• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,,,  06:00 PM

MacのOptionキーを押すと隠された機能が現れるって知ってた?見落としがちなショートカット集

MacのOptionキーを押すと隠された機能が現れるって知ってた?見落としがちなショートカット集

151108mac_option_shortcuts.jpg


MakeUseOf:MacのショートカットというとCommand(cmd)キーですが、Option(alt)キーこそが真のヒーローです。気づいていない人も多いかもしれませんが、Optionキーは縁の下の力持ち的存在で、さまざまな機能やアクションを素早く実現してくれます。

今回はOptionキーを使った便利なショートカットを20個ご紹介します。


1. ファイルのカット&ペースト


OS Xでは、カット&ペーストは行えないかのように見えます。

カット&ペーストをする際には、Cmd + Cで移動するファイルを選び、移動先でCmd + Option + Vと入力します。ご存知のように、Cmd + C>Cmd + Vだとコピー&ペーストになります。

メニューバーでこの機能を確かめることができます。ファイルをコピーしたあと、編集メニューを開き、Optionキーを押してみてください。「ペースト」が「ここに項目を移動」、つまりカット&ペースト機能に変わっていることがわかるでしょう。


2. ファイルをゴミ箱へ移動せずに削除


デフォルトでは、いらないファイルでもゴミ箱に入れるしかありません。ファイルを完全に削除するために、いちいちゴミ箱を空にしなければならないのは面倒ですよね。

実はゴミ箱を経由せずに直接削除する方法が存在しています。方法は下記の2つで、どちらもOptionキーを使用します。

キーボード・ショートカットのCmd + Deleteを使ってファイルを削除している方は、Cmd + Option + Deleteを使ってみてください。

Finderのファイルメニューから削除する際は、メニューを開いてOptionを押してください。「ゴミ箱に入れる」の代わりに「すぐに削除...」という選択肢が表示されます。


3. Safariで履歴を消去しつつWebサイトデータは保持


履歴の消去はブラウザの速度を上げるために有効な方法です。しかし、同時にクッキーやWebサイト設定も失われてしまうという問題があります。

Safariには閲覧履歴だけを消去する機能があることをご存知ですか? 履歴メニューを開いた状態でOptionキーを押せば、メニューの一番下に、「履歴を消去してWebサイトデータを残す...」という選択肢が現れるんですよ!


4. Finderの再起動


Finderを再起動する必要に迫られることがあります。たとえば、隠しファイルを可視化するターミナルコマンドを実行したあとには、Finderを再起動しなければ隠しファイルは表示されません。

簡単にFinderを再起動する方法があります。Ctrl + Option + DockのFinderアイコンをクリックでコンテクストメニューが開きます。その中にある「再度開く」をクリックすればOKです。


5. ファイルやフォルダのパス名をコピー


ほかのプログラムにファイルの場所を貼り付けたい、と思ったことはありませんか? Finderで目的のファイルを選び、コンテクストメニューを開き、Optionを押します。通常は「[ファイル名]をコピー」となっているところが「[ファイル名]のパス名をコピー」に変化しますよ。


6. ユーザライブラリへのアクセス


ユーザライブラリにはユーザーごとのデータや設定が保存されています。これを使う機会はなかなかないかもしれませんが、その中身を調べる必要があるときには、これがいちばん早い方法であることを覚えておいてください。

Finderを立ち上げてメニューバーの「移動」をクリックします。Optionキーを押すと、メニューにライブラリフォルダへのリンクが表示されます


7. 通知センター内の「おやすみモード」の切替え


通知が煩わしく感じるときには、おやすみモードをオンにしてしまいましょう。

通知センターを開いて上にスクロールし、「おやすみモード」のスライダーをオンにしてもいいのですが、もっと手っ取り早い方法があります。Optionキーを押したままで通知センターのメニューバーアイコンをクリックするのです。「おやすみモード」を切にしたい場合はこの操作を繰り返してください。


8. ファイル種別に対応するデフォルト・アプリケーションの変更


あるタイプのファイルを開くデフォルト・アプリケーションを変えたくなったら、Finderで目的のタイプのファイルを右クリックしてコンテクストメニューを表示し、Optionキーを押しましょう。すると、「このアプリケーションで開く」ではなく「常にこのアプリケーションで開く」という選択肢が現れます。これをクリックすれば、そのファイル種別に関連付けられているアプリケーションを変更できます。

あるいは、選択ファイルのファイルメニューを開いた状態でOptionキーを押しても「常にこのアプリケーションで開く」を表示させることができます。


9. 別名で保存


ファイルのコピーを作成したりフォーマットを変えたりしたい場合、複製やエクスポートは便利な機能です。しかし「別名で保存...」のほうがわかりやすい方法ではないでしょうか。

「別名で保存」がデフォルトでは表示されないのは残念なことです。表示するためには、開いているファイルのファイルメニューでOptionを押します。「複製」が「別名で保存...」に変わります


10. 音量や明るさの微調整


音量や画面の明るさを正確に調整したいときには、いい方法があります。明るさや音量に割り当てられたキーと同時にShift + Optionを押すのです。こうすれば、より細かな単位で調整することができます。


11. 特殊文字の入力


特殊文字や記号の入力は、Optionキーを使うとずっと早くできるようになります。たとえば、登録商標記号(™)を入力したい場合、Option + 2を押すだけでよいのです。著作権(©)は、Option + Gです。すごいでしょう? 

