつける

151112badnews.jpg


Inc.

クライアントから電話があった。契約の更新の話ではなさそうだ。

技術会議で皆のいる前で、上司に最近あまり仕事に熱心に取り組んでいないと言われてしまう。

自分のデスクに戻ったら、デスクの上に解雇通知が置いてあった。

どれも嫌なニュースですよね? でも、嫌なニュースを聞いた時は自分が試されている時です。怒ったり、罵詈雑言を並べたりすると、自信のない人物だというのが周りに伝わってしまいます。コントロールすることが重要なのです。問題の解決方法がわかる時、事実が違うとわかっている時、また、非難を受け入れ間違いを認めた時こそ、正しい反応をして嫌な知らせをジャンプ台として使うべき時なのです。以下にそのヒントを記します。


1.甘んじて受け入れない

仕事中に悪いニュースを聞いた時、カッとなって自制心を失ってしまうのは絶対にいけません。しかし、事実と異なる場合は、自分自身を弁護してもいいのです。でも落ち着いたやり方でやってください。自信に満ちた人はそうするからです。彼らはただ甘んじて受け入れないだけであり、明確に反論を示します。何年も続く対立が生じている時は、私はただ事実に拘るようにしてきました。動機が正しくない場合や、誰かにただ嫌われているだけといった時も、事実は時と共に勝利を得るものなのです。


2. 行動に移す

何かしらの行動に移しましょう。私の人生で最悪の日は、会社から解雇された日でした。車で家に帰り、その夜妻が作家になったらどうかという考えを思いつき、そして私はすぐ行動に移しました。その時自分がずっと自信に溢れていたとは言えませんが、いい教訓になりました。私は何週間、何カ月も根気よく仕事を探しました。私がすぐに行動に移したのは賢明な選択だったと思います。なぜなら、それからずっと作家としてやってこれたからです。


3. 中途半端な真実は無視する

自信というのは、攻撃に対するテフロンコーティングのようなものです。仕事のパフォーマンスに対する偽りの話が出たり、SNSで攻撃された時は、本当の話を知っているのでそういう事は無視してください。一部の真実であっても、事実なら部分的に焦点を当てることは構いません。おそらく、もう少し上手に会議に出席する必要があるでしょう。もう少しライティングのスキルを磨いたほうがいいかもしれません。ですので、自分を変えるためにできることに集中してください。周りの人がでっちあげた結果をコントロールしようとする必要はありません。


4.悪いニュースを良いニュースに変える

自信に満ちた人たちは、悪いニュースを良いニュースに変えるエキスパートです。どうしたら大きな契約を失った時に、新しいアイデアを思いつくのでしょうか? 仕事中に嫌味を言われたら、そのことから学びましょう。どうしたらそのような破局した関係から、もっと他人とうまくやっていくやり方を学べるのでしょうか? 本当に自信がある人と、ただプライドが高いだけで自分のスキルのなさを隠そうとしているだけの人の違いは、失敗を受け入れてそこから学ぶことができる自信の違いなのです。プライドの高いだけの人は、ただ自分のプライドを保てれば良くて、誰も自分の失敗に気付いてほしくないと思っているのです。


5.いつでもハッピーに

私は前向きなイメージが好きです。仕事中に悪いニュースを聞いた時は散歩しにオフィスを出ましょう。人生において悪いニュースを聞いた時は、深く悲しむ時間が必要なことを知りましょう。悲しい気持ちになることは何の問題もありません。


How Super Confident People React to Bad News|Inc.

John Brandon(訳:コニャック
Photo by Shutterstock

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.