• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,,,,  08:00 PM

Windowsのスタートアップアイテムを削除して、パソコンのパフォーマンスを向上させましょう

Windowsのスタートアップアイテムを削除して、パソコンのパフォーマンスを向上させましょう

151111_windows_-startup.jpg


MakeUseOf:お使いのWindowsコンピュータの動作は遅くなっていませんか? この原因の多くは、ユーザーがインストールした、起動時に自動実行されるプログラムにあります。使えるものもありますが、大多数は不必要なものです。あるものはシステムリソースを占有し、あなたのデータを使って通信を行います。その中には、悪意をもってそれを行うプログラムもあります。起動時に自動実行されるアプリは、簡単な手順で制御することができます。

私自身は、Dell XPSのノートパソコンを使い始めてから1年ほどで自動起動アプリの問題が現れ始めました。そのコンピュータはメモリの問題で立ち上がらなくなり、時間がたつにつれ、RAMの状態が悪化していきました。その短期間で、私はメモリが絶えず足りなくなっていることに気づいたのです。

この問題の原因は何でしょうか? パフォーマンスの悪化は、多くのソフトによるメモリの大量消費に起因していました。しかし、すべてのスタートアップアプリを特定し削除する完璧な手段はありません。もっとも良いのは、可能な限りたくさんの手段を試みることなのです。


スタートアッププログラムの種類


自動起動プログラムは、さまざまな方法で検出、削除することが可能ですが、どの方法を使ってもすべてのスタートアップアプリを見つけることはできません。とは言え、良い方法をいくつか紹介しましょう。

  • 最適化プログラム:『CCleaner』や『Revo Uninstaller』は、強力な最適化ツールです。しかし、残念なことに、この方法ですべての自動起動アプリを検出することはできません。
  • Windows スタートアップフォルダを使う。
  • Windows タスクマネージャを使う。
  • アプリ内の設定:アプリ内で起動時の機能を設定することにより、自動起動アプリを削除します。これで多くのアプリの削除が可能ですが、特定のアプリは削除することができません。
  • Windows タスクスケジューラ:こちらは自動起動アプリの中でも巧妙なものを見つけることができますが、それでもすべての検出はできません。

次に、それぞれの方法を使用するにあたってのクイックガイドを紹介していきます。


『CCleaner』を使ったスタートアップアプリの削除


『CCleaner』を使ったシステムパフォーマンスの最適化については以前にも触れましたが、これはAndroid端末でも使うことができます(オススメです)。『CCleaner』は、コンピュータからブロートウェアを削除できる優れたツールです。この記事で紹介されているほかの方法とは違い、『CCleaner』はすべての基本機能(アンインストール中のレジストリの最適化を除く)に対処します。タスクとしてスケジューリングされたプログラム、Windowsのスタートアップフォルダにあるプログラム、そしてレジストリ入力に基づいて起動するプログラムを削除します。

はじめに、『CCleaner』をインストールして実行してください。画面左側の「ツール」をクリックして、その後、画面中央にある「スタートアップ」 を選択してください。

画面中央のメニューに、複数のタブが見つかるはずです。ここでは、自動的に起動するWindows、Internet Explorer、Chrome、スケジュールされたタスク、そしてコンテキストメニューの5種類の異なるカテゴリからアプリを取り除くことができます。

起動時に立ち上がるアプリは、Windowsカテゴリに分類されています。ブラウザ内で立ち上がるアプリは、Internet ExplorerとChromeに分類されます。Windowsのタスクスケジューラを使って立ち上がるアプリは、スケジュールされたタスクのタブ内にあります。右クリックすることで実行できるアプリは、コンテキストメニュータブ内に一覧が表示されます。

これらのどのアイテムも、右クリックし「無効」を選択することで無効化することができます。そのプログラムが不必要であることを絶対的に確信している場合、選択して削除することも可能です。ただし、これを行ったあとでも、プログラムの中には自動起動を再度有効化するものもあります。悪名高いマルウェアはそのようなものが多いです。

『CCleaner』はすばらしいソフトウェアです。自動起動アプリを取り除くという部分では、とても多くの機能を提供していると思います。


『Revo Uninstaller』を使ったスタートアップアプリの削除


『Revo Uninstaller』を使って、自動起動するように登録されているアプリを取り除くことはそう難しいことではありません。まず、『Revo Uninstaller』をインストールし、プログラムを実行してください。