キーと記号との対応を調べるには、キーボードビューアが便利です。開き方は以下のとおりです。

システム環境設定でキーボードを選択して、キーボードタブの「メニューバーにキーボードビューアと文字ビューアを表示」にチェックを入れます。すると、メニューバーにアイコンが追加されます。このアイコンをクリックして表示されるメニューから「キーボードビューアを表示」を選択すれば、画面にキーボードが現れます。

このキーボードをアクティブにした状態でOptionキーを押します。すると、キーが特殊文字に変わります。このようにして、よく使う記号に対応するキーをキーボードビューアで調べ、覚えておきましょう。Option + Shiftを押すと、また別の特殊文字が表示されます。


11. 階層化されたフォルダをクリック1回で展開(リスト表示)


Finderのリスト表示機能は便利ですが、何層も下にあるフォルダを1つずつ開いていくのは面倒です。Finderのフォルダアイコンの隣にある小さな矢印をクリックしながら、Optionを押してみてください。フォルダの内部がすべて、リスト状に展開されますよ。


12. コピー時の重複ファイルをスキップ


大量のファイルを別のフォルダへ移動させたいとき、重複したファイルが含まれていると「両方ともファイルを残す」「中止」「置き換える」というダイアログが出ます。

両方のファイルを残したくはなく、置き換えたくもない場合はどうでしょうか? 「中止」をクリックして操作そのものを中断してしまうしかないですよね。しかし、Optionキーを押すことでもう1つの選択肢、「スキップ」を登場させることができます。これで、今コピー対象になっている1ファイルを飛ばして、コピーを続けることができます。


13. Finder項目の選択解除


Cmd + Aで一気にすべてのファイル/フォルダを選択できるのに対し、Cmd + Option + Aはすべてを選択解除します

気をつけなければならないのは、すべてを選択するのとは異なり、すべてを選択解除するのは、Finderでしか使えないという点です。よって、PDFファイル内のテキストをCmd + Aですべて選択する場合、Cmd + Option + Aを押しても選択解除することはできません。


14. 余計なウィンドウを全て隠す・アプリケーションの強制終了


ある1つのウィンドウを前面にもってきて、そのほかは隠したい場合、次のようにしてみてください。Dockで今使っているアプリケーションのコンテクストメニューを出し、Optionキーを押します。「他を隠す」という選択肢が現れますのでこれを選んでください。このやり方で「強制終了」というオプションも表示することができます。


15. ファンクション設定


ファンクション(Fn)キーで、画面の輝度、キーボードのバックライトの明るさ、音量などさまざまな設定ができます。より詳細な設定をするには、システム環境設定を開き、それぞれの設定箇所を見つけなければなりません。しかし、OptionキーとFnキーの組み合わせを使えば、すばやくそこにたどり着くことができます。

たとえば、F3でMission Controlが開きたいならば、Option + F3でMission Controlの設定画面に直接行くことができます


16. Wi-Fiの詳細情報


メニューバーのWi-Fiアイコンをクリックすると、自分が接続しているネットワークを調べ、圏内にある別のネットワークのリストが得られます。ここで、Optionを押しながらこのアイコンをクリックしてみましょう。IPアドレスからBSSIDに至るまで、使えるネットワークの詳細情報が表示されますよ。「ワイヤレス診断」へも飛ぶことができます。


17. クイックルックを経由せずにスライドショーを開始


クイックルックの特色は、ファイルを実際に開くことなくプレビューを見られる点です。1つあるいは複数のファイルを選択し、スペースキーを押すと、クイックルック・ウィンドウが開き、ファイルの中身を見ることができます。

スライドショーを始めるためには、クイックルックでフルスクリーン表示にしても良いですが、もっと早い方法として、FinderでOption + スペースキーを押すというものがあります。こうすることでクイックルックを省略してスライドショーを直接スタートさせられます。

なお、コンテクストメニューやファイルメニューでOptionキーを押すと、選択肢のクイックルックがスライドショーに置き換わります


18. Dropbox設定にクイックアクセス


メニューバーのDropboxアイコンをクリックすると、最近変更されたファイルが表示されます。右下にはDropbox設定にアクセスする小さな歯車マークがありますね。このDropbox設定がメニューに直接表示されるようにしたい場合は、Optionを押しながらメニューバーのDropboxアイコンをクリックしてください。


19. 確認を求めるダイアログをバイパスする


再起動やシステム終了、ログアウトをクリックすると、「~してもよろしいですか?」と間髪入れず表示が出ます。ファイルを保存したり、進行中の作業に目を配ったりするように促してくれるものですが、うるさいと感じるときもあります。

場合によって、そうしたダイアログを出したくないときは、Optionキーを押下したまま、再起動、システム終了、ログアウトのコマンドをクリックしてください。そうすれば、確認のダイアログが表示されることなく、再起動、システム終了、ログアウトできます。


20. Optionキーをもっと便利に使う方法


この記事を読んだ後は、Optionキーの出番が増えることを願います。Optionキーが元々不便な位置にあって使いづらいと思っている人のために、出番の少ないCaps LockキーをOptionキーの代わりに使う方法をお教えしましょう。

  1. [システム環境設定...]から[キーボード]を開きます。
  2. [キーボード]タブをクリックして表示したら、[修飾キー...]をクリックします。
  3. ダイアログがポップアップするので、Caps Lock キーを見つけ、その横のドロップダウンで[Option]を選択します。
  4. [OK]をクリックして設定を保存します。

これでCaps LockキーもOptionキーとして使えるようになりました。


Macのワークフローをキー1つで一変させる


この記事で説明したのは、Optionキーが持つ機能のほんの一部にすぎません。アプリケーションによっては、もっといろいろなことに力を発揮します。いつも使っているキーボードショートカットやメニューバーのオプションにOptionキーを追加すれば、今まで隠れていたオプションが発見できるでしょう。うれしい発見があるにちがいありませんよ。


20 Things You Didn't Know You Could Do with the Mac Option Key | MakeUseOf

Akshata Shanbhag(訳:コニャック
Photo by Shutterstock.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.