• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

堀込泰三堀込泰三  - ,,,,,  09:00 PM

自分から言うのはイヤ!恋人から別れを告げさせる方法

自分から言うのはイヤ!恋人から別れを告げさせる方法

151110how_break_relationship.jpg


人間関係を良好に保つ秘訣はよく語られていますが、その逆はどうでしょう。関係を終わらせたいけれど、自分から言い出すのは怖いという臆病者のあなたのために、恋人から別れを告げさせるコツをお伝えしましょう。


話さない


どんな人間関係にも、良好なコミュニケーションが欠かせません。心を開いて問題について話し、さまざまなレベルでつながる必要があります。つまり、関係を壊したければ、その逆にコミュニケーションを断つことが有効です。

このアドバイスは、どのようにでも解釈できます。文字通り話をしないのが1つ。重要なことを話さないのが1つ。自分の問題を話さないのが1つ。どれを選ぶかは、どれだけ早く関係を終わらせたいかによります。

とにかく、重要なことは話さないように心がけましょう。恋人から「話がある」と言われても、「あとで聞く」と答えてください。同じように、今後の旅行、結婚、共同購入、相手の親に会うなど、将来のことを話すのをやめましょう。そうすれば、相手は不満を感じ、身を引くしかありません。会話は人間関係の基本なので、それをしなければ、関係は自然と消滅に向かうはずです

この方法には、場合によってはそれなりの時間がかかります。ですから、感情をすり減らす心の準備が必要です。でも、断絶は関係が絶望的であることを示すインジケーター。ですから、相手の言葉に耳を貸さないことが、うまく関係を消滅させるための鍵になります。


自分の正当性を主張する


人は、知ったかぶりが大好きです。これを逆手に取って、あなたの正しさをあえて主張することで、関係は一気に悪化します。

人間関係について書かれた記事には、決まって自己主張をあきらめることの重要性が書かれています。ですから、関係を壊したければ、パートナーにあなたの正しさを思い知らせることです。さらに、相手が間違っていることを主張できればベターです。

ですから、あなたのほうが正しいときは、必ず相手にそれを知らしめましょう。口論でも単なる豆知識でも、何でもOK。とにかく、常に自分が正しいことを訴えてください。あなたが正しくなくても構いません。やり方を変えて、あなたがいかに正解に近かったかを説明しましょう。ゲームを有利に運ぶには、相手のすることにいちいちケチを付けて、自分のやり方こそ最良(かつ唯一)の方法であることを示します。さらに、あなたが正しくて相手がまちがっていた頻度を、スコアにして記録するのも効果的ですよ。

やがて相手は、あなたのうぬぼれと横柄な態度に耐えきれなくなります。全員にきくわけではありませんが、ほとんどの人は、数週間のうちに別れを申し出てくれるでしょう。


2人の関係の優先順位を下げる


アツアツのカップルは、何よりも2人の関係を優先します。そのために自分を犠牲にすることもやぶさかではありません。相手が幸せになるのなら、やりたくないことでもやります。これを考慮して、相手に別れを告げさせたいときは、その正反対をするといいでしょう。2人の関係の優先度を、最低に位置づけるのです。

サッカー、ビデオゲーム、ヨガ、飲み会、仕事など、ありとあらゆる行事を、2人の関係よりも優先しましょう。「ごめん、今日は夕飯食べに行けないや。友達とゴーカートレースに行く約束してて」「あなたの誕生日? 友達のワインパーティに誘われてて何もできない」などと、さらっと言えるようにしてください。

ワガママになるほど効果が高まります。どんな誘いにも乗って、恋人とは新しいことを一切しないようにしてください。相手がそれに気づき、あなたのもとを去るのに、1カ月もかからないでしょう。


嫉妬を見せる


嫉妬は恋人関係を壊すのに持ってこいの方法です。「Psychology Today」によると、嫉妬の3大要因は、不安、強迫思考、被害妄想相手から別れさせるには、とにかくねちっこくするのが有効です。それに、過去の記事にも書いたように、うまくいっている2人は、外での友情や趣味を大切にしている傾向があります。つまり、それを避けることができれば、関係はすぐに壊れます。できるだけほかの世界が見えないように演じることで、相手は恐れをなして去っていくでしょう。

具体的な方法がわからなければ、小さなことから始めてください。「どこに行っていたの?」「ランチは何を食べたの?」「誰と一緒にいたの?」「経理に入った新人について実際のところどう思っているの?」など、いろいろなことを根掘り葉掘り聞くのです。そのうえで、相手が「自分以外と過ごす時間が長すぎる」「趣味に時間をかけすぎ」などと責め立てます。それでも不十分なら、「あなたの行くところすべてについて行く」と主張しましょう。ここでのポイントは、2人の関係外の生活をあなたがもたないように見せるかけこと。そのためのいちばん楽な方法が、嫉妬なのです。


相手から別れを告げさせるには、好まれない性格を身につけることです。シンプルに怠惰を見せる方法もあれば、もっと複雑に、嫉妬を見せるという方法もあります。どちらにしても、相手が実際にあなたを振るまで、数週間から数カ月はかかるので、我慢が必要です(2人の関係が長ければ数年かかることも)。

ここに記した内容をすでに実践しているなら、あとは継続あるのみ。関係が終わるまで、あと少しの辛抱ですよ!


Thorin Klosowski(原文/訳:堀込泰三)
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.