• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

プロギャンブラーのぶき

 - ,,,,,,,  09:00 PM

プロギャンブラー直伝! お金の不安から卒業するために1000万円を貯める7つのステップ

プロギャンブラー直伝! お金の不安から卒業するために1000万円を貯める7つのステップ

20141014_nobuki1000 .jpg


プロギャンブラーのぶきです。これまでの僕の経歴についてはこちらをご覧ください。
僕は25歳のとき、1000万円を貯金しました。その経験を踏まえて、ノウハウを紹介します。お金の支配から卒業し、自由に生きるヒントとなれたら、幸いです。



ステップ1:モチベーションを設定する


「何のために貯めるのか?」ということをまずは考えましょう。このひも付けが、長期戦のモチベーションを維持していくのにとても大事です。ここで間違えていけないのは、貯金といっても、銀行口座の数字が増えていくだけで、生活レベルに変化はないということです。モチベーションをしっかり持っていないと、ついお金を使って現在の生活に変化を加えたくなってしまいます。当然、それではお金は貯まりません。僕の場合は、「起業資金を作るため」というモチベーションを設定していました。


ステップ2:ゴールを設定する


ゴールは、目標の金額でもいいし、期間でもかまいません。ご自身の現在の環境下で、ギリギリ続けられそうな設定をお勧めします。あまり楽すぎるのは、達成スピードが遅くなり、時間的効率として敗因です。逆に、あまり厳しすぎると、達成への進歩が感じられず、途中で放置してしまう可能性が生じてしまいます。

僕の場合は、「起業資金のため、可能な限り多く貯める」という、漠然としたゴール設定でした。ゴールがないままだと、どこへ向かっていいのかわからず、貯金のための努力を継続できません。


ステップ3:「want」ではなく、「have to」で臨む


ここで言いたいのは、メンタルが本気かどうかということです。
「貯まったらいいな」といった、願望だけでは1000万円を貯めることはできません。これは、「宝くじが当たったらいいな」と同じレベルです。それよりも、「いつまでに、何のために、どのぐらいのお金をかならず貯めます」というふうに、宣言してしまった方がいいです。

貯金について公式にすると、
【お金=時間×時給、もしくはスキル】
です。

時間をかけずに「楽して貯めたい」と思うなら、永遠にお金は貯まりません。時間とスキルをコツコツ積み上げていく人が確実にお金を貯められるのです。


ステップ4:最初の壁となる、目標額の10分の1を貯める


自分の貯める金額が決まっているなら、その10分の1を「レベル1」と設定するのもお勧めです。目標を因数分解することで、自分の動きをクローズアップさせていきます。当然のことながら、レベル1を乗り越えなければ目標は達成できません。逆にレベル1へ到達することで、その積み重ねの成功体験が自信となり、1000万円貯める機動力を加速させてくれます。

目標金額が1000万円であれば、100万円を10回貯めればよいだけのこと。ここで重要なのは、「レベル1を達成するまでにかかる期間の10倍」と感じ取ることです。これにより、ゴールが遠くに見えてきます。見えないゴールへ走り続けるのは、本当に大変なことだからです。


ステップ5:より時給が高い仕事へ転職していく


お金を貯めるなら、お金目的で仕事すればいいだけのことです。好きな仕事、楽しい仕事や楽な仕事など、みんなに人気がある仕事の給料はそれほど高くない場合が多いかもしれません。だからこそ、「自分がギリギリ我慢できる高給な仕事」へ転職していくことも1000万円を貯めるためには必要なポイントとなります。ステップ3で紹介したお金を貯めるための公式が示すように、時間か時給を上げていけば、収入も上がります。シンプルですが、これが現実的なお金の作り方なのです。

そして、高給な仕事を見つけたら、募集がなくてもトライしてみましょう。現在は募集がなくても、いつか欠員が出たら募集をかけます。その前に連絡を入れておけば、人数が必要になったときに連絡が来る可能性が高まります。僕はこの方法で狙ったすべての高給の仕事を得てきました。


ステップ6:1週間をパズルのピースのようにスケジューリングする


「お金が貯まらない」と嘆く人ほど、お金を使う時間があるから、貯まらないのです。空いている時間に、お金になるサイドビジネスを埋め込んでいきます。自分はどこに空き時間があるのか?まずは、現在の勤務日と休日を含めたタイムスケジュールを作り、空き時間を見つけ出しましょう。そこにスキルを磨くための勉強や時間を積み重ねれば、空き時間はお金に変化します。

僕がアルバイト4つをかけ持ちした時は、毎日かならず1~3つのアルバイトをこなしていました。お金を貯めるコツは、「お金を貯めるぞ」と、気持ちが高まっているときにその波に乗ること、それから、より報酬を得られる仕事に就いてがんばることです。僕が4つのアルバイトをかけ持ちしたときは、月収20万円のバイトを4つ組み合わせたので、月収80万円になりました。ただし、分単位での行動が必要となります。電車移動は爆睡です。休日なんて、もちろんありません。常に小走りで移動していました。みんなの歩くペースと同じなら、収入のペースも同じになります。「倒れるまで働こう」と僕は考えています。自分の意思で働いているとき、人は不思議と倒れないものです。


ステップ7:目標金額を達成したら自分へのご褒美を用意する


ステップ4で目標金額1000万円の10分の1の100万円到達を「レベル1」と設定することを紹介しました。「レベル2」は200万円、「レベル3」は300万円とします。300万円まで貯まったら、あとはその流れでゴールの1000万円までは時間の問題です。

「レベル10」をゴールとし、「現在の自分レベルはいくつなのか?」「あといくらで次のレベルへ到達できるのか?」などと、モチベーションを加速させていきます。最初は100万円毎とか、レベルアップするたびに、どうしても欲しいモノをご褒美として購入しても良いでしょう。僕も1000万円の貯金を開始した当初は、ウォーターベッドや音響システムなどをレベルアップのご褒美に買いました。

でも、そのうち欲しいモノがなくなります。というよりも、物欲を刺激するような情報を入れる時間が仕事でなくなります。それからは「絶対に必要なモノ」以外は買わなくなりました。もし買うとしても、コストパフォーマンスを注視して選びます。仕事に割く時間が圧倒的に多いことから、買い物する時間もないので、お金は必然的に貯まっていきました。


1000万円を貯金できると、見えてくるもの


1000万円が貯まると、お金の不安から卒業できます。
お金に困ったら、またお金を作ればいいという自信がつきます。働きまくった末に、一度1000万円を貯蓄した経験が、次も1000万円を作り出せる自信を生みだすのです。それが、驚くほど人生に余裕を生じさせるものなのです。僕もお金のことから解放されて、とても楽になりました。

1000万円貯蓄して得た余裕が、自由な選択肢を生みだします。僕でいえば、自分で稼いだお金だからこそ、失ってもいいぐらいのつもりで、プロギャンブラーという何の保証もない、未知の仕事にトライできたわけです。

当時、1000万円の貯蓄のために相当かんばったおかげで、現在、自分の生きたいように生きる自由な生活を手に入れることができました。
読んでくださった方が、お金の支配から卒業し、自由に生きるヒントとなれば幸いです。


【著者プロフィール】994984_748707041823899_1725450472_n-003.jpg
プロギャンブラーのぶき
1971年東京生まれ。旅を愛するプロギャンブラー。25歳のとき、「勝負で勝ちながら、世界を旅する」と決意し、軍資金として1000万円を貯める。以後、ギャンブルをしながら15年間で82カ国を制覇。著書に『勝率9割の選択』、『ギャンブルだけで世界6周』がある。

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.