メイン画面の機能の中から「ツール」をクリックしてください。そして「Autorun 管理」を選択してください。どのようなスタートアップアイテムでも、名前の横にあるチェックボックスのチェックを外すことで無効にすることができます。

『Revo』はまた、レジストリと共にアプリを削除する機能をもっています。これは、アンインストールしたあとでもメモリにアクセスしてくるソフトウェアを検出します。


Windows タスクスケジューラを使ったスタートアップアプリの削除


タスクスケジューラは、ソフトウェアがWindows OSで動作するときに、最適化スキャンに引っかからないようにしてくれます。ユーザーは、Windowsサーチを使って、これにアクセスできますが、「コントロールパネル>システムとメンテナンス(セキュリティ)」から見つけることもできます。

タスクスケジューラを開いたら、画面左から「タスク スケジューラ ライブラリ」を選択してください。そして、画面中央から、無効化したいスタートアップアイテムを選んでください。最後に、画面右から「無効化」を選んでください。


Windows 8のタスクマネージャを使ったスタートアップアプリの削除

Windows 7では、msconfig.exe(システム構成)を使って自動起動アプリを削除することができますが、Windows 8やそれ以降のバージョンでは、Windows タスクマネージャを使います。CTRL+ALT+Deleteを同時に押して、タスクマネージャを起動してください。そして、スタートアップタブを選択してください。

そこにはシステム上にある、すべての自動起動アプリが表示されています。無効化するには、右クリックしてコンテキストメニューから「無効にする」を選ぶだけです。


Windows スタートアップフォルダからスタートアップアプリを削除する


この方法は、機能的にはWindowsタスクマネージャと同じです。単純にこのフォルダを開くことで、邪魔なアプリを削除することができます。『CCleaner』も『Revo Uninstaller』も同様の機能があります。

これらを手作業で削除したい場合、Windows 8とそれ以降のバージョンでは、スタートアップアプリが格納されている、次の2つのディレクトリから行います。

C:\users\*your user name here*\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

下記のフォルダは、すべてのユーザーが確認できます。

C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

Windows 7を含む以前のバージョンでは、ユーザーはコマンドラインを使ってスタートアップフォルダにアクセスすることができます。WindowsキーとRキーを同時に押して、 「ファイルを指名して実行」コマンドを表示し、そこにshell:startupとタイプすることでスタートアップフォルダが開きます。

スタートアップフォルダを開いたら、ファイルと同様の方法で、アイテムを削除することができます。


起動時にアプリを自動起動させないように設定する


ほとんどのちゃんとしたアプリは、やり方は難しくても、起動時に自動的に立ち上がらないように設定することは可能です。よく挙げる例に、Samsung Magicianという、Samsung製のハードディスクのための、SSD最適化ツールがあります。

Samsung Magicianは、スケジュールタスク機能を使って、Windowsのレジストリ内で簡単に検知されるようなエントリを残さずに、自動的に起動します。そのため、『Revo Uninstaller』など、多くのシステム最適化ソフトウェアを回避できます。しかし、わりと簡単にこれを無効化できるようになっています。

Windowsシステムトレイ(画面の左下)の中にあるSamsung Magicianのアイコンを右クリックし、「スタートアップから削除」を選択してください。


スタートアッププログラムの無効化に最善の方法とは?


自動起動するアプリを削除するもっとも良い方法は、複数の手段を利用することです。たとえば、『CCleaner』はスタートアッププログラムを削除することのできる最善のツールですし、『Revo Uninstaller』はOSに影響を与えずに、余分なレジストリの多くを削除することができます。

1つのプログラムだけでは100%の効果はありませんが、一緒に使うことで有効性を数倍にできます。この記事に書かれている方法を複数使って、不必要なものを除去してください。

しかし、システムがあまりにも深刻なパフォーマンスの問題を抱えている場合、もしかしたらマルウェアに関係があるかもしれません。自動起動アイテムを削除してもパフォーマンス改善の役に立たない場合はその可能性を考えてください。


Remove Windows Startup Items to Fix Your Slow Computer for Free|MakeUseOf

Kannon Yamada(訳:コニャック
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.