• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matonomatono  - ,,,,,  09:00 AM

才能だけじゃなかった、若い経営者によく見られる6つの傾向

才能だけじゃなかった、若い経営者によく見られる6つの傾向

151112_youngmanager_01.jpg


Inc.:若い経営者が年上の社員を指導していると、誰もが気まずい思いをします。年上の社員には、若い経営者は未熟だとか、年長者の複雑な気持ちに対する配慮がないと思ったりします。一方で若い経営者は、経験がないだけで判断されるのは不公平だと感じたり、能力があっても身分不相応ではないかと悩んだりすることがあります。

しかし、この関係性の難しさはさておき、あなたが昇進させてもいいと思うような非常に優れた若い社員がいる会社の経営者だったら、その若者に管理者となるチャンスを与えたいと思うでしょう。若いにも関わらず、もしくは若いからこそ、最高の経営者になるということが、最近の研究でもわかっています。

企業経営コンサルタントZenger/ Folkman社は、45歳以上の経営者4,298人と、30歳以下の経営者455人を対象に、360度フィードバック(上司、部下、同僚などが職場での行動を多面的に評価して本人にアドバイスする人材マネジメント手法)をまとめた巨大なデータを調べました。そして、驚くべきことがわかりました。Zwenger/ Folkmanの社長Joseph Folkmanが、米経済誌フォーブスで以下のように報告しています。

若い経営者と年配の経営者の360度フィードバックのデータを調べたところ、若い経営者の方が49項目において良い評価を得ていることがわかりました。若い才能あるリーダーがいて、組織の中で重要な役職に就いているというのは、驚きでもあり、素晴らしいニュースでもあります。

若い経営者は、優れた実績のおかげで、そのような重要な役職に昇進したのは間違いありません。30歳以下で経営者になったとしたら、その人自身にずば抜けた才能があるのはもちろんですが、研究によるとほかにも以下のような6つの要素が挙げられます。


1. 変化を喜んで受け入れる


若い経営者は変化を受け入れ、新しいマーケティングアイデアを考える素晴らしい能力があります。難しい変化を起こす勇気を持ち、経験が浅いからこそ変化に対する提案にも楽観的です。年配の経営者よりも喜んで変化を擁護します。


2. 元気づけ、刺激を与える


若い経営者は、部下やまわりを元気づけ、目標を達成するためにやる気を出させる方法を知っています。若い経営者が"引っぱる"としたら、年配の経営者は"押す"ことで部下を指導する傾向にあります。


3. 人の意見を取り入れる


年配の経営者に比べて、若い経営者は意見に対してもオープンです。自分のパフォーマンスに関しても人に意見を聞くことが多く、意見を取り入れ、実行する方法を探します。


4. 常に改善しようとしている


過去の蓄積が少ないという事実によるものかもしれませんが、若い経営者の方が喜んで現状を変えます。


5. 結果を重視する


当然かもしれませんが、若い経営者は若さゆえに常に元気です。つまり、目標を達成するためにがんばる若い社員に囲まれても、エネルギー不足になることはありません。一方、長い間組織にいる人は、現状に満足しやすくなります。


6. 少し高めの目標を設定する


5の副産物かもしれませんが、研究によると、若い経営者の方が野心的な目標を設定することが多いです。年配の経営者は、がっかりしないように、もしくは部下に負担をかけ過ぎてはいけないという教訓からか、謙虚な目標を設定するようになっているのかもしれません。


6 Big Advantages of Young Managers|Inc.

Jessica Stillman(訳:的野裕子)
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.